スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーリン家の姉妹

boleyn.jpg

昨年秋に封切られた映画ですが、先日、近くのシネコンで見てきました。
ポップコーンをつまみながら映画を見るのって、楽しいですよね。

さて、16世紀のイングランド王室が舞台の映画です。
跡継ぎの王子に恵まれないヘンリー8世。王妃にはもう子を産む力が残されていないことを知ると、新興貴族のブーリン卿は、叔父のノーフォーク卿とともに、アンとメアリーという二人の娘を王室に『差し出す』ことで王室に接近し、一族の大出世を図ろうと目論みます。

写真右が姉のアン、左が妹のメアリーです。

最初に王の愛人にさせられたのは、結婚したばかりの次女のメアリー。しかし、メアリーが待望の男の子を生んだというのに、王の関心は姉のアンに向けられていきます。仲のよい姉妹の間に不信と葛藤と確執が渦巻いていきます。王や王妃、姉妹の一族を巻き込み、もうドロドロの世界。愛人という立場ではなく、正規の王妃となることを求める強気なアンに押される形で、ヘンリー8世はカトリックの教えに背いて王妃と離婚し、ローマ教会から除名されてしまいます。そこまで犠牲を払ってアンを王妃に迎えたというのに。。。

公式ウェブサイトのproduction noteによると、ブーリン家が実際に暮らしていたヒーバー城も含めてロケハンを重ねたものの、ほとんどは観光地向けに整備されていたため、チューダー王朝の写真や資料を世界中からかき集め、ロンドンのスタジオに豪華なセットを組んだとのことです。
peruriさまの情報によれば、アンが実際に処刑されたのはロンドン塔ですが、映画では都合でドーバー城で撮影されたそうです。息を呑むほどに緊張感が高まるシーンでした。

歴史考証が精緻なのはもちろんですが、なにより、とにかく映像が綺麗です。衣装やインテリアが実にきれいに再現されていて、映像美だけでも一見の価値はありますね。

なお、アン・ブーリンは、世界史で大英帝国の地位を確立したといってもいい女帝エリザベスⅠ世の母にあたります。男の子を生むことができず、ヘンリー8世に遠ざけられて処刑されてしまうアンが生んだ娘が、のちのエリザベスⅠ世になるわけですから、皮肉というか運命のいたずらというか。。。
母娘ともども、実に破天荒で、波乱万丈だったのですね。
中世ヨーロッパの歴史の本とか、少し読んでみたくなりました。

2008年作品
原作 フィリッパ・グレゴリー
監督 ジャスティン・チャドウィック
出演 ナタリー・ポートマン(アン)、スカーレット・ヨハンソン(メアリー)、エリック・バナ(ヘンリー8世)ほか

スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

浅草の神谷バー

kamiyabar

今日、地下鉄の電車の中で、ふと一枚の写真に目が留まりました。
浅草の「神谷バー」の広告です。

もう帰りなさい
まだいいじゃない、と
街の灯が
ささやき合う

いいなあ。
郷愁というか、ノスタルジーを感じますよね。
大人の淡く切ない恋の物語。。。

神谷バーには、わけあり男女がよく似合う、なあんて。

大正時代、神谷バーで萩原朔太郎が詠んだ歌が残されています。

一人にて酒をのみ居れる憐(あは)れなる
となりの男になにを思ふらん
(神谷バァにて)

琥珀色の液体を見つめながら、孤独な20代の朔太郎の胸に去来したものは、何だったのでしょうか。

さっそく、ホームページを訪れてみました。
嬉しいことに、過去の広告ポスターが見られるようになっていました。
癒される作品ばかりです。

ところで、有名なデンキブランのいわれですが、以下は引用です。

「電気がめずらしい明治の頃、目新しいものというと”電気○○○”などと呼ばれ、舶来のハイカラ品と人々の関心を集めていました。さらにデンキブランはたいそう強いお酒で、当時はアルコール45度。
それがまた電気とイメージがダブって、この名がぴったりだったのです。」

「デンキブランのブランはカクテルのベースになっているブランデーのブラン。そのほかジン、ワインキュラソー、薬草などがブレンドされています。しかしその分量 だけは未だもって秘伝 になっています。
あたたかみのある琥珀色、ほんのりとした甘味が当時からたいへんな人気でした。ちなみに現在のデンキブランはアルコール30度、電氣ブラン<オールド>は40度です。」

