スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トムラウシ遭難 驚きの真実。。。

gak2009091401_01.jpg

「岳人」と「ヤマケイ」の両誌で、トムラウシ遭難事故の詳細をレポートしています。
まず「岳人」を買って、読んでみました。
そして、やっぱりなー的な部分と、本当かい!的な部分が交互に重なり合って、何ともやりきれない気持ちになりました。

驚いたのは、ツアーの形式、そして、ガイドの役割の曖昧さです。

まずツアーの形態については、新聞やニュースではほとんど触れられていなかったので情報がなかったのですが、今回のレポートで初めて詳しいことがわかりました。

「トコロテン方式の押し出し型ツアー」

記者が、このツアーを評した言葉です。どういうことかというと。。。

今回の遭難事故の最大の疑問というか謎は、少し前の記事でも書いたことなのですが、?悪天候なのにどうして無理に出発したのか、?どうしてテントがなかったのか の2点です。

このツアーは15人+ガイド3人の総勢18人で、山中では狭い避難小屋に2泊する日程でした。
実は、同じアミューズトラベルの主催で、ほぼ同規模のツアーが前後して組まれていて、先行組が出発した後、後続組が一日遅れで、同じ避難小屋に泊まる予定になっていたらしいのです。
そして、先行組は、10人用テントやらコンロやら鍋やらといったビバーク道具をほとんどすべて、この後続組のために、避難小屋に置いて、悪天候の中を出発した、ということらしいのです。

一体どういうことでしょうか。

旅行会社にとって、北海道の山岳ツアーはドル箱なのだそうです。
一人15万円×15人のツアーが2セットあれば、それだけで500万円近い売り上げになります。
そして、無人の避難小屋は金もかからない。
客を集めて、15人1組に振り分け、トロコテン方式にトムラウシに送り込めば、それだけで旅行会社の懐にはキャッシュがどんどん入ってくるわけです。

本来、テントを持って山を歩く人たちが、やむをえない場合に使う避難小屋を、ツアー会社が営利目的で使用しているわけです。これは果たして許されることなのでしょうか。そして、一部に出ているように『遭難者が出たのだから、もっと避難小屋を整備すべきだ』ということになれば、さらに、この立派な避難小屋を目当てにしたツアー業者が後を絶たなくなってきますよね。

無理に出発した理由は、多少の悪天候でも出発しなければ、後続組が翌日にはやってきて、40名近い大所帯となってしまい、30名が定員の避難小屋に客を収容できなくなってしまうから。

テントやコンロを置いていったのは、先行組が無事に下山した後に、後続組にこれらの資材を受け渡していたのでは日程的に間に合わなくなってしまうから。先行組の人たちの安全よりも、複数のツアーを同時に管理するための効率を第一に考えてのことだったわけです。

それから、ガイドが3人もいながら、てんでバラバラで、最後には30代の一番若いガイドがへばって、60代70代の客たちに「しっかりしろ」とカツを入れられる始末。記事を読む限り、ガイドたちの行動は、危機管理もへったくれもないどころか、限りなく疑惑に満ちています。生き残った2人のガイドは、体調不良を理由に警察の現場検証にも参加しなかったそうです。この人たち、何か隠しているな、という直感がピーンときます。

悪天候の中を無理して出発するというのに、後続組のためにテントを小屋に置いて出発したガイドたち。自分たちの生命も危うくなるかもしれないリスクに気づいていなかったのでしょうか。
それくらいの予測能力があれば、こんな無茶を強いる旅行会社とやりあっていたはずでしょう。
山のプロであるガイドたちが、こんなド素人もいいところのツアー会社の言いなりになってしまうのが理解できません。

報告している記者もかなりあきれ果てている様子でした。
正直、こんなツアーで亡くなってしまった方たちは、浮かばれないでしょう。
これでは、死にに行ったようなもんです。
明らかに、天災ではなく、人災だと思います。

ヤマケイもこれから読もうと思っています。
詳しいことを知りたい方は、それから、これから山岳ツアーに参加しようと思っている方は、ぜひ読んでおくとよいのではないでしょうか。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

一の沢-常念岳-蝶が岳-横尾

【コース】穂高駅-一の沢-常念岳-蝶が岳-横尾-上高地-松本駅

5連休となったシルバーウィーク。今年2月の足の怪我が長引いて、ずっとジョギングもできず、9月も半ばを過ぎて今年初めての山行となりました。
トレーニング不足とメタボ化による荷重増加が懸念されますが。。。

新宿発6:00の臨時特急あずさ71号に乗り、松本へ。大糸線の臨時快速に乗り換えて穂高駅で下車します。臨時快速は登山者で満杯だったのに、あいにく、タクシー相乗りできそうな奴が見当たらず、一人で一の沢の登山口へ。4,200円なり。予想よりも少し安かったです。

abn_naganoasahi_ph_program13_1.jpg

安曇野の風景は心にしみこむというか、心が落ち着くというか、いつ来てもいいなあと思いますね。
(写真:abn長野朝日放送。自分の写真がなくて、ゴメンナサイ)

