スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王国凋落の風景

cryingboy.jpg

約1か月に及ぶワールドカップが、ドイツの優勝という形で終わった。
終わってしまうと、寂しいものである。
次回は4年後! いったい自分は何歳になっているのか?

でもって、今回のワールドカップで最も印象に残ったのは、かの王国の凋落であった。
スペインの早々の敗退にも少なからず驚かされたが、王国ブラジルがこれほどまで凋落しているとは。。。
全世界が、そのように思い、驚いているに違いない。

そして、気になるのがブラジル国民である。
彼らは一体どれほど悲嘆に暮れているのだろう。
想像もつかない。
忘れるどころか、時が経つにつれてボディブローのようにじわじわと響いてくる類いの、とても苦々しい思い出としていつまでも残るに違いない。

ドイツに1-7という、サッカーの試合では考えられないスコアでボコボコにされた後、悲嘆にくれるブラジルサポーターの写真がネットに掲載された。
私が印象に残ったのは、眼鏡をかけた、まだ小学生くらいの幼い少年が泣き崩れる写真だった。

彼はどんな気持ちでスタジアムにやってきたのだろう。
プラチナチケットは、父親が奔走し、給料をはたいて手に入れたのだろうか。
ブラジルは広い。遠くの街から泊りがけで、スタジアムにやってきたのかもしれない。
父親は、息子に、偉大なセレソンの生の姿を目に焼きつけてほしいと思っていたかもしれない。
少年も、自国開催のワールドカップが見れるなんて、これが最初で最後かもしれないと、子供心に思っていたかもしれない。

それが、こんなことになるとはね。

escortkids.jpg

そして、三位決定戦の対オランダ戦。
試合開始前のセレモニーで、エスコートキッズたちは、気持ちを込めて、ブラジル国歌を懸命に歌っていた。
自国開催のワールドカップの、しかもセレソンの試合に出れるというのは、子供たちにとっても大きな栄誉であることを、この子供たちはよくわかっていたに違いない。

しかし、ふたを開けてみれば、復帰したばかりの主将チアゴ・シウバが開始3分でPKを与える始末。結局、1点も取れずに0-3で散った。

オスカルや一部の選手を除き、選手たちは本気で戦っていないように感じられた。
かつてのドゥンガのような闘将は不在だった。

セレソンの栄誉は、何物にも代えられないはずである。

純粋な子供たちの夢を裏切った、セレソンの罪は深い。

ブラジルの中で、何かが壊れた。

そんな気がして仕方がない。


スポンサーサイト

ドログバという「超個性」

imagedrogba.jpg

皆さんは、この写真を見て、何を感じるだろうか?
サッカー専門紙「EL GOLAZO」 6月18日号の写真である。
重戦車のように突進するドログバを、長友と森重が2人がかりで必死に止めにかかっている。
2人のチャージをものともしないドログバ。
テレビで見ていた以上に、身体が大きく、威圧感がある。
線の細い日本人DFにすれば、化け物に見えたに違いない。

まるで大人と子供の勝負である。
相撲で言えば、横綱と十両くらいの差がある。

この一枚、サッカーは格闘技である、という当たり前の定理を改めて思い起こさせる。
まさに衝撃的な写真である。

今まで監督経験がないというのがもっぱらの噂の、コードボワールの若き指揮官は、百戦錬磨の知将のように戦略家で、かつ老獪だった。
後半途中から、両SBを信じられない位置にまで上げて日本DFを幻惑に陥れ、たたみかけるようにFWドログバを投入し、日本のDFラインがドログバ1人に振り回されている隙を見逃さず、すかさず右サイドでドフリーになっていたMFオーリエから正確無比な高速アーリークロスをゴール前に放り込ませ、スペースに走りこんだ快足FWジェルビーニョがヘディングで仕留める。。。
知将の頭の中には、ドログバ投入からフィニッシュに至るフローが完璧に描かれていたに違いない。
残念ながら、そのとおりになった。
おそらく、何度も非公開で練習していた形に違いない。
自らを指導したザッケローニ監督の横で、知将はさぞ、ほくそえんだことだろう。
初めてのワールドカップの舞台で、自らの作戦を描いたとおりに実現できる指揮官など、そうはいないはずだ。
今後、彼のもとには世界中から監督就任のオファーが舞い込みそうな気がする。


