スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の楽園、秋の苗場山へ

0 DSC_0325a

2016年10月14日、ここ数年来念願だった、苗場山に登ってきた。
夏休みがほとんどとれず、10月になって仕事が一段落して、13日(木)と14日(金)の2日間、待望の休暇をもらい、4連休に。
苗場山にはいくつか登山ルートがあり、新潟県側からは、和田小屋から登る最もポピュラーなルート、赤湯温泉を経由するタフなルート、それにこの時期限定の田代ロープウェイから登るルートがある。

和田小屋ルートはあまりに一般的なため、当初から赤湯ルートを狙っていた。
このルートは、国道17号の元橋で、平標山の登山口のちょうど反対側にある登山口から入り、手前の林道歩きも含めると9時間以上かけて苗場山にたどり着く。時間は長くアップダウンはあるものの、それほど急傾斜があるでもなく、普通に頑張れば大丈夫だろうと思っていた。
が、いろいろな方の山ブログを見ていると、地図で見る以上になかなか手強く、体力を要し、道迷いまではなくとも登山道の状態はやや荒れているようなので、油断してはいけないルートのようだ。それに、下山した後の交通手段も不便を強いられるし。
道中が長いため、赤湯の山小屋「山口館」で一泊し、贅沢するなら、山頂はテント禁止のため山頂ヒュッテでもう一泊、ということになる。しかし、13日がまさかの天候不安定で、停滞を強いられてしまった。
15日(土)の午後には帰京しなくてはならないので、やむなく和田小屋ルートにするしかなかった。
残念、赤湯は知る人ぞ知る秘湯中の秘湯であるし、人生で一度は訪れたかったのであるが。

13日の午後に出発、国道17号から川を渡って林道に入り、みつまたスキー場を過ぎ、舗装路とは思えない凸凹道を揺られながら、夕方には和田小屋に到着。
少し古いガイド本には、小屋周辺のスキー場でテント可と書いてあるのだが、小屋のおじさんに聞くとあまりいい返事ではない。小屋前は、かぐらスキー場の広大なゲレンデで、巨大テン場みたいなもんなんだが、まあ仕方がない。5200円払って小屋で素泊まりすることにした。
紅葉シーズンだが、ウィークデーということもあって、お客さんは少な目で、20人もいなかった。8人は泊まれる大きい部屋1つを割り当てていただき、びっくり。これほど贅沢な小屋泊は人生初である。図らずも、涸沢ヒュッテでの畳3人の地獄の一夜を思い出した。
自炊で食事した後は、お客さんと山話に熱中し、午後9時には消灯。テントの中で読もうと思っていたマルクス・アウレリウス「自省録」を紐解くが、ほんの数ページで眠りに落ちる。

朝、5時に起床、小屋前で自炊する。それほど寒くないが、霜が降りていたから氷点下だったのだろう。大しておいしくもないパスタと紅茶で腹ごしらえをし、7時に出発。どうせピストンなので、のんびりとしたもんである。

1 DSC_0296a

準備運動をしてスタート。
本当に上天気である。ルートは変わったけれど、1日スライドして、本当によかった。
ゲレンデを少し上がると、登山道に入っていく。
樹林帯は、ずっと降っていた雨のせいか、登山道は泥濘で、日当たりがわるく滑りやすい。樋のように切られた登山道は、雨が降ると川のようになるらしい。ところどころ木道が整備されているが、下山はかなり滑るだろうな。
大した傾斜でもない登山道をひたすら登っていく。スタート地点が5合目で、5合目半、6合目と目安の標識が付けられている。
展望が開けてくると、スキー場として樹木が伐採された山容が見え、ちょっと悲しくなる。

2 DSC_0298a

雲一つない青空、吹き抜ける秋の風が心地よい。
じきに下の芝、中の芝、上の芝を通過していくが、順番に休憩所が作られていて、ベンチで休むこともできる。
このルート、ハイキングコースでもあるんだね。
途中、振り返ると、カッサ湖の鮮やかなブルーが美しい。けっこう登ってきたんだな。

4 DSC_0300a

股ずり岩という何でもない岩場とも言えないところを過ぎると、神楽が峰に到着。ここで小松原からのルートと合流する。小松原ルートは秋山郷の結東集落から入り、金城山を経由する静かな道のよう。時間があれば、赤湯コースもそうだし、秋山郷側からのルートも登りたいんだどなあ。秋山郷ルートは、小赤沢から入れば、5時間くらいで苗場山に登れる。

3 DSC_0299a

登山道はここからいったん150mほど下り、コルから山頂まで200mの急坂を登り返す。

5 DSC_0305a

神楽が峰を少し過ぎると、やっと苗場山の全貌が目に入ってきた。
この角度だとわかりづらいかもだが、苗場山は、頂上がフラットな、台形をした不思議な山である。火山でもないのに、何故このような奇妙キテレツな山容になったのだろうか。
そして、その頂上には無数の池塘が点在する、まさに天上の楽園。
ただ、その前に頂上直下の急坂を登らなければならない。

6 DSC_0308a

水場「雷清水」を過ぎ、「お花畑」を過ぎると、いよいよ最後の登り。途中、振り返ると、けっこうな急斜面。もっとも、ただの登山道で岩場はないから、ちっとも危険ではないのだが。

7 DSC_0337a

次第にヘロヘロになってきたところで、傾斜は急にゆるやかになり、突然、頂上に飛び出す。
そう、天空の楽園に到着した瞬間だ。和田小屋を出発して3時間、コースタイムよりやや早い感じか。

8 DSC_0314a

美しい、やはり美しい。写真で見るのとではまったく違う。
秋を迎え、池塘の神秘的な青と草紅葉が絶妙な対比をなし、最高の天気と相まって、この世の風景とは思えない自然の造形を前に、夢中でスマホのシャッターを押しまくる。

9 DSC_0320a

10 DSC_0317a

11 DSC_0333a

山頂は広い頂上台地の真ん中へんにあるが、およそ頂上らしくない頂上だ。
その先には苗場山ヒュッテ(自然体験交流センター)があり、宿泊もできる。かつては遊仙閣という小屋もあったのだが、主人が亡くなられ、今は小屋も綺麗に撤去されてしまった。私の持っている古いガイドブックには、遊仙閣の前で登山者の人たちが憩う写真が載っていたので、なんだか悲しいものがある。

12 DSC_0329a

小屋の前のテーブルで自炊すると、木道をゆうゆう散歩。天空の台地は本当に広く数キロ先まで池塘が広がっている。
これが山頂だなんてね。こんな山は日本ではここだけだろうし、世界的にもあまり例がないのではなかろうか。

13 DSC_0328a

出会った登山者の人たちとつかの間のおしゃべりを楽しんだあと、来た道を戻る。
下山がこれほど名残惜しかったのは、いつ以来だろう。
何度も何度も振り返り、瞼に焼き付けたら、今度は赤湯から登ることを誓い、急坂を降り始めたのであった。
スポンサーサイト
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。