スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠なる昭和の風景



1963年当時の東京の日常風景を記録したフィルムをyoutubeで見つけました。

1963年と言えば、私が1歳のときの風景です。
思わず引き込まれるように見ました。

当時、カラーフィルムはまだ珍しかったはずです。
実家のアルバムに残されている写真も、当時はモノクロばかり。
父が祖父から譲ってもらった二眼レフのハッセルブラッドで撮った大判の写真。
当時若かった両親や親戚の人たちが、生き生きと映っています。

カラーが出てきたのは、小学校にあがったあと。
しかも、今ほど美しい画質ではなく、大きさも小さくて。

もちろん、赤ん坊のころの記憶は何も残っていないけれど、印象に残っているのは、やはりあの大判写真。
色彩という要素を捨てているのに、あのダイナミックな質感はなんだろう。
モノクロ写真には、カラー写真にはない不可思議な魔力がある、としか言いようがないですね。

でも、まあ、それはそれ。

この動画を見ると、やはり、カラーでなければ感じられない部分がある。

それは、モノクロゆえに、過剰にイマジネーションが働いてしまう部分を修正してくれること。

今の若い人はわからないけど、ぼくたちの年代は、過去の記憶がモノクローム的に存在している。
それは、当時の写真がモノクロームだったことと無縁ではない。
過去の記憶はどんどん薄れていくけど、薄れてはいっても、骨格として残る部分はある。
ディテールの部分が次第にぼやけてはいくけど、全体の構成は崩れない。
印象に残る記憶とは、そういうもの。
逆に、色彩という要素を捨て去ることで、記憶の骨格がより強化されるのかもしれない。

だから、過去の情景を思い起こすとき、記憶の中で骨格に色を付けてディテールを再現していく。
それがイマジネーションというわけで。

要するに、モノクロ写真は、見る側がイマジネーションを掻き立てることを前提としている。
イマジネーションをあまりに駆使してしまうと、本来とは違った、過剰な情景をつくりだしてしまうリスクもある。

だけど、この動画を見ると、
「なんだ、意外に普通だったんだな」
と、妙に納得させられる部分もある。

昭和の時代の、ごく普通の家族の日常生活。

なぜか、ほっとする。

それにしても。
敗戦からまだ20年もたっていないのに、これだけの社会を築いていた日本人。
すごすぎます。
彼らの後輩の一人として、純粋に、彼らを尊敬します。

これから何があろうと、この国は大丈夫さ、きっと。
スポンサーサイト

サラリーマンの聖地?

shinbashi.jpg


数週間前のこと。

JR新橋駅で野宿をした。

新橋と聞けば、だいたい見当がつくであろう。そう、お酒を飲んでいて、終電が行ってしまったのであった。

その日は、夕方の6時前から飲み始め、気が付いたら11時を過ぎていた。
あ、もう帰らなきゃと思いつつ、なかなか話が途切れず、ぐだぐだしているうちに、時すでに遅く、高崎線の終電には間に合わないことが判明。

一緒に飲んでた同僚は、「んじゃ、また明日ね~」とばかり、改札口にスタスタ。

一人、SL広場にたたずみ、「まいったなー」と立ち尽くす。

缶コーヒーのBOSSでも飲もうと思ったら、財布がないことに気付いた。

ちょうど運が悪いことに、その日に限って、財布を会社に置き忘れていた、のであった。
飲み屋では一緒に飲んでた奴がまとめて払ったから、財布を忘れたことを気が付かなかったのである。

そもそも、なぜ財布を会社に忘れたかというと、この時期は上着を着たり着なかったりするわけで。
上着を着ないとき、財布はカバンに入れているため、日によって財布の位置が上着と鞄に分かれることになる。
てっきり、鞄に入っているとばかり思っていた財布が、実は会社の机の引き出しに入れたままだった。。。