ふーん、そうなんだ。
わたしは下戸なのですが、かれこれ10年くらい前、東京土産にと、デンキブランを抱えて京都まで行ったことがあります。ビールのように見えますが、かなり強くて、味もちょっと変わった感じでした。未だ秘伝というブレンドの織りなす味、下戸ゆえに味わい尽くせないのが、無性に損した気分です。

ライトアップされているので、とても綺麗です。お酒が飲めない方でも、ライトアップされた建物を見るだけで、何となく幸せな気持ちになれるかも。そして、大切な人と一緒なら。

PEN 3/1号 広告デザイン2009

pen200903cover.jpg

「広告は風景の一部」です。
(このフレーズ、過去の記事でも書いたっけ)
特に、道行く多くの人の視線を浴びる屋外広告は、まさに風景の中に溶け込んでいます。
(もちろん、溶け込めずに宙に浮いている広告もありますが)

人が屋外広告に視線を向けるのは一瞬です。してみれば、一目で訴えたいことが伝わり、かつ快い印象を残す、魔法のような仕掛けが求められるわけです。
しかし、道行く人たちは、そうおいそれとは広告に気づいてくれません。
携帯での会話や友人とのおしゃべり、気になる用事のことやら、人間関係や借金のことやら、今晩のメシのことやら週末のギャンブルのことやら? ありとあらゆる想念に埋もれて街を忙しげに歩いています。視線は絶えずあちこちを行き来し、一箇所に集中することはありません。
そんな人たちの意識に飛び込もうというのですから、広告はよほど、人の気をひきつけるものでなくてはなりません。
何気なくチラッと見ただけで、作り手と見る側の間に一瞬のコミュニケーションが成立しうるかどうか、が勝負どころなのかもしれませんね。

最新号の「PEN」3月1日号は、そんなスーパーテクニックを余すところなく注いだ最新の広告作品を紹介していて、かなり力作そろいです。ぜひ、お勧めしたいですね。

海外の気鋭のクリエイターたちの作品を集めているだけに、刺激的なものばかり。百聞は一見にしかず、あまり書いてしまうとネタバレになるので、書店で買って来てくださいね。

lavazza.jpg

誌上で紹介されているイタリアのエスプレッソメーカー「LAVAZZA」社のウェブサイトです。この会社の広告は、広告というよりアートに近い作品に仕上がっています。あまりに素敵なのでホームページを訪ねてみたら、開いた瞬間からアートの香りが伝わってきました。さすがです。特にカレンダーがお薦めです。

海外クリエイターに混じって、日本人クリエーターの作品も少ないながら紹介されています。
SOFTBANKの白いお父さん犬シリーズや、サントリーの伊右衛門茶、JR東海の「そうだ京都行こう」などなど。
中でも、わたし的には、日産自動車の「ティアナ」の広告が好きですね。

teanaad.jpg

4~5年前、「クルマにモダンリビングの考え方」というキャッチコピーで、旧型のセドリックやグロリアという単なる「高級なだけの高級車」のイメージを打ち破り、新しいラグジュアリーカーのイメージを創出した点で、とても新鮮でした。
そして、2008年バージョンは、山形は銀山温泉の超高級和風旅館、藤屋旅館(この前行ってきました。といっても泊まったわけではありませんが)を舞台に、和服姿での「おもてなし」の心を描き出した作品で、クルマそのものの動力性能なんぞはほとんど紹介されません。
ヨーロッパの風景を借りることが多い日本車の広告で、ここまで「和のしつらえ」にこだわったことが、素直にすごいと思います。
コンセプトがしっかりしているから、何をどう伝えるかが明確にできるのでしょうね。


こういう海外の広告を眺めていると、日本の広告は、まだまだだなー感じることが多いです。
特に屋外広告は、風景の一部なのですから、芸術的とまではいかなくとも、いい作品で街を美しく、そして楽しく飾ってほしいです。
何より、こういう時代ですから、夢のある広告をデザインしてほしいな。
豪華さでなくとも、人の心にそっと染み入るような、ほっとするような広告のほうがいいのかも。