残念ながら、わが日本は手も足も出なかった。
繰り返すが、サッカーは格闘技である、という原点をまざまざと見せつけてくれた。
今大会は、気候条件もあろうが、フィジカル勝負のゲームが多い。戦術うんぬんよか、攻守の切り替えが早く、より激しくハードワークできたチームが勝つということに尽きるのではないか。
少なくとも肉弾戦に持ち込まれたら、日本に勝ち目はない。
あのスペインが1-5という信じがたいスコアででオランダに負けたということで、もしかしたら、世界のサッカーの潮目も変わるかもしれない。パスサッカー至上主義から、瞬間的な攻守の入れ替えにより一気に相手ゴールに迫る、スーパーカウンター型のサッカーに傾いていくかも知りない。もしかしたら、観客は華麗なパス回しに酔っているバルセロナ型のサッカーに次第に飽きてきたのかもしれないのである。
そして、多くの国から理想とされてきたスペインサッカーは、今回の大敗を機に、変質を余儀なくされるだろう。シャビもイニエスタもいなくなる新代表チームが今までと同じ戦術を維持できるか、きわめて疑問である。

さて、それでは日本サッカーはどうなるのだろうか。
コートジボワールは日本の弱点を突き、ストロングポイントをことごとくつぶしてきた。
見事なまでにはまった、この戦法は、ほかの国も大いに参考にするだろう。
残念ながら、それを跳ね返すだけのポテンシャルは、日本にはないように思える。
戦術眼の高い憲剛、世界水準のフィジカルを持つ豊田、超快足の永井、あたりにがチームにいれば。。。

それにしても。
ドログバの、とてつもない存在感は、いったい何なのだろう。何に起因しているのだろう。
現地では、サッカーを超えた英雄だという。
協会と折衝し、あえて反政府勢力が支配している土地で代表戦を行い、試合後には反政府勢力のリーダーに休戦を約束させたという。ワールドカップ出場が決まった際は、選手全員をテレビカメラの前に集め、ひざまづき、内戦をやめるよう必死のスピーチを行った。いずれは大統領に推挙されるかもしれない。それくらいの人物なのだ。
彼を心の中で支えているものは、何なのだろう。
愛国心?などと言ってみても、しっくりこない。言葉が上すべりしてるというか、なんか軽い感じがする。
言葉では表現できない、もっと深くてドロドロしたものなのかもしれない。
よく言われる、「背負っているものが違う」ということなのだろうか。

試合後の様子を見ていたが、日本選手がドログバとユニホーム交換していたようには見えなかった。
いや、引き上げてくる日本選手の多くが、オレンジ色のユニホームを手にしていなかった。
向こうにしてみれば、日本チームはそれほど印象に残らなかったのだろう。

ショックが大きかったのはわかる。
でも、ここはワールドカップの舞台である。
ユニホーム交換くらい、しろよと言いたかった。
金欠のイランじゃないんだぜ。
コートジボワールでは、ワールドカップで対戦した相手国は、兄弟のように親近感を持つというのに。

ガンバ大阪がJ1から消える

Jリーグの西の雄、ガンバ大阪がまさかのJ2降格を喫した。
多少なりともサッカーに親しんでいる人にとっては、まさかのありえない事態である。
なぜ、こんなことになってしまったのか。
監督人事のゴタゴタだの、得失点差プラスで降格だの,前田の伝説だの、とりあえず置いといて、自分なりに要因を考えずにはいられなかった。

sc-tn-121202-2-ns300.jpg
(写真:サンケイスポーツよりお借りしました)

