スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊びの文化を映像にすると?







パラッツォ東京のCMです。
業種(パチンコ業)うんぬんは関係なく、文句なしに素晴らしい出来栄え。
格調が高いし、大人のCMという感じですね。
iichikoとか二階堂とか、焼酎のCMにも通じるものがありますね。
こんなCMが増えてくれたら、と願うのは私だけではないはず。
バカCMはいい加減にやめてくれ。



スポンサーサイト

いい国つくろう,何度でも?

9月2日の朝,金曜日だった。
駅のキオスクでは普段朝日新聞を買っているが,その日は毎日新聞を買った。
車内でめくっていて,真ん中のページをあけた瞬間,あれれれれと思った。
な,なんだろう,これは?
  
takarajimasha.jpg

自民党の石破さんのコメントじゃないけど,「あっとびっくり,マジっすか,みたいな」

ブログだとよくわかりませんが,実際に新聞を開くと,その迫力に圧倒される。
新聞の見開きって,けっこうな大きさがあるし,そのすべてを使ってマッカーサーが登場する。
いや,マッカーサー以上に,古ぼけた機体の双発機がやたらデカくみえる。
(実際にはデカく見えているだけなのだが)
この見開き写真を見る限り,このデカい機体は戦勝国のアメリカそのものであり,そこから占領国総司令官であるマッカーサーが下りてくるという構図は,日本にとって屈辱以外の何物でもないはず。

とにかくデカい。
文字はといえば,宝島社の社名と住所が右下に小さく出ているだけ。左下には,もっと小さく,
With the permittion of the General Douglas MacArther Foundation,Newfork,Virginia
と出ているだけ。
これがすべて。

折りしも,ノダ新政権が誕生しようというタイミングでの掲載。
誰しも,いろいろ考えてしまうに違いない。
なんでこんなことしたんだろう。
不思議だなあ。

いろいろ政治的な意味づけやら解釈やらをできなくはないとは思う。
失われた20年と超円高と超高齢化と超財政赤字,そこに大震災まで加わった今の超デフレに沈む日本を,第二の敗戦と解釈し,このような広告につながった,という見方もネットに出ていた。

なるほど,そうかもしれん。
でも,宝島社という出版社,わたしもいろいろ本を買ったことありますが,真面目か不真面目かと聞かれれば,どちらかといえば後者に分類される出版社(?)だし。。。
そんなにきちんと考えてやったことじゃないように思える。

その意外性で,見る者の心に何らかの強烈なインパクトを与えたい。
何を感じ,何を考えるかは人それぞれでOK。

ただ,それだったら,写真だけで十分なはず。
「いい国つくろう,何度でも」という変にもったいぶったコピーは一体何?

新聞という社会の公器を使って変な謎掛けすんじゃねえよ,とでも言いたくなるよね。

でも,写真だけじゃ広告にならないからってんで,後付けでこじつけたコピーかもしれない。

ところで,新聞の全面広告ってかなり高いはず。
でもって,毎日新聞の広告料金表をネットで見てみたが,どうも,全面広告に当たる料金は出ていないみたい。
ってことは,料金表には載っていない特別ページの特別料金ってことですか?
いくら不況とはいえ,見開き2ページなら,毎日新聞1社で軽く1000万円は超えているでしょう。

それだけのカネを支払って,宝島社は何をしたかったのか?

たぶん,年に一度くらい,社内でアイディアを募って,商品広告とは別に全面広告を打っているのだろう。
社長さんが,そういうことが好きな方なのかもしれない。

あるいは,老若男女に「宝島社って一体何よ?」と思わせる,計算されつくした高度なマーケティング戦略の一種なのかもしれない。

ま,こういう宝島社さんだから出せる本,ていうのもたくさんあるわけで。

最近では,別冊宝島「日本を脅かす! 原発の深い闇」を買って読んだ。

すべてフリーライターによる執筆で,フリーライターならではのうさんくささも感じるが,逆にフリーライターならではのツッコミもあって,貴重な情報もいろいろ書かれていた。日本の原発の闇を暴く上で,宝島社さんは貴重な存在だから,これからもじゃんじゃん作ってください,という落ちにもならない話なのであった。

それにしても,ノダさんは新聞見て,さぞびっくりしただろうなあ。

路地の奥には出会いがある?

zeitaku01.jpg

どこにでもある下町の路地。
他の人はどうだか知りませんが、わたしは『路地』という空間に無性に惹かれます。たとえば、向島とか人形町。表通りは普通のビル街ですが、一歩路地に入ると、粋な料亭が点在し、まるで別の空間が広がっています。狭いゆえに、何かが凝縮しているような。
なにか見えない力に誘われ、何かが、そこにあるような気がして、ついつい入り込んでしまう。
といっても、得てして何もないことのほうがほとんどなのですが、たまにはこんなこともあったりする(わけないか。。。!)

