スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発が停止しても停電は起きない……か?

原発問題で一躍,時の人となった広瀬隆氏の「二酸化炭素温暖化説の崩壊」を読みました。

31ZFfqhtJtL__SS400__convert_20110330210724.jpg

結論から言えば。。。
二酸化炭素は地球温暖化と何の関係もない(えっ?)
そもそも,地球が温暖化しているのかすら,疑わしい(ええっ?)
地球はむしろ,寒冷化しているのである(えええっ?)
気候変動は太古の昔から繰り返されてきた。
温暖化なるものは,その中のごくごく一部だけを取り出して騒いでいるだけである。
そもそも,地球規模の気候変動は複雑怪奇であって,太陽の黒点との関係などいろいろな学説はあるものの,物理学的にクリアには説明できていない。ひとつだけ明らかなことは,繰り返しになるが,

二酸化炭素は温暖化には何の影響も及ぼしていない

明けても暮れても温暖化,二酸化炭素という言葉を聞かない日はない昨今の日本人。
広瀬さんは,お経のようにそれらを唱える彼らを「地球温暖化教に洗脳された」お馬鹿な人々と一刀両断にします。哀れな子羊,というわけですね。

読者にもちっとはプライドがある。そこまでけなされると,誰でも「何を」という気になるだろう。
それで初めて,自分で本気になって調べてみよう,という気になる。
そうでなければ,有名大学の立派な先生が嘘なんて言うはずがない,と心の底から信じきっているわけだし。
でもって,本書を紐解くと,前半部分はこの「地球温暖化教」の虚妄を暴くデータが,これでもかとばかりに出てくるわけです。

そのひとつ,20世紀から地球の温度は急激に上昇を開始したという「説」を裏付けるデータがあります。が,これは見事に捏造されたもので,「ホッケー・スティック」と揶揄されています。

hockeystick.jpg

ホッケーのスティックは棒の先端だけがキュッと曲がっていますね。そのキュッとまがったところが20世紀。棒の部分が20世紀より前。
捏造というと言葉が悪いかもだけど,データをどのように「解釈」するかで,このようなグラフも出来てしまう。正しくはないけど,絶対的に間違いともいえない,ビミョーな領域です。

答えはひとつしかないはずのサイエンスの世界で,これだけオセロみたいに白黒が極端に分かれるというのは,珍しいのではないでしょうか。データ自体の信頼性に問題があるのか,いろいろに理論があってどれも一理あるとういうことなのか。

ただ,二酸化炭素だけに罪があるのではありません。そんなに単純なわけがない。これはどうやら間違いなさそうです。

「わたしたち生命の源であり,植物たちに光合成をさせてくれる二酸化炭素こそ,いいいい迷惑である。これでは冤罪ではないか」

冤罪というのは,得てして,①真犯人がどうしてもわからない場合,②真犯人がいるのはわかっているが,何らかの理由で彼をしょっ引くことができないので,代わりに誰かを人身御供にする場合,の2つのバターンがあると思います。二酸化炭素の場合,常識的に①だとは思いますが,②の線も捨て切れません。

要するに,誰かが意図的に,二酸化炭素を悪者に仕立て上げた,そうしなければならない事情があった,ということになります。まあ,あとは本書を読んでみてください。広瀬さんの主張が本当に正しいなら,世の中いったいどうなっとるんじゃい,と目の前の段ボールを蹴飛ばしたくなるでしょう。


さて,以上は前置きです。

お題の「原発が停止しても停電は起きないか」という問題です。

広瀬さんに言わせれば,

原発が停止しても停電は起きない

原発はフル稼働しているのに,火力の設備稼働率は半分程度,水力に至っては20%を下回っています。また,今までの数十年間で,電力の最大需要が火力+水力の発電能力を超えたことはありません。

つまり,机上の理屈で言えば,原発がなくても停電はしないということになります。
実際には,いろいろな要因が絡んでくるのでしょうが、要は火力の設備稼働率を100%近くまで上げればいいわけです。最低限,原発がなければ日本の電力供給はやっていけない,ということではないわけです。

