スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏向町団地の記憶をたどって

実に久しぶりの更新になります。
いったい何か月ぶりだろう。

実は、このブログで以前、横浜市の仏向町団地のことを書いたときのことです。
私が生まれ育ち、小学校5年生で転校するまで過ごしていた団地です。
今は建て替えのために、すべて解体されています。
解体されることを知って、写真を撮りに行ったのは10年近く前のことです。
その時の写真を、ふと、ブログに載せてみました。
記事を見てくれた同級生の方が、連絡をくれました。

私は小学校五年生の途中で転校して以来、同級生との付き合いもなくなり、ご縁がなくなっていました。
それが、この記事がご縁で、同級生の方が連絡をくれたわけです。
最初は信じられませんでした。
数十年間、眠っていた記憶が少しずつよみがえってきました。

そして、先週の金曜日、横浜の居酒屋で、数十年ぶりに再会しました。
Y君、H君、S君、本当にお久しぶりでした。
とっても楽しく過ごせました。
かわいい小学生が、いきなり、いい歳のおっさんになっているわけだから、なんだか変な感じではあったけど。
飛び交っている固有名詞の半分近くは??でしたが、聞いたり話したりしているうち、少しずつ、いろいろな記憶が蘇ってきます。

というわけで、当時撮った写真から、続きを載せてみます。

コメントはまたあとで。

bukkoh101.jpg

bukkoh102.jpg

bukkoh103.jpg

bukkoh104.jpg

bukkoh105.jpg

bukkoh106.jpg

bukkoh107.jpg

bukkoh108.jpg

bukkoh109.jpg

bukkoh110.jpg





スポンサーサイト

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

滅びつつある団地の風景…仏向町団地

横浜市保土ヶ谷区の公団仏向町団地
私が生まれ、小学校の前半まで過ごしていた団地です。
今、その姿を見ることはできません。
かつては、全国どこにでも見られた団地の風景。今、高度成長期を支えた団地の風景が、少しずつ、姿を消しつつあります。
今から10年ちょっと前、仏向町団地が取り壊されて高層団地に建て替えられることを知り、写真を撮りに行きました。デジカメはまだ持ってなくて、ネガフィルムでの撮影でした。

bukkoh00010.jpg

日本住宅公団(当時)による典型的な5階建団地です。たしか昭和35年くらいの竣工だったと思います。
当時、団地は庶民のあこがれの的だったようです。私の両親も、結婚後数年して、この団地に引っ越した時は、嬉しくて嬉しくて仕方なかったようです。

bukkoh00020.jpg

庭がゆったりとられていて、陽当たりは抜群でした。当時はこんなに生い茂った樹木はなくて、空間がゆったりしていました。後で訪れてみると、イメージしていたより意外に狭かったんだなと思います。当時、私もまだおチビさんだったし。それと、当時はまだ自家用車は少なかったです。

どうでもいい話ですが、当時からすでにカーキチだった私は、道行く車の車種を次々に言い当てて、両親を驚かしていたみたいです。一体どうやって覚えたんでしょうね。近くに駐車していた、日野自動車のコンテッサが大のお気に入りでした。今や知っている人はマニア以外いないと思われますが、エンジンをリヤマウントした、今見てもフランス車と見まがうようなデザインだったんですよ。それと、近くの製材屋さん(今でもある!)の三輪トラックもお気に入りでした。なつかしいなあ。

bukkoh00030.jpg

当時、13号棟の1DKに住んでいた我が家は、11号棟と12号棟の間の道を通って買い物に行くのが日課でしたね。
階段から見た、典型的な、団地の風景です。
もちろん、エレベータなんぞはありません。
仏向町団地はすごい急坂をあがった高台にあります。相鉄線の和田町駅から、団地に着くまで急坂を登り、さらに階段で上階に上がるのですが、住民の皆さん、当たり前のように平気な顔で上がっていました。

続きを読む

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。