見知らぬ、路地をうろついていると、奥にモダンな和風デザインの料亭風の店が。路地にはちょっとミスマッチな佇まいです。

zeitaku02.jpg

「本日休業中」なのに、ドアが開いて、「いらっしゃいませ」

zeitaku03.jpg

「あの、今日はお休みでは?」
「あなたがお休みなんです」
落ち着いたインテリアのしつらえ。お客は自分だけ。まさに自分のためだけにしつらえられた空間。そこに待っていたのは、美女と美味しいビール。今風に言えば、究極の「隠れ家」ですね。

zeitaku04.jpg

「ビールは、ふつうと贅沢、どちらになさいますか」
「じゃあ、贅沢を」
「みんなそうおっしゃるんだから。。。オトコの人は欲張りね」

サッポロビール「オフの贅沢」のCMで、今年の10月からオンエアされています。
客の男性は大森南朋さん、若女将は麻生久美子さん。
サッポロビールのウェブサイトには、撮影エピソードなどが書かれています。

大森さんがお店を発見する路地のシーンは月島で撮影したそうです。銀座からわずかの距離のところに、今でも残る昭和の面影。月島はこのシチュエーションにはピッタリかも。
一日一名様限定、彼女と二人きりでお酒を飲める上質の空間と時間。もちろん、現実にはありえないけど、普通のサラリーマンの漠とした願望をとらえた作品だと思います。

【撮影エピソード】
麦のうまみ”から生まれるおいしさによって、糖質オフでも気兼ねなく、贅沢な時間を楽しめる…という、この商品が持つ新しい価値をお伝えするため、「贅沢か、ふつうか」という“新しい選択基準”がテーマとなりました。出演者には共に実力派として評価の高い大森南朋さんと麻生久美子さんを起用。お二人の自然な演技のおかげで“心身ともに癒される上質で幸せな空間と時間”が見事に表現されています。
お店の中はいわゆる「料亭」とは違う、上質で心地のよい空間となるようにこだわり、壁も温かみのある土壁でセットを組んでいます。麻生さんのかわいらしい笑顔や大森さんのはにかんだ表情、お二人のすばらしい掛け合いもあって心身ともに癒される“贅沢な時間”を描くことが出来ました。

このCM、個人的には、素晴らしい出来栄えだと思います。マイCM大賞あげてもいいくらい。
路地という忘れられがちな日本の原風景を、美味しいビールにつなげた着想に乾杯です。

テーマ : 本日のオススメ
ジャンル : ブログ

サクラ満開

都心ではあと少しで満開のサクラが見られそうですが、明日の4月1日、テレビではこんなCMがオンエアされるそうです。

suntoryhanauta01.jpg

満開のサクラの下に佇む、田辺誠一さんと大塚寧々さん。
本当のご夫婦だとは、知りませんでした。お似合いのカップルですね。
JRの社内広告を見て、実に美しい映像で、つい見とれてしまいました。

サントリーの「はなうた」(甲乙混和焼酎)の新TV-CM「四季の庭園」篇の1カットです。
広報によると、“日常の晩酌を華やかに彩るやさしい味わい”をコンセプトに、本日3月31日(火)から発売されるとか。
…今回は、夫婦で一緒に晩酌を楽しんでいただける商品の特長を訴求するため、イメージキャラクターとして、実際にご夫婦である、俳優の田辺誠一さんと大塚寧々さんを起用しました。また、挿入歌には、エレファントカシマシによるオリジナル曲「ハナウタ~遠い昔からの物語~」を採用しました…

ふうん、そうなんだ。

suntoryhanauta02.jpg

一本の大木に爛漫と咲き誇る色鮮やかな四季の花々と、その木の下で「はなうた」片手に寄り添う仲睦まじい夫婦を幻想的な映像で描くことにより、「はなうた」が、夫婦そろって楽しめる焼酎であることを印象的に訴求している…そうですよ。

suntoryhanauta03.jpg

以下、同社ウェブサイトよりの引用です。

■撮影エピソード
◇「この木一本で、映画が撮れそう」
今回の撮影で最も重要となったのが、スタジオ内に色鮮やかな大木のセットを設営する作業です。スタジオに入るなり、中央に立つ大木を見た大塚さんからは、「この木一本で、映画が撮れそう」という声が。映画の脚本、監督もこなす田辺さんも、大塚さんの一言にうなずいていました。実はこの大木、4日間もの日数を費やして制作された美術セットです。初めに、スタジオにトラックで運び込まれた黒土を敷き詰め、その上にウッドチップを撒き、10mの栗の木を5本据えて、大木の骨格を制作。さらに、この撮影のために用意された四季折々のさまざまな種類の造花3500本がみるみるうちに設置され、スタジオに花が咲いたのでした。