じゃあ,なぜ原発なのか。火力の設備が半分遊んでいるのに、どうして原発の稼働率を上げようと躍起になるのか。めちゃくちゃ不思議ですね。

今回の計画停電で,いろいろな人がいろいろ言ってますけれど,誰がどう考えてもやっぱり不条理だ。
東京電力が停電リスクを以前から本気で考えていたのなら,今回のようなお粗末な計画停電にはならないはずである。これも「想定外」で,マニュアルがなかったのでしょうか。
確か,大都市ニューヨークで2003年頃に大規模な停電がありましたね。いいお手本になったはずです。

つまり,本当は計画停電しなくても何とかなるんだろうと思う。
事実,停電しますと言って実際には停電しなかったことが何度もある。

じゃあ,もし停電しなかったら,一体どうなっていたか。。。

原発が止まっても停電しないのなら,原発はなくてもいいじゃないか

という話が世に蔓延しますね。
原子力推進派にとって,これは大変なことです。
原発には毎年5000億円近い予算がついています。大きな利権が背後にあります。

原発が停止したら,停電が起きて皆さんの生活が不便になりますよ。
夏は暑いのを,冬は寒いのを我慢しなきゃならないですよ。
電車が間引かれて通勤が大変になりますよ。
工場も電気が止まれば生産に支障をきたし,経済に影響が出ますよ。
それでもあなたは原発をやめろ,とおっしゃるのですか
(by 電力会社)

石油や石炭火力は二酸化炭素を出すから悪者扱いされるけど,冒頭のように,二酸化炭素は温暖化には何の関係もないのだから,むしろ火力発電は推奨すべき。他にも天然ガスだってあるでしょう。
石油も石炭も天然ガスも,地球が太古の昔から作り上げてきた自然の材料です。
地球にはこれらを形成する能力があるわけですね。枯渇する云々というのは,人類が使う量が急激に増えただけです。国際石油資本(メジャー)などが原油価格を維持するために脅しをかけているだけで、実際には数百年はもつみたいです。むしろ,自然界には存在しない「核」なるものに依存するほうが,どんなにリスキーなことか。

原発で作った電気で充電しなければ走れない電気自動車より,燃料電池車のほうがよっぽどクリーンです。家庭には既に燃料電池が普及し始めています。原発に流す5000億円を燃料電池に回せばいいのに。。。

というわけで,普通に考えれば,原発はいらない。贅沢な暮らしをやめて,地球の恵みである石炭,石油,天然ガスを,知恵を出しながら上手に使っていけばよい,というのが,広瀬さんの結論です。いたってシンプルだけど,説得力に満ちていますね。

どうやら、巷でよく耳にする

原発=二酸化炭素を出さないクリーンエネルギー

というセリフは、地球温暖化教と原発推進派がタッグを組んで仕組んだ策略のようです(悲)。

そして。
かの鳩山由紀夫センセイの選挙区にあるN製鋼所は、原子炉格納容器の生産量では世界シェアでトップなんだとか。なんかイミシンではありますね。

最後に,一般人にはあまり知られていないと思われるのですが,原発というと放射能ばかりが指摘されますが,環境影響という点では,火力の数倍という莫大な排熱を出す。火力なら都心に近いからコジェネなどで有効利用できるけど、地方に立地している原発は、排熱を海に流すしかない。したがって,原発近辺の海水の温度が上昇し,生物が死滅し,生態系が変わってしまう,のだそうです。原発の影響は放射能だけではない,ということは知ってたほうがいいかもですね。

長くなりました。おわり。

集英社新書 本体700円 2010年7月刊

スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

被爆国アメリカ

「原発ジプシー」に続き,またも学生時代に読んだ古い本の紹介です。
押入の奥にそっと眠っていたのを,無理やり起こしてしまいました(笑)。
原題は「Killing Our Own」。
昭和58年に早川書房から刊行された日本語版の邦題は「被爆国アメリカ」。
原題よりもインパクトがありますね。

killingourown.jpg

今になって読み返すとは正直,思っていなかったのですが,捨てないでよかったと思いました。
福島第一原発の重大事故を見ていると,その原点やルーツがどこにあったか,そしてそれがどのように変遷して福島第一の事故につながっているか,よくわかります。

