スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三柱鳥居の話 その1-向島の三囲神社

向島の三囲神社
向島は、水戸街道(現在の国道6号線)と隅田川にはさまれたエリアです。今でこそ下町の中に埋没していますが、江戸時代には隅田川の向こう側に、田んぼの中に島のように見えたことが、向島という名の由来だそうです。料亭の街としてその名をとどろかせ、戦前からの古い住宅地の中に戦後に新築された豪華な高級料亭が点在し、偉い人を乗せた黒塗りのクルマが狭い道の奥に消えていく、ちょっとアンバランスな光景。隅田川の土手に沿って美しい桜並木が続き、川面に浮かぶ屋形船と相まって、江戸のちょっとした名所となっています。

mimeguri01.jpg

mimeguri02.jpg

さて、この向島に、「三囲神社」という、ちょっと聞きなれない名前の神社があります。隅田川七福神のひとつで、恵比寿神と大黒神を祭っており、浅草七福神とともに今も地元の人々の信仰が篤く、正月ともなれば、江戸の善男善女たちがパチパチと手を合わせて拝んでいきます。
創建は不祥ですが、文和年間(1353~1355)に、近江の三井寺の僧源慶により再建されました。ちなみに「三囲」(三圍)と書いて「みめぐり」と読むのには謂われがあって、社伝によれば、源慶によって再建された時、土中から神像が出土し、その神像のまわりを白狐が三回まわったところから名付けられたそうです。七福神というという現世御利益の神様を祭る社にしては、何か異質なものを感じるお社です。

不思議な三柱鳥居
この三囲神社には、不思議な「三柱鳥居」があります。

mimeguri03.jpg

境内を歩きながら、本殿の裏側にまわると、隠れるように佇んでいる姿を目にします。気づいた人は「え、これって何?」とじっと目を凝らしています。それもそのはずですね。鳥居はもともと聖と俗を仕切る門の役割を持ち、「2本の木の幹に注連縄を架ける」のが原初の形だったわけですから、そもそも三柱鳥居は本来の鳥居の機能を果たしようがありません。
鳥居というより、鳥居の形を借りたオブジェに見えますね。昔は木造だったのですが、18世紀に現在の石造(おそらく花崗岩?)に造り変えられたと聞きます。
木造ならともかく、三柱鳥居を石で作るのはおそろしく骨が折れることで、接合部のディテールはかなり複雑になり、木造と同じ貫構造でつくるとしたら大変な作業です。何か特別な意味や価値がなければ、わざわざ作るものではないのは明らかです。
では、誰がどのような思いや考えを込めたのでしょうか。。。
鳥居の前には、わざわざ柵が設けられ「この中に入らないでください」と注意書きが書かれています。そして、三柱鳥居の手前には、同じく三柱の東阿(手水舎)が立っています。何だか不思議な光景ですね。

mimeguri04.jpg

三囲神社と三井家
鳥居の脇には「三井邸より移す」というプレートが付けられており、この三柱鳥居が旧財閥の三井家から寄贈されたものであることが示されています。
mimeguri05.jpg


さらに、境内の奥(隅田川側の裏口近く)には、木壁に過剰な彫刻を施した「顕名霊社」という、これまた妙な名前のお宮さんがあって、鉄柵で囲われています。この顕名霊社は、三井家の開祖とされる三井高安を祭っているとされています。
mimeguri06.jpg

mimeguri07.jpg


なるほど。ここまで来ると、さすがに、この三囲神社が普通の神社とはちょっと違うことに気づきますね。
由緒書を見てみましょう。
三囲神社の恵比寿様と大黒様は、もとは越後屋呉服店に祭られていたものを移したもので、越後屋とは、かの三井家(三越)の前身です。
「三井総元方 三井銀行 三井物産株式會社 三井鉱山株式會社 株式會社三越 右総元方始め各株式會社交替に正五九の小祭を受け持ち昔の例の儘に祭祀を執り行ふ」
「…特に京都の巨商三井家江戸に進出するや三圍大神の信仰篤く當家の守護神と仰ぎ、享保元年三井高治三井高久三井高房相議りて神祇の司職吉田家に神位を乞請け捧げ奉り…」

そう、この三囲神社は三井家の氏神なのです。境内には三越の屋号も見られ、正月には三越の名を記した幟が立ちます。
mimeguri08.jpg

mimeguri09.jpg

三柱鳥居は、江戸に進出した越後屋(現在の三井家)にあったものを寄贈したもののようです。

三囲神社の「囲」は常用漢字で、かつては「三圍」と書いていました。この「韋」という字はもともと「動物の皮」という意味を持っていたそうです。白狐が三たび回ったという謂れから何となく納得できそうですが、「三囲」の「囲」から口(くにがまえ)をとると、三井神社になるわけで、偶然にしてはできすぎのような気もします。