広告も「癒し」の時代なのですねー。

8月のクリスマス

augustchristmas05.jpg

数年前、韓国映画にはまっていた時期がありました。
といっても、わたしはtsutayaでレンタルできる映画を人並みに見ていた程度です。
熱狂的なファン(というか、追っかけ?)は、ものすごいですからね。
日本でも北新宿のコリアンタウン、大久保界隈でお目にかかれます(笑)

それはさておき、日本で人気の韓国映画というと、「シュリ」に代表されるサスペンスアクションものと、「冬ソナ」に代表される純愛ものに流れが分かれるみたいですが、わたしはどちらも好きですね。今日は、久しぶりにtsutayaの韓国映画コーナーで、3本ほど借りてきました。
「8月のクリスマス」 
「うつせみ」
「浜辺の女」
いずれも、純愛もののほうです。サスペンスものは一度見れば飽きてしまいますが、純愛ものは不思議と何度見ても新鮮なんですね。

augustchristmas01.jpg

まずは「8月のクリスマス」から。
街の片隅で小さい写真館を営むジョンウォン(ハン・ソッキュ)。さわやかな笑顔を振りまいていますが、治る見込みのない病を抱え、複雑な気持ちで父と二人、暮らしています。

真夏のある日、違法駐車取締官のタリム(シム・ウナ)が写真館にやってきます。
(日本の婦人警官とはビミョーに立場が違うみたいです)
つっけんどんに写真の現像を頼むタリムに、「今は忙しいから時間がかかりますよ」と答えるジョンウォンであったが、暑い中、店の前の木の下でじっと待っているタリムに、ジョンウォンはアイスキャンディーを差し出す。笑顔の二人、とてもいい感じです。

互いに意識しあうようになっても、ジョンウォンはタリムに自分の病気のことを告白しませんでした。そして、ついにジョンウォンは発作を起こし、病院へ。タリムは来る日も来る日も、主のいない写真館を訪れては、手紙を差し入れ、店の前で行ったり来たりを繰り返し、あげくにガラス窓に石を投げつけたり。。。

augustchristmas02.jpg

ハン・ソッキュさんは、やはり「シュリ」でのKCIA捜査官のイメージが強く残っているのですが、この作品では、何気ない場面、たとえば、父親がわかりやすいようビデオや現像機の使い方をメモするシーン、父親が寝ているそばにそっと横たわり優しく父を見つめるシーン、自らの葬式用の写真を撮るシーン、どれをとっても味わい深いです。さすが、韓国を代表する名優です。
(年代が同じで、けっこうファンだったりします)

augustchristmas03.jpg
伝統的な韓式住宅に父と住むジョンウォン。何気に爪を切るシーンも、実にさまになっています。

韓国では、人が亡くなると「アイゴー」と号泣するのは有名ですが、この映画では、死を意識するシーンはなく、無理に涙を誘う場面はまったくありません。心のひだに自然にしみ込んで、ほろりとさせられる、本当によくできた作品だと思います。

そして、当ブログお題の「風景」との関わりですが、ソウルのごく普通の街並みと、そこで暮らす庶民の暮らしがリアルに描かれています。タリムを後ろに乗せ、ソウルの下町を赤いポンコツの原チャで駆け抜けるジョンウォン。映画の設定はソウル市内ですが、少し昔の風景を求めて全羅北道の群山(クンサン)で撮影されたそうです。

この映画は1998年作品で、すでに10年以上たっています。
韓国映画のロケ地を熱心に訪問しておられる、ばつ丸さまの情報によれば、写真館はロケ用につくられたセットで、撮影終了後は駐車場になり、今は飲食店になっているそうです。その他、本作品に出てきた多くのスポットは、当時と大きく変わってしまったそうで、こればかりは仕方ありません。韓国の都会の変わりようは、東京のそれをしのぐスピードで進んでいるのかもしれませんね。
映画に出てくる韓式住宅も、急速な勢いで消えているようです。

augustchristmas04.jpg

ラストシーンは雪景色です。
真っ白に彩られたジョンウォンの母校と写真館。
亡き息子が愛用していた赤い原チャに乗って父親が写真を届けに出て行った後、黒のコートとロングブーツで美しく着飾ったタリムが写真館にやってきます。通りに佇み、写真館の中に自分の写真が飾られているのを見てそっと微笑む彼女。
とても印象的でした。

