FC2ブログ

ようこそ「令和」

本日、新元号が「令和」に決まりました。
まだ一発で変換してくれませんが。。。

「令」は命令の令だし、律令の令だし、何となくお上を連想させる面がなくもありません。
ただ、クールでスマートな語感もあります。

IT技術によるスマート化が進む、今の時代と意外に親和性があるかもしれません。

漢籍ではなく、万葉集からとった、というのがいいですね。
安倍首相、ほとんどペーパーを見ないで会見されてました。一生懸命に万葉の歌を覚えて会見に臨まれたのでしょう。これぞ一国一城の主、とても好感が持てました。

reiwa_abe.jpg

reiwa_manyou.jpg


テレビのインタビューで皆様が異口同音に語っておられるように、景気後退や災害など試練が多かった平成の時代を超克し、新しい時代の幕開けになってくれることを祈るばかりです。

さて、今回これほど年号で盛り上がりを見せたのは、SNSなどの普及も背景にあると思いますが、年号が国家としての節目であるのはもちろんのこと、皆さんそれぞれにおいて、個々の人生の「節目」として年号をとらえている、ということがあると思います。
でなければ、これほど年号に関心が集まることはないでしょうし。

竹に節があるように、時の流れにも「節」がある。日本人の場合、元号はそこに見事にはまっています。はるか紀元前からの悠久の歴史を持つエジプトや中国と異なり、時間の流れや蓄積がイメージ可能な範囲であることも大きいと思います。

さて、短かった大正は除き、明治が45年、昭和が63年、平成が31年と、明治維新以後は長寿の?元号が目立ちます。特に、昭和の63年は、元号の歴史の中で、突出して長い元号のようです。
ためしに、20年以上続いた元号を調べてみたのですが、

729~749 天平 21年
782~806 延暦 25年
901~923 延喜 23年
1346~1370 正平 25年
1532~1555 天文 24年
1573~1592 天正 20年
1596~1615 慶長 20年
1624~1644 寛永 21年
1716~1736 享保 21年

などとなっています。
明治、昭和、平成がいかに長い時代であったか、よくわかります。

短いものでは2年や3年で終わってしまった元号も多数見られます。
特筆すべきは平安時代で、平安時代だけで実に90近い年号の数です。
これには驚きました。
それだけ、天皇陛下が頻繁に代わられていたのですね。

元号が長く続くということは、それなりに世の中が安定していたということにもなります。
もし年号が数年で変わっていたら、人々の年号に対する思い入れも今ほどではなかったでしょうし、そもそもシステム障害やらで社会が混乱していたことでしょう。

5月1日から始まる令和の時代、果たしてどんな時代になるのでしょうか。
核、地球温暖化、AI、格差の拡大、多様性、いろいろありますが、平成以上に混沌とした時代になるのは間違いなさそうです。

グローバル化が加速度的に進む中で、日本という国はどうあるべきなのか、原点に立ち返って考え直す機会にしなければなりません。
スポンサーサイト



プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

ブログ検索
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード