スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋山郷の秘湯をめぐる

秋山郷には、逆巻温泉、小赤沢温泉、屋敷温泉、切明温泉など、いくつもの温泉があって、しかもそれぞれ泉質が違うという、温泉好きにはたまらない秘湯づくしです。

まずは小赤沢温泉へ。結東集落を過ぎて国道をひたすら走ると、やがて大赤沢集落。その少し先に、目指す小赤沢温泉はあります。国道から頼りない道を少し登ること数分、温泉の建物が見えてきました。

P1010027_convert_20090814211854.jpg

楽養館という名前です。中には食事をするスペースもあり、2階には休息スペースがあって、美しい写真が壁いっぱいに飾られています。

P1010026_convert_20090814211808.jpg

浴室棟です。訪れたときは、ちょうど外装の工事をしていました。残念ながら内湯のみで、露天風呂はありません。

koakazawa_convert_20090814212556.jpg

湯は真っ赤です。泥みたいです。これぞ温泉中の温泉という感じで、白いタオルがみるみる赤く染まっていきます。それほど熱くなく、本当に体の芯から温まります。
ここ小赤沢は苗場山への登山口となっていて、下山後にこの温泉に浸かれたら、疲れなんか吹き飛んでしまうのでは。足を怪我している私は苗場山に登ることができず、とても残念です。

次は、屋敷温泉です。3年前は、谷川岳に登った帰りに秋山郷に足を伸ばしたため(かなり無謀)、次第に日が翳ってきて、ここ屋敷温泉の「秀清館」にお世話になることにしました。秋山郷では珍しいという、濃厚な硫黄泉で、思わず群馬の万座温泉を思い出しました。

akiyamagoh05.jpg

宿の前に何とも豪快な露天風呂がしつらえてあります。視線をさえぎるものは、何もありません。文字通り、丸見えです。でも、そこは秋山郷流ということで、ざぶんと飛び込んできました。というか、私以外にはご夫婦の釣り客しかいなかったので。野趣あふれる素晴らしい湯でした。
簾のかかっている小屋みたいなところが脱衣所です。もちろん混浴でございます。ちなみに、今回訪れたときは、さすがに単管で覆いがつくられていましたが、以前のほうが絶対よかったです!

akiyamagoh06.jpg

宿の部屋からの眺めです。何もない、本当に素朴な小集落です。

akiyamagoh07.jpg

珍しく宿の食事を写真に撮りました。岩魚づくしの素朴な料理が美味しい。あと、馬刺しも。

akiyamagoh08.jpg

秀清館のワンコに別れを告げ、今度はさらに奥の和山温泉に向かいます。和山温泉の集落からさらに下に、何とも心細い道を下りていくと、和山温泉の源泉を守る一軒宿、「仁成館」の建物の屋根が見えてきます。

P1010045_convert_20090814212229.jpg

P1010041_convert_20090814212316.jpg

3年前は、人なつこい3匹の犬(アサ、バン、チュウ)がそろって、暖かく迎えてくれたのですが、今回は「チュウ」君が一人(一匹)でお出迎え。ちょっと残念でしたが、本当に人懐こく、イヌのほうでも人間を仲のいい友達という感じで見ているようです。宿のおばさん曰く、「この子たち、なんか勘違いしてるのよね~」。でも、人間とイヌがごく普通に対等に暮らせる環境って、うらやましい。

P1010033_convert_20090814211936.jpg

混浴の露天風呂からは、目の前に鳥甲山の勇姿を拝むことができます。
まさに絶景です!
目の前の鳥甲山は、2000mあるけっこうな山なのですが、アプローチが遠く、頂上も展望がないせいもあってか、あまり人気のある山ではありません。和山温泉から登山道がつけられていますが、登山が趣味の私も、鳥甲山はこうして露天風呂に浸かって見ているだけでいいです。

P1010036_convert_20090814212024.jpg

露天風呂は内側と外側が仕切ってあり、内側が源泉そのままで熱く、外側は少しぬるめで、外側のほうが景色もよく見えます。3年前は妙齢の女性2人組と一緒で、少々ドキドキしましたが、というか落ち着かなかったのですが今回は気兼ねなく、この大自然をひとりじめできました。
ランプがぶら下がっていて、風情がありますね。

実は、仁成館は平成18年の豪雪の際に建物が傷んでしまい、現在、旅館としては廃業しているそうで、秘湯ファンのために温泉を維持しているのだとか。いつか、本格的に営業を再開してほしいですね。

さらにその先の、切明温泉は、スコップで河原を掘って即席露天風呂を作れるので有名です。
ですが、今回は天気も芳しくなくなってきたので、即席露天風呂はやめにし、帰途に着きました。
秋山郷を抜けて津南の大割野まで出ると、小雨は滝のような豪雨に変わりました。早く帰ってきてよかった。雨が上がると、越後の空に、鮮やかな虹がかかっていました。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

三方五湖の秘湯、虹岳島 (こがしま)

福井県の三方五湖に行ってきました。
関東の人間にはあまりなじみがないかもしれませんが、東尋坊なら誰でも知っているでしょう。
東尋坊から少し南に下ったところにあり、とても風光明媚なところです。

P1010097convert_20090809111707.jpg

三方五湖は、久々子(くぐし)湖、水月湖、日向湖、菅湖、美方湖の5つの湖からなっています。海水とつながっている汽水湖もあれば、完全な淡水湖もあり、生息する魚も違います。レインボーラインという道路が通っていて、展望台からはこのような絶景を拝むことができます。関東ではお目にかかれない光景で、思わずウットリします。
こんなに美しいところでも国立公園ではない(若狭湾国定公園)のがちょっと不思議です。

さて、絶景を堪能した後は、レインボーラインを通って湖のほとりへと下りていきます。のどかな里山の風景が連なる田園地帯を通ると、次第に道は細くなり、やがて湖のほとりへ。

P1010079convert_20090809111523.jpg

虹岳島温泉は、ここから少しだけ奥まったところにあります。こがしま、と読むのですが、いかにも秘湯のイメージですね。

P1010076convert_20090809111447.jpg

P1010089convert_20090809111634.jpg

古い民家を移築したお宿です。

P1010071convert_20090809111409.jpg

おっと、「日本秘湯を守る会」だったのですね。知らなかった! 日本秘湯を守る会は、会員のお宿に泊まるとスタンプを押してくれて、10個たまったら1回ご招待(だったっけ?)。残念、今回はスタンプを持参していませんでした。

P1010057convert_20090809111252.jpg

ロビーに通された瞬間、うおっと声を出してしまいました。湖畔に面して、窓ガラス一面に静かな湖が広がっています。湖に突き出すように建っているので、視界をさえぎるものは何もなく、対岸にも建物はほとんどなく、本当に落ち着けますね。
プレジャーボートのカップルが湖上を走行していました。

P1010087convert_20090809111557.jpg

温泉に浸かり、部屋での食事を終えると、夕闇が迫ってきました。
本当に静かです。
包み込まれるような感じで、ずっとこのままいたいなという気分になりました。

P1010064convert_20090809111333.jpg

宿の壁に、巨大なカブトムシを発見!
手が届かず、残念でした。童心に返って、持って帰りたかった。

P1010100convert_20090809111747.jpg

虹岳島荘は、何軒かの民家を移築しており、遠くから見ると、湖畔に並んでいるように見えます。レインボーラインの展望台から、偶然、虹岳島荘を発見できたのですが、しょぼいデジカメのズームではこれが精一杯です。宿から湖の反対側に歩く遊歩道もあるようですが、めちゃくちゃ暑かったので断念し、代わりに宿のホームページから写真を1点、お借りしました。

zenkei4_convert_20090809124030.jpg

5軒の民家を移築して、屋内廊下でつないだつくりになっています。
温泉はラドン温泉(鉱泉)で、湯温が低いため加温しているようです。
このあたりで温泉が出るのはここだけで、本式の温泉としては、東尋坊に近い芦原温泉まで出なくてはなりません。でも、この絶景と美味しい海の幸があれば、そんな贅沢は無用です。

P1010107convert_20090809111822.jpg

P1010106convert_20090809131227.jpg


三方五湖には、このように、湖畔に「舟屋」を見ることができます。雰囲気がありますね。実際にボートなどの格納庫として使用されています。

→ 次は『若狭鯖街道 熊川宿』です

テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

加賀の名湯

はじめにお断りしておきますが、決して宿泊したわけではありません。偶然前を通っただけです。
ですが。。。
目が釘付けになるとは、こういうことを言うのでしょう。

P1010167_convert_20090809155207.jpg

山代温泉の「白銀屋」です。
ウェブサイトによると、寛永元年(1624年)創業といいますから、約380年の歴史があるわけですね。
本館は築180年を超えるそうで、国の有形文化財に指定されています。宿泊可能な旅館建築では日本最古! だそうです。驚きました。

P1010168_convert_20090809155352.jpg

泊まったわけではないので中に入っていないのですが、雪深い北陸の町屋特有の、天然木の梁を幾重にも積層した天井に、色褪せてもなお繊細な美しさを保つ紅殻格子、 樹齢200年を超える大樹が構える伝統的な日本庭園の奥には、有形文化財の茶室が静かに佇んでいて、かつて北大路魯山人が逗留した際に彫った看板、部屋が当時のまま残っているのだそうです。

P1010169_convert_20090809155540.jpg

正面玄関の前に立ちます。何だか敷居が高そうだなあ。イチゲンの通行人が「ちょっとだけ見せてくださーい」と、ひょいと入れるほど手軽な宿ではありません。でも、ウェブサイドでおそるおそる(笑)、宿泊料金を見たら、それほどでもなかったので、いつかリベンジできるかな、という気はしましたね。それと、現代風にリニューアルされたお部屋もあって、和と洋がミックスした「加賀モダン」の雰囲気がよさそうです。温泉も、山城温泉は1300年の歴史があるとかで、せめて立ち寄り入浴でもしてくればよかった。

P1010165_convert_20090809155700.jpg

宿泊したのは、山代温泉に向かう途中の、片山津温泉です。大きな湖に面していて、湯も熱くてとてもいい温泉でした。この時期は毎晩花火をやっていて、湖の真ん中からドカーンと打ち上げられる花火は迫力満点!
片山津温泉では、こんなものを見つけました。かつて、芸妓さんたちが旅館に繰り出す拠点となった検番で、紅殻格子がとても綺麗です。今は喫茶店になっています。

P1010162_convert_20090809155742.jpg

片山津温泉の中央部にある「配湯所」。守護神の薬師如来をまつっていて、「寝殿造り」(なのかなあ?)がユニーク。

P1010174_convert_20090809163934.jpg

おまけです。
福井といえばここ、東尋坊ですね。行ってきました。絶壁の淵まで行ってみると、確かに切れ込んでいて怖いんだけど、谷川岳の一の倉ノゾキから下を見下ろすときの恐怖の瞬間に比べれば、それほどでもないかなという感じです。
それより、東尋坊、完全に観光地と化していて、みんなキャーキャー騒ぎっぱなし。
これじゃギャラリー多すぎで、死ねないじゃん!