続きを読む

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

京都の嵐山

京都・嵐山の風景です。2年前の正月、撮影したものです。
雪景色を見たかったのですが、天気がよすぎて。。。

arashiyama03.jpg

嵐山の話をする前に、全然関係ない話をちょっと。

実は、この週末、ケガをしてしまいました。
わたしは週末、近くの自然公園で10kmばかりジョギングしていて、多少の自信はないわけではなかったのですが。。。普段はゆっくり走りますが、ちょっとダッシュをかけた瞬間、左ふくらはぎに「ブチッ」という痛みが走りました。
最初、誰かに蹴りでも入れられたかと。。。
でも、誰もいないし。
そうか、やっちゃったか。。。
数分間うずくまっていたのですが、誰も助けちゃくれないので(あたりまえやん)、ビッコをひいて家まで帰りました。そして、クルマで病院にいったら、先生いわく、

肉離れですね

「とりあえず全治一ヶ月くらいかな。これから足首のほうが張れてくるかもね。2週間はお風呂厳禁、ジョギング再開は様子を見ながら、早くても4週間後ね。無理すると再発するよ。じゃあ、そういうわけで、お大事ねー」

あーあ。
びっこをひくか、カニみたいにしないと歩けなくて、山用のストックを使っています。
肉離れなんて、アスリート限定かと思っていましたが、こんな週末ぐうたらジョガーでもなったりするのですね。体力、落ちているのかなー。
建国記念の日、近場の温泉に行くはずだったのに。
シングル足湯で我慢するしか、なさそうです。

というわけで、当分は写真を撮りに行くことも美術展を見に行くこともできません。
当ブログについても、過去ネタでしのぐしかないわけで。。。

arashiyama02.jpg

arashiyama01.jpg

そんなことで、ヒマネタ第一号として、京都の嵐山です。
2007年の正月、三が日を避けて、4~5日に京都観光にいってきた時の写真です。

京都の四条大宮から京福電鉄嵐山線で嵐山に向かいます。嵐山駅はなかなか綺麗にしつらえられていて、さすが嵐山という感じですね。駅前はお土産物屋が軒を連ね、華やかな雰囲気です。

arashiyama05.jpg

嵐山といえば、渡月橋ですね。
だけど、この写真、よく見ると「あれ?」と思いませんか。
よーく見てくださいね。

橋の中央部に、黄色い工事用の仮設パネルが付けられています。

arashiyama04.jpg

近づくと、こんな風になっています。
実は、2006年の大晦日くらいだったか、地元の若者が運転するスポーツカーが橋の上でスピンし、欄干を突き破って、川に落ちてしまったのでした。確かに、川原には欄干だった木材が散らばっています。
正月を控えているだけに、警察さんは慌ててクルマを引き上げたのでしょう。
全国放送のニュースで放映されたので、ご本人はとても恥ずかしかったでしょうね。ケガはなかったのかな。
それにしても、こんな文化財を壊しちゃったら、いったいいくらつくのか、想像もつきません。保険屋さんもビビったことでしょう。

以上、わたしのゲカと絡めて、渡月橋のケガのネタでした。何の落ちもなくて、すみませんね。

arashiyama06.jpg

arashiyama07.jpg

arashiyama08.jpg

嵐山の風景。観光客の多い渡月橋を離れると、嵐山の静かな風景が広がっています。
一度、雪化粧の嵐山を見てみたいですね。

最後にこんな一枚。

arashiyama09.jpg

京都駅ビル。いつ見ても、すごいですね。かれこれ15年はたっているわけですが、ある意味、新鮮さはまったく失われていませんね。世界金融恐慌が吹き荒れる今、こんな絢爛豪華な建築は当分、現れそうにありません。

カザルスホール閉館

世界に誇る建築家・磯崎新氏の代表作でもある、東京・御茶ノ水のカザルスホール。
このほど閉鎖されることが決まったと発表されました。

casalshall.jpg

1987年の竣工当時、わたしは社会人になりたての頃で、学生時代から神保町をホームタウンとしていたことや、内外のデザインの美しさなど、とても印象に残る建築でした。明治大学のレトロな校舎(現在は高層棟に建て替えられています)とともに、御茶ノ水のシンボルみたいな存在でした。