本書はアメリカ人の被爆の実態と,それをことごとく隠蔽しようとする政府や御用学者,原子力推進派の実態を,あますところなく暴いています。徹底して科学的に,被爆の実態を実証しようとしています。
原発反対という政治的なプロパガンダだけで書かれたものではないと思います。
だから,説得力があるんですね。

最初は,ヒロシマ・ナガサキで被爆した米兵の話から始まります。
原爆が落とされた直後,焼け野原となった爆心地に,若き米兵が送り込まれました。
原爆投下後の「後片付け」を命じられたという彼らは,爆心地で寝泊りし.放射線を含んだ貯水槽の水を飲み,数週間の滞在の後,帰国します。彼らは原爆については何も知らされず,現地に入って初めて,これは普通の爆弾とは違うということに気づいたくらいです。
彼らの苦しみは,帰国の船旅の途中から始まりました。髪がバサッと抜け始め,原因不明の痛みが続き,帰国後はやがて多発性骨髄腫などを発症し,仕事もできなくなり,医者からは原因不明の病気といわれ続け,地獄のような苦しみを味わうことになります。

しかし,彼らに補償をすべき「復員軍人局」は,元軍人がいくら被害を訴えても,放射能との因果関係を一切認めようとしませんでした。政府・御用学者・医者・原子力関係者がタッグを組み,事実のもみ消しに躍起になっていたのです。

元米兵のコッポラさんは,のちに日本を訪れ,自分たちも被爆者なんだと講演したそうです。

米国政府は当時、原爆は人口の少ない地方で投下すべきという方針だったのですが、「原爆の影響力を科学的に検証するため、人口が比較的多く、空爆の影響を受けていない中規模の都市に投下するのが望ましい」ということで、いくつかの候補の中から広島・長崎が選ばれた。
この手の話はNHKなどの番組でも耳にしたことがありますね。

わからないのは、米軍がなぜ、若き同胞を原爆投下直後の爆心地に送り込んだのか、ということです。彼らが爆心地で、それほど重要な任務に携わったとは、本書を読む限り、伝わってきません。それどころか、帰国早々に除隊させています。元兵士の言葉を借りれば「厄介払い」にされたということですね。原爆の影響力を調べるのであれば研究者が現地入りすればいいわけで、放射能を何も知らない兵士たちはモルモットにされたとしか思えません。恐ろしい話です。

もっとも,当時の米国は放射能の真の恐ろしさをまだわかっていなかったみたいです。 1944年に世界最初の原爆を開発したマンハッタン・プロジェクトに関ったJ・ロバート・オッペンハイマー博士は,「強い放射性のナトリウム24溶液を飲み,驚く大学院生を前に,ガイガーカウンターに自分の手をかざして,針が振り切ってしまうのを見せた」という話とか、原爆開発に従事していたロス・アラモス研究所で臨界事故が起きて研究員が丸焦げになった話とか、とにかく放射能の危険性については無頓着だったらしい。
だからこそ,ヒロシマ・ナガサキの「実験」が必要だった,のでしょうか。

その後,1946年のビキニ環礁をはじめ,数々の核実験を実施します。そのたびに,さまざまな環境影響を訴える住民と,放射能との因果関係を徹底的に否定する政府・御用学者・原子力推進派という構図が,これでもかと続きます。
本書を紹介した新聞が,本書を「放射能災害のカタログ」と称していますが,そういう意味では貴重な資料だと思います。図書館で探して読んでみてください。


そして,本書の最後はスリーマイルアイランド(TMI)原発の事故の話でしめくくられます。

1960年代半ばにメトロポリタン・エジソン電力会社が,フィラデルフィアの西方約200マイルのスリーマイル島に建設を決定し,1974年には運転準備が整いました。このスリーマイル原発は,事故ばかりが紹介されていますが,事故を起こす前から周辺に大きな影響を与えていたことが書かれています。放射能の影響はたいてい,動植物から始まります。猫の死産や奇形,生まれつき目が見えず骨が異常に柔らかい牛,卵を抱かないガチョウ,脳や肝臓に腫瘍のある牛,などなど。
当時,米国のあちこちの原発で,利益重視に起因する不適切な管理やいい加減な施工による事故が頻発していたにもかかわらず,御用学者たちの擁護もあってもみ消されていました。それが,1979年のスリーマイル原発の事故で一気に表面化することになります。