今年は、11月7日(水)に日立柏サッカー場で行われた柏レイソル対ガンバ大阪の試合を見に行った。
これがJ1でガンバを見る最後になる(少なくとも来シーズンまでは)とは毛頭思わなかった。
戦力に差の少ないJ1では、18チームのうち下半分に降格の可能性がある。
J2から昇格したばかりのチームがいきなり優勝したかと思えば、
タイトルをとったチームがいともあっけなくJ2に落ちたりする。
昇格・降格のスリリングさに限れば、世界屈指のリーグと言ってもいいかもしれない。
それでも、ガンバだけは最後の最後で踏みとどまるだろう、とは思っていた。

試合は、レイソルがお家芸である電光石火のカウンターで、若きFW工藤が2発、GK藤ヶ谷のガードを破った。
いずれも豪快なゴールだった。
しかし、負けはしたが、ガンバも素晴らしかった。
パス回しは明らかに、ガンバのほうが数段上に思えた。

レイソルに1点先制された後、センターサークル付近にいたMF武井から前線のFWレアンドロに推定40m近いスーパースルーパスが通った。
レアンドロは寄せてきたDF2枚の間をくぐり抜け、華麗にゴール。
パスを回しながら、一瞬の隙を突いた、針の穴を通すようなパス。
それをきっちり決める決定力。
「この形は何度か練習はしていた」とはいえ、それをゲームで成功させてしまうところに、ガンバのすごさを感じた。
レイソルサポーターも、このワンプレーには度肝を抜かれたはずだ。

そのガンバが降格した。いったいなぜだろうか。

自分なりに、一番の原因は、闘将不在にあるのではないか、と考える。

かつて鹿島の黄金時代を支えた秋田、FWも「兼任」する名古屋の闘利王、代表でワールドカップに2度出場したマリノスの中澤、ボランチで周囲を怒鳴り散らしていたジュビロのドゥンガ。俊輔のいたセルティックにはニール(現監督)がいたし。
強いチームには、チームメイトさえ近寄りがたい雰囲気の「闘将」がいた。

ガンバには「闘将」の文化がない。
しいて言えば、Jリーグ初代監督のカマモトくらいだろうか。

長年、ガンバのDFラインを統率してきたDF山口(今シーズンからJ2千葉に移籍)にしても、闘将タイプではなかった。
考えてみれば、山口の前任のDF宮本は同志社だし、ガンバの頭脳と言われたMF橋本は確か大阪市大を出てるし。
司法試験に受かって弁護士になった元ガンバ選手もいるし。

チームメイトの誰かが言っていたが、みんな自立している『大人のチーム』。
「言わなくてもわかっているだろう」「わかっていることをいちい言わなくてもいいだろう」。
そんな「大人の関係」が、今回はすべて悪いほうに出てしまったような気がする。

個人的には、遠藤保仁は大好きである。
あのひょうひょうとしたたたずまい。
どんな状況でも冷静な判断力。
多くのチームメイトが信じてボールを預ける。
見ている側も、遠藤にボールが渡ると、とりあえずほっとする。

話は飛ぶが、彼のような存在は、サラリーマン社会でも、理想的なタイプではないだろうか。
人の悪口や陰口を言わない。
人にあれこれ指示する前に、自分から黙って率先して動く。
部下の持つ力を最大限に発揮させてくれる。
不思議な包容力がある。
何があっても感情的にならず、冷静に、事態を落ち着かせる手段を見い出せるような。
上からも下からも頼りにされる存在。
いつもカッカしてるだけの上司より、はるかに頼り甲斐を感じるのではないだろうか。

しかし、今季は遠藤が遠藤らしくないプレーが多かった印象がある。
パスミスが多かった。残留のかかった試合でも、「え?」、というパスミスが何度かあった。
パスミスは相手との呼吸だから、遠藤だけの問題ではないが、明らかに相手の意図と全然かみ合わないスペースにパスを出すことがあった。
プレッシャーを受けて苦し紛れの横パスをはたき、カウンターを食らうこともあった。

一方、11月7日のレイソルとの試合では、試合終盤、ガンバサポーターが陣取るレイソルのゴールに頭から突っ込み、ゴールポストに激突した。
試合は5分近く中断した。
最初は何が起きたか、よくわからなかった。
さすがに交代かと思ったが、なんと彼は頭全体を包帯で巻き、ピッチに戻ったのである。
痛いそぶりも見せず、変わらないプレーを続けていた。
翌日わかったことだが、彼はあごの下を9針縫っていたのである。
数日後には日本代表の試合で中東に旅立っていった。