報道によれば。。。
当初は、主婦の友社が名チェリストのパブロ・カザルスさんの名前を付けてオープンしたのですが、同社が経営難となって、2002年に日本大学に売却され、「日本大学カザルスホール」と呼ばれていたんですね。知りませんでした。日本初の室内楽専用ホールとして、1997年にはドイツ製パイプオルガンも設置されました。現在は学内行事や貸ホールとしてコンサートに使われているのみで、キャンパス再開発計画を推進する日本大学は、この名建築を取り壊す方針、とのことです。

これはかなりショックですね。
本当に壊してしまうのでしょうか。
壊して、どんな建築を建てるのでしょうか。
カザルスホールよりも価値のある建築ができるのでしょうか。
そもそも音楽ホールとして使う意思があったからこそ購入したのではないでしょうか。
パイプオルガンはどうなるのでしょうか。。。

わたしは実は、このホールで演奏を聴いたことがなく、オルガンの音色を一度聴いておくべきだったと今更ながら後悔しています。

できることは、今度の週末に、写真を撮影しに行くこと、くらいでしょうか。
なれ親しんだ街から、またひとつ、記憶の残滓が消えていく。
ちょっと悲しい。
いや、すご~く悲しい。

日本大学さんには、是非、カザルスホールの存続を前提としたキャンパス再開発計画を推進していただきたい。磯崎新アトリエにマスタープランを任せれば、素晴らしい提案が出てくるに違いない、などと思うのですが、今となっては負け犬の遠吠えに近いのかもしれません。

ヨーロッパの風景と日本車

NISSAN S13 SILVIA

日本車の広告は、ヨーロッパの美しい街並みを背景に撮影されることが多いですね。こちらは昭和63年に発売され、平成初期にかけて、「ART FORCE SILVIA」のコピーで売れまくっていたクルマです。

artforce01.jpg

今となっては、本当に懐かしいですね。たまに路上で見かけますが、今でもこの流れるようなフォルムは美しいの一言。
それまでのNISSANはどちらかというと技術重視で、角ばったダサイのばっかりでしたが、このシルビアの少し前に出た新型ブルーバードからガラッとデザインテイストが変わりました。
このシルビアだって、旧型のS12は主に米国輸出向けの超不人気車だったのですから、信じられない変わりようです。

ま、クルマ談義はともかく、風景のほうに注目してください。
イタリアかフランスあたりの古い町並みをバックに撮影されています。
撮影地はわかりませんが、落ち着いた古都というイメージですね。

artforce02.jpg

当時20代だったわたしは、このクルマがほしくてたまらなかったのですが、悩みに悩んだあげく、別のクルマを購入しました。ただ、その時にディーラーでもらったカタログだけは、以後現在まで、大切に保管してきました。
実に美しいカタログです! 今までいろいろなクルマのカタログを見てきましたが、美しさという点ではピカイチです。大判のためウチのしょぼいスキャナでは対応できないので、デジカメで撮ってみました。折り目が入っているのはご愛嬌ということで。
(なんせ、20年前のカタログなので。。。)

artforce03.jpg

artforce04.jpg

artforce05.jpg

artforce06.jpg

クルマのカタログですからセリフが入る余地はありませんが、どんなストーリーを想定して撮影したのか、気になります。モデルさんのセンスも光りますね。
また、撮影地ですが、かなり古い街並みであることは間違いありません。
どなたかご存知の方がおられたら是非教えていただきたいのですが。。。

このクルマは、デザイン以外にも、Js・Qs・Ksというグレード名やら、身体を包み込むような丸みを帯びたシートやら、スピードをガラス面に映し出すフロントウィンドディスプレイやら、いろいろな工夫が詰まっていましたね。

その後、SILVIAは「EYE HUNT」というコピーとともにS14へとチェンジしましたが、バブルが崩壊し、3ナンバーになったせいもあってか、また不人気車に逆戻りしてしまい、今は生産中止となってしまいました。

それでは最後の1枚です。
artforce07.jpg

テーマ : 昔話
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。