P1010144convert_20090809131940.jpg

もうひとつおまけです。
北陸自動車道の某サービスエリアにはいったときのこと。どこからかオバマ大統領の演説が流れています。声のするほうにいってみると、ありました、「オバマあんロール」に「オバマまんじゅう」。
いやぁ、商魂たくましいなぁ。というより、肖像権とかひっかからないのかなぁと思ってしまいました。福井県小浜市って、オバマ大統領を勝手に応援する運動してるんですよね。
小浜というと、北朝鮮の拉致被害の記憶も残っているし、お隣の舞鶴や敦賀のほうが名が通っているかもしれないけど、もともと、かつては京都と直結した海の玄関口、国際都市だったわけだし、寺院が多く「海の奈良」とまで呼ばれたところだったのだから、オバマ大統領のパワーを借りて、かつての勢いを取り戻してほしいですね。

テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

銀山温泉に行ってきました!

ginzan006.jpg

1月17~18日、山形県の銀山温泉に行ってきました。
16日(金)の晩、いったん帰宅した後、新宿駅新南口からJR高速バスの山形行に乗車します。すぐに消灯、ですがほとんど眠れません。ウトウトしたと思ったら山形駅前に到着です。まだ5:00。駅前のネットカフェにもぐりこみ、2時間ほど眠った後、予約していたレンタカーを借りて出発です。
クルマは四輪駆動でスタッドレスのマツダデミオ。昔みたいにチェーンをつけなくてよくなったのは本当に助かります。雪道はあまり経験がないのですが、まあ何とかなるでしょう。

ginzan015.jpg

それにしても、山形駅周辺には雪はほとんどありません。あれっていう感じです。が、郊外に向かうにつれて次第に積雪が増え始め、道の両側は除雪された雪が壁のようになっています。四輪駆動+スタッドレスの威力はすごいものでしたが、それでも滑ってヒヤッとしたことが何度かありました。地元の慣れた方でも朝夕は本当に気を使うでしょう。

銀山温泉に向かう前に、ちょっとした用があって、まず月山方面に向かうことにしました。寒河江から国道112号を西に進み、月山I.C.で月山道路に入ります。

ginzan016.jpg

路面はかなり圧雪状態で、朝夕は完全にアイスバーンです。雪も舞っていて、次第にホワイトアウトっぽい状態になってきました。ハンドルを握る手に汗がにじみます。

ginzan017.jpg

とりあえず寒河江まで無事に帰ってくることが出来、ほっと一息。

さて、尾花沢市街から銀山温泉に向かう細い道に入ると、次第にアップダウンが始まり、やがて到着です。手前のバス停近くの駐車場にクルマを止め、温泉街への坂道を下りていきます。
銀山温泉には2時頃に着いてしまい、早速、旅館にチェックした後、温泉もそこそこに撮影開始です。宿の若旦那と話をしていて、銀山温泉では毎年、フォトコンテストがあるから応募してみてはどうかという話を聞かされ、根が単純なわたしは、俄然やる気が出てきました。それにしても今日は一日、雪が舞っていて、手をさすりながら撮影を続けます。
夏に一度来ていますが、この時期はやはり風情がぜんぜん違います。一面の銀世界、まさに銀山温泉。夏とはまるで別世界です。

ginzan001.jpg

ginzan002.jpg

ginzan003.jpg

ginzan004.jpg

そして、温泉に浸かった後、夜景の撮影です。ランプに明かりが灯った時分がベストという宿の若旦那のアドバイスに従い、夕食までの一時間、カメラに向かいます。私みたいに三脚を持った人が何人かいて、いいポジションを探していました。ちなみに私の機材は、本体CANON EOS30D、レンズはTS-E24mmです。絞り優先で18~20程度、露光時間は20秒程度でした。寒いのとお腹がすいたのと温泉に入りたいのとで、いい加減モード全開でしたが、多少まともに写ってくれたみたいです。
レトロなランプの配置が絶妙で、ランプを中心にすると構図が決めやすいようになってます。ランプには積もった雪が凍りつき、自然の芸術をつくり出しています。
隈研吾先生の設計による「藤屋」さんは、2年くらいたって、街並みになじんでいる感じで、何といっても夜景の美しさは格別です。それと、見る者をひきつける圧倒的な迫力の能登屋旅館。この新旧対決の醍醐味はたまりませんね。