登山計画書を提出して、11時行動開始。最初は勾配が緩やかで、ウォーミングアップには最適です。山ノ神、王滝ベンチを過ぎ、笠原沢へ。ここで悲劇が起こります。おいしそうな沢の水を飲もうとしたところ、足が滑って沢の中へ…。膝から下が浸かっただけでしたが、なんと首から下げていたデジカメが水に漬かってしまいました。あーあ。あーあ。もう二度と動いてはくれなかったのでありました。

というわけで、以後はすべて携帯カメラの画像です。

気を取り直して足の中の水分を抜き,歩き始めます。次第に勾配がきつくなり,胸突八丁を過ぎ、最終水場まで来ると、すでにゼーゼーハーハー。
トレーニング不足で、いきなり幕営装備では、さすがにしんどいなあ。
そうこうするうち、やっとのことで森林限界を過ぎ,常念乗越へ。常念小屋の赤い屋根が見え、少しほっとしました。
時計を見るとすでに3時でした。今回はどうせリハビリ登山だし、コースタイムなんぞは度外視です。

小屋でテント受付を済ませ、奥のテン場にテントを設営すると、疲れが出たのか、しばし寝込んでしまいました。
目が醒めると、夕焼けの真っ最中。あわててテントから抜け出し、デジカメ、じゃなかった携帯カメラでパチリ。常念岳は槍ヶ岳の真向かいで、槍見には最高のポジションですね。幻想的です。

090919_174331.jpg

満天の星空は、いつ見ても感動します。飽きるくらい堪能し、テントにもぐりこみましたが、テン場全体が傾いていて,よく眠れません。。風も強く、ウトウトしては、寒くて何度か目が醒め、そのうち夜明けが近づいてきました。見ると、常念岳にはヘッドライトの明かりがポツポツ。
早速テントを撤収し、食事を取って行動開始です。

常念岳(2857m)は遠くから見ても近くから見てもすごいボリューム感があって、一の沢登山口が1200mくらいなので、標高差は約1600mくらい。それほど楽じゃないですね。岩屑のジグザグ道はやがて岩稜となり、やっとのことで2857mの頂上にたどりつきました。

360度遮るもののない、感動のシーンです。

090920_075313.jpg

槍ヶ岳が可愛く映っています

090920_114221.jpg

ダイナミックな穂高岳の山並み

090920_114121.jpg

麓には、穂高の町が広がっています

風が強く、人がどんどん登ってくるので、蝶が岳を目指します。蝶槍がけっこう遠くに見えます。
これから最低鞍部まで一気に400m下ります。貯金をすべてはたいてしまうような急な下り。登ってくる人は大変そう。
今度は一転,樹林帯の中のアップダウンを繰り返し,2512m、2592mの2つの小さいピークを越えます。右側には恐怖の一の俣谷。大小の滝が連続し,今は廃道になっているそうです。

小ピークを過ぎると、やがて,蝶槍(2664m)への登りにさしかかります。樹林帯を抜けると,意外にあっけなく着いてしまいました。ここでランチ。
常念小屋で買ったお弁当(といってもパンとベビーチーズと小さいポカリスエットの詰合せ)です。

090920_114201.jpg

蝶槍から常念岳を振り返ります。右側が前常念岳(2661m)です。

蝶槍から横尾分岐を過ぎ、蝶が岳山頂(2677m)まではじきです。このへんの稜線歩きは本当に気持ちがよく、こんなダイナミックな眺めを堪能しながら歩ける、最高の道です。そして、昨日今日と本当に天気がよく、雲ひとつない青空です。よりによって、こんな日に、デジカメを壊してしまったのですから、よほど普段の行いが悪いということなのでしょうか。

090920_122633.jpg

お昼には蝶が岳ヒュッテに到着。テント受付を済ませ、設営すると、まだ1時前。天気がよく、とても北アルプスの山上とは思えない陽気で、うとうと昼寝をむさぼります。そうこうするうちに、テント組が増えてきて、あっという間にこんな状況に。

090921_052243.jpg

やがて迎える日没の時間。蝶が岳は本当に素晴らしい景色を堪能できます。まずは夕暮。

090920_172910.jpg

ヒュッテ近くの「瞑想の丘」から眺める穂高の山々に、みな言葉を失っています。

夜は静かでした。風が強いところなのに、テントが揺れることはほとんどありませんでした。これほど穏やかな夜もあるんだなと思いました。そして、満天の星空。常念小屋と違って、ここは視界を遮るものがなく、まさにプラネタリウム状態。猟師など人並みはずれた驚異的な視力を持つ人たちの目には、いったいどのように映っているのでしょうか。

そして、やはり圧巻は夜明けです。

090921_053059.jpg

朝日が昇る瞬間。歓声があがります。

090921_052217.jpg

朝日で赤く染まる穂高の山々。モルゲンロートですね~。

楽しかった山もこれで終わり。あとは横尾に下りるだけです。
下山中、可愛い赤ちゃんを背負って槍見台まで登るという若いお母さんと出会いました。

河童橋は相変わらずの大混雑。紅葉シーズンはもっとすごそう。
上高地アルペンホテルでお風呂に入った後、バスターミナルへ。
国道158号線は、松本方面から上高地・平湯方面に向かうマイカーの列が行けども行けども数珠つなぎ、運転手さんも前代未聞とあきれるほどの大渋滞でした。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。