このスリーマイルの事故は,給水ポンプが故障してコントロール室の警報ランプが点灯したが,運転員が判断を誤った結果,炉心部から水がなくなり,温度も圧力も上昇し始めた。圧力を逃がす弁が開いたまま閉まらず,放射能を帯びた水が原子炉格納建屋の床にどっとあふれた。緊急炉心冷却系が作動したが,再び運転員が判断を誤り,冷却系を閉じてしまった。ポンプから放射能を含んだ水が噴出して建屋を水浸しにし,大量の蒸気が噴出した。放射能が格納容器から漏れ,放射能を含んだ水が近くの川に流れ込んだ。炉心に大量の水素の泡が発生して爆発の危険に晒され,「測り知れない量の放射線量」がペンシルベニア州中部に流れ出ていった,というものです。

今回の福島第一と,人災と天災の差はあれ,似た部分がありますね。


結局,スリーマイル原発の事故でも,政府や電力会社,原子力推進派は,漏れた放射能の量を極力少なくしようと「工作」しました。この原発には,放射能の漏れを測定する装置が4段階で設けられていたにもかかわらず,本当のところ,一体どれだけの放射能が流出したのか,明らかにされていないそうです。

そして,事故前からすでに発生していた周辺地域での動植物への影響は,事故による放射能流出でさらに悪化し,そして人間においても乳児の死亡率が明らかに上がっているにもかかわらず,一方で,統計的な詭弁を駆使して,放射能の影響を否定しようとする御用学者の存在。

福島第一は,スリーマイルのレベル5を超え,レベル6に指定されました。

この本を読んでしまうと,政府や電力会社の言うことは本当に正しいのか,疑わしくなってきます。当初から米国が福島第一の支援に熱心だったのは,背景に米国の原子力利権が絡んでいるから,というのは考えすぎかな。福島の原発がにっちもさっちもいかなくなって,国内の反原発の動きに火がつくのを恐れ,早期に沈静化させたいという思いは,間違いなくあるでしょう。


通読して,いろいろ感じたことはありますが。

日本は「唯一の被爆国」ではないということ。
仮に「唯一の被爆国」を自称するならば,核の恐ろしさを世界で唯一知る国であるならば,「核」の平和利用にもっと真剣に取り組むべきではなかったか。「世界で唯一の被爆国が平和利用のために原発を持つ」というわかりづらいロジックに説得力を与えるために,やらなければいけないことはいろいろあったのではないか。。。

福島第一では燃料棒が破損して,放射能が漏れ出しています。
スリーマイルの教訓は,データを隠蔽,改ざんしないということです。
正しいデータを出せば,それに応じた対策をすればよいと思います。

本書を読む限り,たいていの被爆は「知らないうちに」被爆しています。
事前に知っていれば,ある程度までなら,防御ができる。

いずれにしても,「被爆を二度も経験した世界でも例のない国」になってしまわないよう,何とか早く収まってほしいものです。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

原発ジプシー

-原発ではホームレスのような人たちがぼろ雑巾のようにこき使われている-
この手の話は,以前から巷で噂されていたと思います。
もちろん,電力会社がそんな真実を明らかにするはずもなく…。
それなら,自らが原発労働者となって実態をあぶりだそう,という趣旨で書かれた本です。

genpatsu01_convert_20110321154234.jpg

著者はフリーライターの堀江邦夫さん。
「1960年代前半に生まれた私が学生時代に古本で買った本」だから,相当に古い本です。
初版は1979年!
よくぞ,我が家の片隅で眠っていたものですね。

今回の福島第一原発の騒ぎで,もう一度,探し出して読みたくなったというわけです。

genpatsu02_convert_20110321154410.jpg

裏表紙には,日立プラント建設の入構許可証が印刷されています。
「なんだ,立派な会社の社員のご身分じゃないか」なんて,ゆめ思ってはいけません。元請-下請-孫請という典型的な重層構造の最底辺に,原発労働者たちは置かれているのですから。