◇「春一番」にも負けてない豪華さの中、ちょっと贅沢なお花見気分!?
撮影当日、都内では春一番が吹きつける中、スタジオ内でも春一番に負けないくらいの風を吹かせ、約1500万枚もの花びらが実際に舞い降りました。様々な撮影に携わってきた田辺誠一さんからも、「こんな量の花びらが撮影に使われるのは、見たことがない。いつもより豪華なお花見が今にもできそうだ!」との一言。その声に、妻である大塚さんも、にこにこ微笑んでいました。色彩豊かな花びらが舞い続け、お二人もすっかり一足早い春を楽しんでいた様子。少し贅沢なお花見気分を楽しみながらの撮影となりました。

なるほど。
サントリー広報部のCMには、いつも素晴らしいアイディアがちりばめられています。
やはり伝統のなせる技なのでしょう。
明日、どこかの番組で新CMに出会えるといいのですが、毎晩残業で無理かな。


CMは時代を映す鏡…か?

CM総合研究所/CM DATABANKでは、毎月前期・後期の好感度CMのtop10を公表しています。
2009年3月前期銘柄別CM好感度top10を見てみたら、なんと、上位5位は携帯電話・通信・ゲーム機で占められていました。

softbankcm01.jpg

softbankcm02.jpg

携帯電話会社の強みは、なんといってもオンエア本数の多さでしょう。
1位のsoftbankは9本、3位のKDDI/auは18本、4位のNTT DOCOMOは11作品となっています。
他のジャンルと比べて、本数の多さは群を抜いています。
携帯電話会社同士で本数を競っているのでしょうか。
softbankのお父さん犬シリーズなど、一見意外性があるけど実はすごい単純なモチーフのほうが発展性があって、いろいろなバリエーションが可能になるのかもしれません。
次から次へと新作を供給して、飽きさせないようにするしかないのかもしれないけれど、それってけっこう、いや、かなり辛いのではないでしょうかね。
それに、いつまでも同じシリーズでは飽きられてしまうし、新シリーズにいつの時点でどう切り替えるか、タイミングが難しそう。

がんばってくださいませ。わたしは当分、携帯電話の買い替えはいたしませんが(笑)

ところで、気になるのが、クルマのCMがランキングにほとんど登場しないこと。
最近では、2009年2月後期のtop10で、ホンダのインサイトが10位ぎりぎりに滑り込んだだけ。
一体どういうことなんでしょう。
でもって、インサイトのCMってまだ見たことはないけれど、こんな感じです。

hondainsightcm02.jpg

hondainsightcm01.jpg

これがHondaのCMかよって気がしちゃうのは、わたしだけでしょうか。
HondaのCMサイトによれば、出演者はPEANUTS(スヌーピー、チャーリー・ブラウン、ウッドストック)、BGM曲は「世界の国からこんにちは」だそうで。
実車を見る限り、Hondaらしさというか、クルマ好きをひきつける魅力は凄いと思うんだけど、ハイブリッドゆえ、クルマそのものよりエコのアピールが先行している印象があります。

クルマなんて、もうどうでもよくなっちゃったのかもしれない。
たった20年間で、なんという価値観の大転換でしょうか。
あまりにも急激過ぎて、鈍感なわたしはとてもついていけない。

ところで、20年前のCM好感度top10って、どうだったのか、知りたいと思いませんか?
鮮明に覚えているのは、JALの「アイル」です。
覚えていますか?

バブルの真っ最中、華やかな時代の先端を行っている感のCMでした。
1991年、川村かおりがヨーロッパの街を歌いながら歩き抜けるシーンです。
ノリノリの音楽が、ジュリアナ(死語?)っぽい雰囲気。

jalill01.jpg

画質わるくてすみません。
YouTubeで見れますよ。

I'LL…私には輝かしい未来があると誰にでも思わせてしまう、素晴らしいネーミングでした。
こんな時代もあったんですなぁ。
当時のJAL本社が入居した天王洲の再開発複合施設には、「天王洲アイル」なる名前まで付けられたくらいです (島の意味のアイランドにもかけていたんだろうけど)。
その後、華やかさの中心は六本木や台場へと移り、今は天王洲ってどこだっけ?

今でも、JALのツアー商品の名前になっているけれど。。。

jalill02.jpg

アイル転じて、「I was ……」といったところでしょうか(爆)
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。