いい意味でも悪い意味でも、らしくない姿をしばしば見せていた遠藤。

見た目には冷静なコメントをしていても、内心かなり焦っていたのではないだろうか。

だが、彼はそれを口に出すタイプではない。
不安を口にして周囲を心配させたり、逆に周囲を空元気(?)で鼓舞するタイプでもない。
MF明神も、DF今野も、MF二川も、どちらかというと口ではなくプレーで示すタイプ。

そんな「成熟した大人の関係」の蓄積で、「ガンバのサッカー」が形づくられてきた。

残留のかかった試合前、テレビ画面で見た限り、ガンバの選手には、あまり悲壮感は感じられなかった。見た目、いつものゲームと印象は変わらなかった。良く言えば「平常心」なのかもしれない。ただ、あまり言いたくはないが、笑いを浮かべている若手選手もいた。初めて感じる残留争いの独特の緊張を必死に打ち消していたのだろうか。

選手の一人がこんなコメントをしていた。
「あと一歩足を踏み出すべき部分で甘さがあった」
サッカーでよくいうところの「球際の強さ」なのだろうか。
泥くさいけど、ガツガツいかなきゃ。
それがなきゃ、いくら芸術的なスルーパスがあっても始まらない。
うまいだけじゃ、サッカーは勝てないってことである。

試合終盤の足がつりそうなギリギリの状態で、それでも「走れ」「脚を出せ」と徹底させるのは、やはり「闘将」の力なのかもしれない。

そんなことを感じた。

最終戦で素晴らしいゴールを決めた倉田は、いま売り時だし、移籍する可能性が高いと思う。
欲しがるチームは多いに違いない。

だけど、おそらく多くの主力とともに、遠藤もたぶんチームに残るだろう。
ガンバのサッカーはJ2ではきびしかろうが、それは逆に、ガンバのサッカーとは何かを見つめ直すことでもある。
J2に落ちたレイソルがそうだったように。

昇格して即優勝するくらいの地力をつけて、来年、必ずJ1に戻ってきてほしいと願う。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

日産スタジアムに行ってきました

久しぶりにJリーグの試合を見に,日産スタジアムに出かけてきました。

横浜Fマリノス versus 浦和レッズ 横浜Fマリノスのホームゲームです。

PA220069_convert_20111022214047.jpg

今年は開幕直後に東日本大震災が発生して,大混乱になってしまい,5月になってやっと再開できました。
プロ野球では,とにかく早く開幕したい球団側と,開幕強行に慎重な選手会でドンパチやってましたね。

サッカー界は,リーグ戦もカップ戦も,そして代表戦もあって,特に代表は今年は南米選手権,ワールドカップアジア第三次予選,オリンピック予選もあったりして,スケジュール調整は本当に難しかったと思います。
チームによってはスタジアムが破損したり,いわきのJビレッジが原発対応で使用不能になってしまったり。
あんな状況で,よくここまで落ち着いてやってこられましたよね。
関係者の努力には頭が下がります。

そんな今期も,気がつけば早くも第30節。優勝争い,降格争いの佳境になってきました。

PA220072_convert_20111022214147.jpg

お目当ては俊輔です。まだ俊輔を生で見たことがなかったんです。
かつてのサッカー小僧も,はや32歳。現役でいられるのはあと3年くらいかもしれない。
いつ,怪我するかわからない。
元気にプレーしているうちに,その姿を瞼に焼き付けておこうと。。。

PA220075_convert_20111022214240.jpg

試合開始直前,ゴール裏のマリノスサポの応援が盛り上がってきます。
緊張感と高揚に包まれた瞬間。この時間がいちばん好きですね~

PA220076_convert_20111022214336.jpg

私はレッズサポでもマリノスサポでもありません。
長らく地元の柏レイソルサポでした。
このたび熊谷に引っ越しましたが,レッズサポは強烈すぎて引いてしまうし,家から最も近いのがアルディージャですが,個人的に応援したい選手がいなくて,サポになろうという気持ちが沸いてきません。
それに,今年はレイソルが首位争いをしているというのに,わざわざ降格争いをしているレッズ,アルディージャのサポにならなくてもね。。。
とはいえ,メイン席に座ったので,マリノスのマフラーを買い,にわかマリサポで応援に参加します。