その仕事たるや,放射線の危険と隣りあわせで,重く息苦しい放射線防護服に身を包み,「死の灰」と戦いながら,狭い配管やら炉の中を汗だくになって這い回る,とてつもなく過酷な労働だということがひしひしと伝わってきます。

堀江さんは,原発に賛成とも反対とも言っていません。個人的な感想さえも,ほとんど書かれていません。
原発に反対するためではなく,ただ,原発の内部の真実を明らかにするために,この本を書いたのだと思います。日記形式で,ひたすら,その日の作業内容を克明に,正確に書き記しています。
映像で見ているかのように,非常にリアルです。

テレビに出る専門家や評論家がいかに安全だと繰り返しても,実際には安全ではないのです。
というか,彼らのおっしゃる安全とは,「放射能が原子炉建屋の外に出ることはない」という意味で,「そのために戦う人たちの安全」は考慮していない,のかもしれません。  

これでは,まさに「棄民」です。
原発から原発へとジプシーのように渡り歩き,被爆し,ガンを発症し,「棄民」される。

命の危険を冒してまで原発で働かなくても,もっとまともな仕事があるじゃないか…。
世間一般には,そう思うことでしょう。
つまり,原発労働は「まともじゃない仕事」なのです。
果たして,本書においても,西成や釜が崎から連れてこられた労働者の方たちが何人か登場します。その筋の方たちが関っているという噂もありますね。

つまり,原発はそれだけ危険だということです。原発は,その理論や技術がいかにご立派なものであっても,メンテナンスを欠かすことができません。このメンテナンス作業は,被爆と隣り合わせの危険な作業なわけです。


報道によると。
大地震が発生して数日後,福島第一がいよいよヤバくなり,東電は菅首相に「東電社員の全員撤退」を打診した。それを聞いた首相は東電本社に乗り込み,会議室の外にも聞こえるような大声で,東電の幹部たちを怒鳴りつけたそうです。首相が怒鳴らなければ,東電は撤退を決め込んでいた。。。恐ろしいことです。手が付けられなくなった原発をどうするつもりだったのでしょうか。あとは自衛隊がやってくれると思っていたのでしょうか。

福島原発の実況中継で,偉い人たちが「自衛隊や東京消防庁や東電職員の方たちが,日本のために最前線で命を張ってがんばってくれている」と言っています。それはもちろん事実です。その努力には,本当に頭が下がります。
ですが,忘れてはいけないのは,こういう有事だから命を張っているのではなく,

平時であっても命を張る人々によって原発の安全は保たれる

ということです。

フリーライターがこれだけ決死の取材をしなければ,原発の真実は明らかにはされないのでしょうか。
数日前,ヨーロッパに帰った知人いわく,「日本政府も東電も,本当のことを言ったら国民が大パニックになるから,決して本当のことは言っていない。海外ではみんな,そう思っているよ」

堀江さんが勤めた原発は,福井の美浜,福島第一,そして敦賀です。
あの福島第一にも,作業員として勤めたわけです。

今頃,どんな思いでもこの未曾有の災害を見つめておられることでしょう。


正直,原発はもう無理ですね。。。
制御の利かなくなった怪物のようなもの。
新規着工をやめ,今稼動しているやつをごまかしながら,将来に向けてソフトランディングさせていく以外に方法がなさそうです。

原子力の詳しいことは何もわかりませんが,ひとつ言える事は,今回の震災で,たとえ日本が復興したとしても,震災前の日本に元どおりに復興することはない,ということでしょう。

電気の供給量は限られている。
本来,当たり前のことだったのかもしれません。
供給可能なエネルギーの範囲内で何とかマネジメントするというのが,これからの日本。
そういう意味で,計画停電は,今後,恒常化するのではないかと思います。

掛け声だけじゃない,C02だけじゃない,本当のエコに踏み出さなきゃいけなくなった。
そして,それはドラスティックな変化を私たちに強いるものになるでしょう。

なんだか気が重い。。。 

危険な作業の内容については,下記を参照ください。

続きを読む

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

千葉県でも。。。

東北太平洋沖地震は,関東地方でも被害を及ぼしています。
中でも,茨城県とわが千葉県は,立派な「被災地」なのです。
そのひとつが,こちらです。
津波被害以外は,ほとんど報道していただけないのですが。。。

seibundo_convert_20110320152434.jpg

千葉の水郷,佐原の風景です。

川越,栃木と並び,江戸の風景が残る街として有名です。

それが,今回の地震で,変わり果ててしまったようです。

yuukanfujisawara.jpg
(写真:夕刊フジ)