ginzan006.jpg

ginzan007.jpg

ginzan005.jpg

↑藤屋旅館です

ginzan008.jpg

↑能登屋旅館です

そして、夜明けです。軒先には積もった雪が凍てつき、何本ものツララが垂れ下がっています。やがて、温泉街のバックの山の木々に朝の日差しが映え始めます。
6:00頃に起きて一風呂浴びた後、冷え込みが厳しい中で三脚を無理に操作していたら、なんと、三脚の足がボキッと折れてしまいました。いくら携帯用のヤワな三脚とはいえ、これくらいの寒さでボキッと折れてしまうとは。。。おかげで、早朝の写真は三脚なしの撮影で、あまりピンが合っていません。フォトコンテスト向けに、暁の銀山温泉の風景をじっくり撮ってみたかったんですけどねー。まあそれはそれ、また今度、来るための口実が出来ました。

ginzan009.jpg

ginzan011.jpg

ginzan010.jpg

朝食の後、公衆浴場に浸かり、温泉街を散策しました。
銀山温泉の源泉は61℃くらいですが、源泉が旅館のすぐそばということもあって、とにかく湯船の温度が高く、本当の温泉という感じです。この季節は本当に温まりますね。

ginzan012.jpg

ginzan013.jpg

ginzan014.jpg

今回の旅で泊まった旅館は、昭和館さんです。ちょうど温泉街の真ん中で、「藤屋」の前です。このお宿の売りは、6階にある天空風呂ですね。厳密には露天ではないのですが、大きい丸い木製の浴槽から温泉街を見渡すことが出来て、この眺めは最高です。それから、「べにばなご飯」。うっかり写真を撮らなかったのですが、紅花を入れた炊込みごはんで、黄色く炊き上がっています。特に紅花の風味がするというわけでもないのですが、紅花には浄血作用があり、特に女性にお勧めの健康食とのことでした。(宿のホームページには出てきませんが)。それから、館内には女将の手作りの小物でたくさん飾ってあって、楽しく過ごすことができました。

最後の写真の左側に写っているのは、これも隈研吾先生が設計した小さい公衆浴場です。前に来たときは新しかったのですが、木の外装は変色が見られ、傷んでいるようにも見受けられました。「藤屋」さんにしてもそうなのかもしれないけど、エイジングといえば聞こえがよいのですが、こういう風雪の厳しいところで、現代建築の美しさを維持するというのは難しいものです。

銀山温泉に行ってきます

ginzanonsen.jpg

今度の週末、ふと思い立って、山形の銀山温泉に行ってきます。
川の両側に古い木造3階、4階の温泉旅館が軒を連ねる景観は、もう日本を代表する風物詩と言えるでしょう。わたしは数年前、夏に一度行ったことがあるのですが、次は雪深い時期に行ってみたいと思っておりました。
こんな時期に直前になって部屋が空いているわけないと思いましたが、試しにTELしてみたところ、なんと空きがあるとのお返事。お値段も貧乏サラリーマンにとってリーズナブルなお手ごろ価格だったので、二つ返事で決めてしまいました。
予約した宿の方に聞いたところ、積雪は50cmくらいで、思っていたほどの雪ではないみたいですが、今日は冷え込みが厳しく、一日中雪が降り続いてたそうです。クルマの運転には気をつけなければなりません。それと防寒対策も。
銀山温泉の泉質は本当にサイコーでした。
真冬の寒さを吹き飛ばすくらい、身体をボカボカに暖めてくれるでしょう。
また、雪にけぶる銀山温泉の写真をたくさん撮ってきたいと思います。
それから、高くてとても泊まれない「藤屋」さんですが、隈研吾先生設計の建物の写真はしっかり撮って来たいです。もし外国人の美人女将に会えればラッキーかも。。。

明日の夜、新宿から山形行き高速バスで出発です。
というわけで、行ってまいりまーす。
(写真は尾花沢市役所HPから)


カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。