PA220078_convert_20111022214422.jpg

両チームの選手が入場してきます。
今回は2階席でした。日産スタジアムの2階席は,やはり遠くて,きびしいなあ。
柏レイソルのホーム,日立台では,プレーする選手をすぐ目の前に見ることができます。
最前列にいたら,汗が飛んできそうだし。

PA220079_convert_20111022214507.jpg

PA220084_convert_20111022214605.jpg

前半,マリノスの大黒くんが密集から幸先よく先制点をゲットします。
レッズは,ゲーム開始直後はかなり硬かったし,気合が空回りしていたのですが,だんだんパスが回るようになってきて,ポスト直撃のシュートもあったりと,マリサポは肝を冷やしました。

前半は1-0でマリノスがリード。

後半はレッズがいっそう盛り返し,マリノスはなかなかボールを保持できません。
後半開始早々,元柏の小林くんがレッズのFWを倒してしまい,PKに。
山田くんがPKを外したところに原口くんが詰め,ついに同点に。
マリサポのため息がスタジアムにこだまします。

これで一気に元気づいたレッズがマリノスを押し込み,ファウルのリスタートから梅崎くんが追加点をゲットし,ついにアウェイのレッズが逆転してしまいます。またもスタジアムに響くため息。
ちょっと勢いが違う感じです。マリノスどうしちゃったかな。
J2降格目前のレッズが,突然の監督交代で,なんだか別のチームになったみたいです。

もともと強いレッズは,これで「勝者のメンタリティ」に覚醒したのか,磐石の試合運びに。
マリノスの木村監督は,らしくもないパワープレイに切り替え,ひたすらゴール前に放り込みますが,なかなかシュートにつなげられず,あっという間に後半の45分はタイムアップ。
ちっとも「ちゃぶれ」なかった。

で,お目当ての俊輔は,がんばってはいたけれど,今日は運がなかったという感じです。
フリーキックも何度かありましたが,入りそうな予感がなかったし。
キラーパスも数回,通せたけれど,得点につながるシーンはなかった。

それにしても俊輔,走ってはいるんだけど,やっぱり守備しないなあ。
レッズがガツガツ来てるんだから,もっとガツガツやり返さないとなあ。
俊輔の直接フリーキックをこの目で見られるまで,これからもスタジアムに行かなくちゃ。

PA220087_convert_20111022214648.jpg

試合終了後,レッズサポはいつまでも盛り上がってました。
マリサポはちょっとさびしいブーイング。あいさつ待たずに帰っちゃう人も多かったし。
負けたからかもしれないけど,レッズサポに比べてマリサポは紳士的というかおとなしいというか,やっぱりチームによって違うんだなあと感じました。ユニフォーム着て応援に来る人も,アウェーのレッズサポのほうが多かったし,レッズサポはアウェーでもユニフォーム姿で電車に平気で乗れるんですね。あの結束力(?)はすごいです。
ちなみに,個人的には,レイソルの黄色いユニフォームを着て電車に乗るのはちょっと恥ずかしいなあ。

それと,感じたのは,観客の少なさです。
日産スタジアムは70,000人近く収容できるのに,今日の観客は27,000人ちょっと。
写真を見ても,だいぶスカスカです。
雨が降っていたので敬遠した人もいたのかもだけど,優勝争いと降格争いをしている名門チーム同士の一戦にしては,ちと少ないなあ。日産スタジアムが満員になったら,歓声がそれこそ地響きのように聞こえるだろうし。選手がどんどん海外に出てしまうのも一因かもしれないけど。

というか,いくらビッグ倶楽部とはいえ,スタジアムがデカすぎるのかもしれません。
柏レイソルや大宮アルディージャのホームは,15,000人程度です。
これくらいのほうが,臨場感とか,選手との一体感を味わえていいですね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