「正文堂書店」という本屋さんです。
2006年にたずねたときは,商品の本はあまり置いてなくて,建物を見せるために店を開いているといった感じでした。土蔵ですからどっしり感じがあって,実際,窓が少なく壁が厚い分だけ,少々の地震では崩れない構造に見えました。
写真を見る限り,瓦はほとんどくずれ落ちていますが,構造はもちこたえているよう見えます。
瓦を葺き直せば,元の姿に戻すことはできそうです。
佐原のシンボルのような建物でしたから,市や県が補助金を出すとよいと思います。

ちなみに,ソースは,夕刊フジの記事です。

夕刊フジが珍しくいい記事を書いているなあと思ったら,記者さんのご出身地とのことでした。
そうでしたか。

佐原の市内はあちこちで電柱が傾き,道路が陥没し,断水しているとのこと。
典型的な液状化現象です。
千葉県では,浦安や幕張で,クルマが砂に半分埋まり,マンホールが突出している写真が新聞やネットに出ていました。
海沿いの地域はもとより,内陸のほうでも河川沿いの地盤の弱いところで発生しています。
わたしの住む千葉県北西部のA市内でも発生しました。
電柱が倒れる寸前まで傾いて,波打つ道路の間にマンホールがにょきっと出っ張っています。

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

大船渡でのワンショット

P1010003_convert_20110320095908.jpg

東北地方の太平洋側をツーリングしたことがあります。
2006年夏のことでした。

千葉から東北縦貫道を北上し,一関で下りて国道284号線で気仙沼に出ました。
そして,国道45号線で海沿いに北上し,陸前高田,大船渡を通り,釜石に出ました。
釜石からは内陸部に入り,遠野,北上,水沢を経て帰京しました。

ハンドルを握りながら目に飛び込んでくる海岸線の風景は美しく,とても印象に残っています。
いつも,旅先では写真を撮りまくるのですが,そのときは不思議と,写真を撮りませんでした。

唯一,カメラに収めたのが,この写真です。

大船渡市を縦断する国道45号線沿いに建っていた立派な民家です。
北海道の鰊御殿のような,どっしりとした佇まいでした。
確か,大船渡駅から盛駅に向かう途中だったように記憶しています。

あの日は,大船渡の宿に泊まりました。
駅前の観光案内で紹介された,「海風苑」という旅館です。
ごじんまりした旅館でした。
港からほど近いところでしたから,今頃どうなっておられるのか。。。
気になります。

その日の晩は,「活魚すごう」というお店で,刺身定食をいただきました。
とってもおいしかったです。
鉄筋コンクリートか鉄骨の建物でしたから,建物は残っているとは思いますが。。。

この写真の民家も,国道45号線があのような状態では,今は残っていないのかもしれません。

かつて旅したところが自然の猛威によってズタズタにされる。。。
やるせない気持ちになります。

気仙沼も陸前高田も釜石も,国道に沿って走っただけですが,せめてもっと写真を撮っておくべきだったなと悔やまれます。かつてこんなに味わい深い街があったという記憶を,後世の人たちは写真でしかしることができないのだし。

旅のときに,現地でいただいたパンフレット類を大切に保管しています。
当時の資料箱には,大船渡市が編集した「遊びカタタログ大船渡」,「椿の里 大船渡」,陸前高田市観光協会が編集した「陸前高田観光案内」,海風苑のパンフレットなどが残っていました。
それらを見ていると,災害が起きたことがいまだに夢じゃないかと思えたりします。

被災地の皆さんに「がんばって」というのは簡単だけど,
正直,海岸沿いの地域は復興は難しいのではないでしょうか。

鉄筋コンクリート造の中層建物で海岸沿いを固めていくしかありません。

自然の猛威の前に,人間はあまりに無力。
それ以外は何も考えられないです。


気仙大工についての追記


続きを読む

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。