さて、例のプレートにも「原形は京都太秦・木島神社にある」と書かれてあるとおり、三柱鳥居のご本家は、京都にあります。早速、見に行ってきました。

以下、「その2」に続く

スポンサーサイト

テーマ : 史跡巡り
ジャンル : 旅行

三柱鳥居の話その2 蚕ノ社へ

木嶋神社(蚕ノ社)へ
三柱鳥居を見に(というわけではありませんが)、久しぶりに京都まで行ってきました。話は向島から京都へと、大きく展開します。京都の四条大宮駅から京福電鉄嵐山線に乗ります。レトロでかわいい電車です。しばらくトコトコ走り、映画村で有名な太秦のひとつ手前の「蚕ノ社」駅で下りましょう。

kaiko01.jpg

kaiko02.jpg

kaiko03.jpg

下車すると、駅前がすぐ参道の入口になっていて、鳥居が出迎えてくれます。その鳥居を見上げると、「蚕養社」と書かれています。

kaiko04.jpg

鳥居をくぐり、今は住宅街となっている参道をまっすぐ歩くと、やがてこんもりした林が見えてきます。周囲が住宅密集地であるだけに、この林は島みたいに見えます。
ここが、木嶋神社(通称、蚕ノ社)です。

kaiko05.jpg

人々の信仰を集めていると聞いていましたが、実際、通りを行く人たちが深々と頭を下げていきます。愛犬の若いシバイヌを連れた初老のおじさんは、15分ほどずっと手を合わせ続けていました。主人が手を合わせている間、愛犬はそばでじっとしていて、主人が離していたリードを手にした瞬間、はしゃぎながら主人を引っ張っていきました。
鳥居をくぐり、右手に蚕養神社を見て、小ぶりな本殿を参拝した後、その左側に、目指す三柱鳥居はありました。

kaiko06.jpg

kaiko07.jpg

林に囲まれた池の奥に建つ三本鳥居。向島の三囲神社よりも、ミステリアスに見えます。
ここで、境内に書かれている木嶋神社の由緒書きを読んでみましょう(ちょっと長いですが)。まず京都市教育委員会が立てたプレートから。

由緒
木嶋座天照御魂(このしまにますあまてるみたま)神社(かいこのやしろ)
 この神社は、通称「木嶋神社」または「蚕ノ社」と呼ばれる延喜式内社で、天御中主命、大国魂神、穂々出見神、鵜茅不合命を祀っている。
『続日本紀』大宝元年(701年)4月3日の条に、神社名が書かれているから、それ以前に祭祀されたことがわかる古社である。
 この嵯峨野一帯は、古墳時代に朝鮮半島から渡来し、製陶、養蚕、機織などすぐれた技術を持っていた秦氏の勢力範囲で、当神社本殿の東側には織物の祖神を祀る蚕養(こかい)神社(東本殿)があり、「蚕ノ社」もそれにちなんだ名前である。
 この神社は、古くより祈雨の神として信仰が厚く、参詣の人も多かったことが、平安時代に書かれた「日本三代実録」や「梁塵秘抄」などの文献からうかがい知ることができる。
 社殿は明治以後のもので、本殿・東本殿・拝殿などがあり、社殿を取り囲むように巨樹が繁茂している。本殿の西側には、四季湧水する「元糾の池」という神池があり、天保2年(1831年)に再興された京都三鳥居のひとつとされる石製三柱鳥居が建つ。
 例祭は毎年10月10日に行われるが、夏の土曜丑の日には、この池に手足を浸すと諸病によいという庶民信仰がある。
 市内でも最古に属する当神社は、境内から清泉が湧きも巨樹が繁茂して、古来の姿をよくとどめており、京都発展に大きな役割を果たしてきた秦氏との関連を含め、大変貴重なものである。

なるほど。
それから、神社が立てた古い由緒書きを見てみましょう。
養蚕神社(蚕ノ社)本殿右側の社殿
雄略天皇の御代(1500年前)、秦酒公呉国(今の中国南部)より漢織、呉織を召し秦氏の諸族とともに数多くの絹・綾を織り出し、「ウヅマサ」の姓を賜る。この地を太秦と称し、推古天皇の御代に至りその報恩と繁栄を祈るため、養蚕・織物・染色の祖神を勧請したのがこの社である。
元糾の池
境内に「元糾の池」と称する神池がある。嵯峨天皇の御代に下鴨(下賀茂)に遷してより「元糾」と言う。
糾すは「正しくなす」「誤りをなおす」の意味で、この神池は身滌(身に罪や穢のあるときに心身を浄める)の行場である。
三柱鳥居
全国唯一の鳥居である。鳥居を三つ組み合わせた形体で、中央の組石は本殿ご祭神の神座であり、宇宙の中心を表し、四方より拝することが出来るよう建立されている。創立年月は不詳であるが、現在の鳥居は享保年間(約三百年前)に修復されたものである。
一説には景教(キリスト教の一派ネストル教、1300年前に日本に伝わる)の遺物ではないかと言われている。

kaiko08.jpg

これが元糾の池です。かつては滾々と水が湧きだしていたに違いないですが、今は枯れ気味のようです。地元の人たちは何とか池の水を回復しようと試みているようですが、うまくいかないとか。

以下、「その3」に続く

テーマ : 史跡巡り
ジャンル : 旅行

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。