スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自壊する帝国」 ソビエト連邦崩壊の内側を描いた迫真の回想録

jikaisuruteikoku.jpg

今の高校生たちにとっては教科書の中の世界かも知れないけれど、40代後半にさしかかった私が中学高校時代に使っていた地図には、今はなき「ソビエト社会主義共和国連邦」の広大な領土が描かれていました。
それは、ポーランドとの国境から始まり、黒海、カスピ海、中央アジア、ゴビ砂漠、中国国境を経て、日本の北方領土に至るまで、実に広大でした。
これだけ広大な国がなぜ出来るのか、不思議だったものです。
というより、その大きさがイメージできませんでした。
だって、極東のハバロフスクから首都のモスクワまで、シベリア鉄道で一週間近くかかるのだから。
そして、巨大化した帝国が滅びるのも、世界史の必定ですね。
アレキサンダー大王や始皇帝の帝国しかり、ローマ帝国しかり。

でも、20世紀という時代に、このソビエト社会主義共和国連邦がこれほど短期間に崩壊するなどとは、誰もが思わなかったに違いありません。
東西ドイツ統一、チェコスロバキアやルーマニアなどの東ヨーロッパ社会主義国で次々と共産党一党独裁が崩れ、ついにはソビエトも崩壊してしまいます。
特に50代以上の世代にとっては、これほどテレビに釘付けになったのはベトナム戦争のとき以来、であったに違いないありません。

例によって前置きが長くなってしまったが、本書「自壊する帝国」は「外務省のラスプーチン」と呼ばれた佐藤優氏が、モスクワ日本大使館勤務時代に、ソビエト崩壊に内側から直面した経緯を、第三国の大使館の情報部員という立場からまとめたものです。
回想録の形をとっていますが、非常に客観的で、主観的な思い入れや政治的な偏向がなく、ありのままの経緯を客観的に整理してあります。
客観的にまとめられるのは、佐藤氏自身が常に客観的な立場で情報活動をしてきたことの証なのでしょう。

そして、事実は小説より奇なり!
スリリングな展開は、スパイ小説を凌駕する面白さです。

外務省の情報部員がどういう仕事をしているのか、本書で初めて知ることが出来ました。
ロシアでは、何はともあれウオトカで、ウオトカが飲めなければ外務省職員は務まらないらしい。
たまたま酒に強かった佐藤氏は、相手がつぶれるまで酒に付き合い、友人として信頼を勝ち取り、そして、生の情報を引き出しては、客観的に分析します。
このバイタリティーには驚かされました。
そして、あの酒好きのロシア人と対等に渡り合う佐藤氏の語学力と肝臓力にも!

どの世界にも建前と本音があるけれど、マルクスレーニン主義を標榜していたソ連では、輪をかけてそれが顕著だったと思います。
その「本音」の部分にどっぷり浸かり、「建前」との距離感を身体感覚で計測できたからこそ、客観的な分析が可能になったのではないでしょうか。

宗教が禁止されていたソ連で生き続けてきたロシア正教会、ユダヤ・反ユダヤの綱引きなど、「建前」の世界では見えない大きな要因が、巨大帝国崩壊の背後にあったのですね。
驚いたことに、佐藤氏の専門は「チェコスロバキアにおけるプロテスタントの組織神学」で、チェコに留学させてもらえるかもしれないという「下心」で外務省の門を叩いたのだと言います。
ソ連では本質的に役に立たないはず(だった)神学の知識が、実は非常に役立ったというのも、面白いというか、深い意味を感じさせられますね。

人生、何が役に立つかわかりません。
役に立つと思って取り組んだ勉強だって、大して役に立たないかもしれない。
そもそも、役に立つかどうかで勉強する内容を選別するのは、本当の勉強ではないのでしょう。
(勉強しなかった自分がこんなこと言える資格はまったくないのだけれど)
そして、こういう真摯な姿勢で勉強に取り組んできたからこそ、「大使をしのぐ」までの情報収集が可能になったのではないでしょうか。
外務省にはノンキャリアの「外務専門官」で入り、モスクワ日本大使館時代はずっと三等書記官(帰国直前はロシア連邦日本大使館二等書記官)だった佐藤氏は、瞬く間に、大使級でもつかめない人脈を広げてしまったのですから。

佐藤氏を情報分析の最前線から追いやった日本外交は、大きな代償を払うことになったはずです。
それどころか、東京拘置所に一年以上もぶちこんでしまいました。
検察という組織は、人を裁くことはできても、何かを作り出すことはできません。
見かけによらず「人見知りする」という氏は、おそらく政治家への出馬要請も断り、神学研究と著述で生きていくことになるのでしょうか。
そもそも「回想録」なんてものは、棺桶に片足を突っ込んだ年寄りが書くものです。
作者はまだ50代になったばかり。日本の「至宝」を再び外交の最前線で活用しようという意思は、日本の外務省にも民主党政権にもないのでしょうか。

この本、大学生にぜひ読んで欲しいと思います。

それから、本書が面白いのは、ソ連という官僚国家を構成するエリートたちの人物像。
みな教条的なお堅い頭の持ち主ばかりと思いきや、全然そうではないんですね。
それぞれの出自や置かれた立場から、実にいろいろなことを考えています。

個人的には、着任した佐藤氏がモスクワ大学で知り合い、深く付き合うことになるラトビア人のイケメン青年、アレクサンドル・カザコフ氏(サーシャ)が印象に残りました。
バルト三国で有名な「人間の輪」を実現させてソ連を崩壊に導く役割の一端を担った彼は、ソ連崩壊後、あっさりと政治への夢を捨て、実業家に転進した挙句、佐藤氏にあろうことか金の無心に訪れます。
にべなく断ったことを後悔する佐藤氏。
その後、サーシャがどうなったのか、知りたい読者も少なくないと思います。
いずれ、続編で知らせていただければうれしいですね。

新潮文庫 本体781円+税
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。