スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレジャーガーデン館林 ローズガーデンフェスタ

image2967.jpg

群馬県館林市にあるトレジャーガーデン(旧 野鳥の森自然公園)に行ってきました。
「ローズガーデンフェスタ~幸せを呼ぶバラの楽園」を開催中で、文字通りバラを堪能できました。

やはり、バラは特別な植物、なのかもしれません。
いや、たぶんそうなのでしょう。
マクロレンズで撮りまくってきました。

梅雨入りが近づいていますので、ぼちぼち見納めかもしれませんね。

image2975.jpg

image2977.jpg

image2981.jpg

image3006.jpg

image3009.jpg

image3010.jpg

image3016.jpg

image3019.jpg

image3024.jpg

image3032.jpg

image3041.jpg

image3045.jpg

image3046.jpg

image3047.jpg

image3066.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

「ご神木」が狙われる



今朝、風呂からあがったら、NHKで「狙われる『ご神木』」という番組をやっていた。
思わず見た。そして、とにかく驚いた。

四国の各地で、樹齢数百年の御神木が不自然な枯れ方をしている例が増えているという。
周囲の木々は青々としているのに、そのご神木だけが枯れている。
何ともミステリアスな事件?である。

樹木医が調べたところ、枯れた木には、ある共通点があった。
それは、直径1センチ未満の不可思議な穴が数か所、樹木の根元を一周するように開けられていたのである。

この穴はいったい?

研究機関が調べた結果、薬液注入のために開けられていたことがわかった。

穴の深さは約4~6cmくらい。
この深さから、犯人の意図が揉みとれるという。
樹木の表面には、根が吸い上げた水分を全体にいきわたらせる、動物で言うところの血管のような組織がある。
穴から除草剤を注入すれば、除草剤が全体に広がり、上部の枝葉は次第に立ち枯れてしまう。
しかし、樹木の内部に対しては、薬剤の直接的な影響はない。
立ち枯れてはいるけれど、「立木」としての価値に影響はないってことである。
しかも、薬液が中に溜まりやすくするよう、穴は下向きに開けられていた。

いったい誰が、こんなことをするのか?

現在、全国各地で、ヒノキの大木は極端な品薄になっている。樹齢数百年という大木は、探してもなかなか見つからないという。それで、ヒノキの大木は値段がつり上げられ、一本1,000万円とか2,000万円とかのヒノキもあるんだとか。まるで、マグロみたいな世界である。

何に使うのかと言えば、文化財など神社仏閣の修理である。

文化財保護法は、神社仏閣が建立された当時とできる限り同じ材質、同じ樹齢の材で修理するよう、義務づけている。バックにお上が控えている以上、金はいくらでも出る。

それで、悪徳業者が、最後に残された聖域である『ご神木』に目を付けた、ということだ。

立ち枯れが明らかになると、謎の人物が所有者のもとを訪ね、手数料はこちらで負担しますから、山林を売りませんか、などと言い残していったそうだ。こうなると、ますます怪しい。

カネ目的で、意図的に枯らせたのはもう間違いない。
罰当たりなことは承知だったのだろうか。
それとも、発注者から調達を命じられ、背に腹は代えられない状況だったのか。

しかも、である。
薬液注入で枯らす手口は、今に始まったことではない、という。
薬液注入で枯らした木を安値で買い叩き、それを高値で転売する業者もいるのだとか。
枯らされた木であることを知らずに高値で購入した業者は、怒っていた。そりゃそうだろう。
つまり、組織的に行われている可能性が高い、ということである。


グーグルで探してみたら、1年くらい前から、こうした事件が四国など各地で起きていることを知った。

日本の深い静かな、神々の宿る神聖な森で、こんな闇のような世界が広がっていたとは。。。

驚きを隠せない。

こうなると、業者の取締りを強化する、という問題ではないような気がする。
所有者が自分で守ろうとしない限り、森は荒らされていく。
中国資本が、北海道の美しい水源地の森林を購入しているという話も聞く。

大きく考えれば、誰が森を守るのか、という問題に行き着くのではないだろうか。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

大津波とリアスホール

rias01.jpg

昨年、東北を旅していた時のこと。

国道45号線で大船渡市内を南に向かって走っていたら、突如、進行方向右側に、コンクリートの塊のような大きな建築が見えてきた。
開口部が少なく、まるでお城みたいな、要塞のような建築物だ。

現代建築にはあまり興味がないので、そのまま通り過ぎたが、後で調べてみたら、新井千秋さんが設計された大船渡市民文化会館・図書館「リアスホール」であることがわかった。

新井千秋さんは建築家として、特に公共建築での実績が豊富な方だけれど、その割に、あまり一般に名を知られた方ではないようにと思う。

新井さんが教えている東京都市大学(旧武蔵工業大学)によると、この建築は、2009年度の日本建築家協会(JIA)日本建築大賞を受賞している。
この年は、戸尾任宏、若林亮、北山恒、山本理顕、仙田満といった名だたるお歴々をおさえての受賞だそうで、たいそう価値ある作品ということだろう。
写真は、東京都市大学のサイトからお借りしたものである。

印象深かったのは、「地元市民の声を反映させるため、約80回のワークショップを開いて意見を出し合いながら設計が進められて来た」こと。

この種の現代建築は、建築家の斬新な提案に、市民の理解が追いつかないという場面も少なくないだろう。
「建築の建てられていくプロセスが持つ「構築する力」で、市民の意識を参加から参画へと変容させることに成功した」ことも、受賞理由のひとつのようだ。

実際、この建築、かなり奇抜な、不思議なデザインであることは否めない。
長引く不況の中、大船渡市の財政事情は、決していいものではないだろう。ハコモノ行政への批判が高まる中、市民の貴重な血税を注ぎ込んで建てる建築である。

地元の方々が80回にも及ぶワークショップに参加した結果、このデザインが導かれたのだから、新井さんのプレゼン力、地元住民の方々との調整力もさることながら、大船渡の人々はさぞ進歩的というか、新しい文化、現状からの変化を受け入れる気質に富んだ人々なのではないか、と勝手に推測してしまう。

rias02.jpg

その後、あの大震災が起きた。

リアスホールがあるあたりは、大津波の被害を受けていない。
津波被害を目の当たりにした後、この建築に向き合うと、このどっしりとした安定感、大地に根ざした一体感に、ふと安心感を覚えるのは、自分だけではないだろう。

仮にこの建築が海岸のそばに建築され、大津波に襲われていたとしても、恐らくびくともしなかったに違いない。あの悪夢のような大津波の中で、しっかりと中にいる人たちを守り、「要塞」としての役割を果たしたのではないかと思う。
やはり鉄筋コンクリートの塊は強い。
鉄骨造の防災庁舎が、骨組だけを残して無残に流されてしまったのと対照的である。
今にして思うと、大津波が来襲するのを見越したうえで、あのようなデザインになったのではないか、と思ってしまうのだ。

設計者の新井さんが、そして住民の方々が、設計のプロセスで、どこまで東北の大津波を意識されていたのかはわからない。ワークショップの記録を読んだわけでもないので。

でも、震災が起きる前に、このリアスホールがデザインされ、住民に受け入れられ、立派な賞も受賞していたということは、震災の記憶をそこに宿し、灯し続けていく、何か象徴的な意味合いが感じられてならないのである。

もちろん、すべての建築物をリアスホールのようにデザインできるわけじゃないけれど。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。