タジキスタンの風景

9月11日にブラジル・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選の第3戦が行われ、日本はホームでタジキスタンと対戦し、8-0で歴史的な大勝を収めました。
で、タジキスタンってどんなところかというと。。。

03642x_convert_20111012185220.jpg

ワハーン回廊というところですが、実に美しい風景です。思わず見とれてしまいます。
こんな美しいところで過ごす人生って、どんなものなんでしょう。

ところで、大敗を喫したタジキスタンのアリムジョン・ラフィコフ監督のコメントを記事で読みました。
なかなか味なことをいう監督だなあと思っていたのですが、やっぱり、ウェブ上で「謙虚すぎる」などと話題になっているそうです。

「昨日の前日記者会見で言ったとおり、今日は守りに徹する。そのつもりでプレーしたが、完全な守備というのは芸術に等しい。我々はその域には達することができなかった。見事な勝利をした日本を心から祝福したい。これは実力の差、当然の結果と言えるだろう。日本はビッグなチームだった」

「昨日の会見では、なぜそんなに控えめなのかとも言われた。今日の結果で、どうして昨日のような言葉が出たかお分かりいただけたと思う。冷静な自己分析によるものだ。ただし、我々の選手たちは最後まであきらめずに走った。日本を抑えることはできなかったが、あきらめなかった選手たちに心から感謝したい」

「日本はウズベキスタン、北朝鮮とは比べ物にならないほど強かった。今日、日本がほぼベストメンバーで戦ってくれたことに感謝している。私たちは勉強しにきた身分だ。苦い経験ではあるが、私も選手も、今日の結果を受け止めて将来に活かしていきたい。何よりも日本に感心したのは、無駄な動きが一切なかったことだ。最後の3分間も全力で走っていた。これには感銘を受けた」

「我々のホームで戦った場合、このような立派なスタジアム、芝生ではなくて、環境はもっと劣悪になる。ピッチの条件によって、日本のサッカーがどう変わるか。そこに関しては多少期待している。ただ、日本とタジキスタンは残念ながら同レベルではない。芝生の状態いかんで縮まる差ではない。これは冷静な判断。ただし、ホームの観客が喜ぶようなサッカーを見せたいと思っている」

「(最後までクリーンなプレーを続けたが?)ラフプレーには走らない、クリーンなプレーを心がけるというのを選手たちは理解している。私たちは日本の選手をけがさせるために来たわけではない。日本はもっと高い目標を置いているチームなので、こんなところでけがをさせては申し訳ない。それに、偶発的に手や足が出ることはあるが、日本の動きが速くてそれもできなかったのもある」


普通、負けたチームの監督は何かと言い訳がましいことを言いたがります。
ジャッジの不公平を嘆いたり、相手の戦術やピッチの状態にケチをつけたり。
でも、この監督はそういうことは一切言わず、相手との力の差を具体的かつ客観的に分析し、圧倒的な力の差を潔く認めつつ、それを軽妙なウィットと言い回しで表現することで「大敗したチームのみじめな監督」という立場、イメージを払しょくして見せました。普通なら、もっと卑屈になるか、あるいは会見そのものをやらずに黙って帰国してしまうでしょう。

こんな監督、なかなかいないと思います。ただもんじゃないような気がします。
一例ですが、マラドーナさんと比べれば一目瞭然ですね(爆)

また、テツガクシャぶって記者たちをけむに巻くモウリーニョ(←大嫌い)とも大違い。

顔つきも日本人に似てるし、親近感が持てます。

こういう人が上司(監督)だと、部下(選手)も自然とそうなるのでしょう。
最後のほうだけ少し見ましたが、何点差がついても、ひたむきにボールを追い続けていました。

カンフーチックなラフプレーを連発するどこかの国のチームとはわけが違います。

皆さんもそうでしょうが、憎たらしい上司と普段から日常的に接していると、
こんな上司がいたらいいなあ
と思いますよね!
というわけで、まだ残業中なのですが、記事をアップしてみました。
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。