ま、いまさら仕方がない。

泊まろうにも泊まる金もないわけだし。
24時間マックにいることもできないじゃん。

歩いて会社にも帰ってみたが、その日に限って、窓の明かりはすべて消えていた。
管理人でもいれば、たたき起こして、中に入れてもらうのだが、SECOMじゃあたたき起こすわけにもいかない。
第一、セキュリティカードは財布の中なわけだし。

とぼとぼとSL広場に戻ってきた。

しかも、その日は雨が降っていた。

なんて不運なんだろう、という思いが込み上げてきたさ。

その頃には、野宿するという決意を固めていて、どこで一晩を過ごすか、考え始めていた。

天気が良ければ、日比谷公園のベンチで過ごす手もあっただろう。
しかし、今夜は思いっきり雨である。

雨の日、都会の真ん中で野宿をすることは、かなり厳しいことに次第に気づき始めた。

さて、どうしたものか。
SL広場の真ん中で、傘をさして立ち尽くす。

気が付けば、山手線と京浜東北線の終電も去り、広場にはワイシャツ姿の兄さんが20人くらい、キャバクラの客引きに余念がない。
それから、片言の日本語を話す中国人のお姉さんたちが、「お兄さん、マッサージどう?」と絡みついてくる。

駅はシャッターを閉め、ホームの照明を落とした。

昼間の新橋駅とは全く違う風景が、そこには広がっていた。

そして、私と同じく、鞄を片手に途方に暮れて呆然と立ち尽くすサラリーマンが、あちこちに。

仕方なく、烏森口に回り、地下道に下る階段に腰を下ろした。
もちろん、地下道のシャッターは閉まっている。
階段には、先客がいた。プロの浮浪者が2人、若い酔っ払いが1人、寝ている。
凹凸のある階段で、よく寝れるもんだなあ。

シャッターが閉まる寸前に、尻の下に敷くために旅行パンフレットを数枚、つかみとっておいた。
それでも、石の階段は固く、10分もすると痛くなってくる。

酔いもさめてしまい、眠気もないので、仕方なく、鞄に入っていた文芸春秋を読み始める。
浮浪者が寝ている横で、背広のサラリーマンが文芸春秋を読んでいるって構図も、我ながら、なんだかなーという感じ。

すぐ横には、まだ20代半ばくらいの若いサラリーマンが、ぐでんぐでんに泥酔し、意識もないような状態で、ポールにつかまり、かろうじて立っていた。
吐しゃ物でシャツを汚しており、ズボンも泥にまみれていた。
そのうち、ポールの根元で、座り込んでしまった。

パワハラでしこたま飲まされたか、彼女に振られたか、事情は知らないけど、なんだかすごい気になった。
イケメンで、サッカーの日本代表のウッチー(内田選手)に感じが似ていたな。

でも、財布がないんじゃ介抱しようにもしようがないし。
明日、まだ金曜日で会社があるのに、どうするつもりかよ。
かわいそうだけど、そのままスルーすることにした。

獲物を探す女たちが、一晩一緒にどう、○万でいいよ、などとしつこく声をかけてくるのを、じゃけんに振り払う。
だって、財布がないんだもんね。
財布があったら、どうなったか、わからないけどさ。

そうこうするうち、次第に冷え込んできた。
このままだと風邪をひきそうだ。

場所を変えようと思って、立ち上がった矢先、目の前に「新橋駅前地下駐車場」の看板の文字が目に入った。
そっか、地下駐車場なら24時間営業で、広いだろうし、雨も入ってこないよな。
さっそく行ってみると、かなり古いが、何とか一晩過ごせる場所ではありそうだ。

段ボールでもないか、物色しながら歩いていると、早速、警備員のおっさんに見とがめられた。
事情を説明したところ、「じゃあさ、この避難階段ならいてもいいよ。だけど、明日の朝4時にシャッターが開くから、そしたら出てってよ」ってことになり、避難階段で何とか過ごせることになった。

一応、空調も効いているし、人も通らないし。
ただ、工事をやってて、一晩中ギコギコいってて、なかなか寝られなかった。

それにしても、夜は長い。
時計見るたび、ああまだこんな時間かあと、絶望的な気分に襲われる。
会社が開くのは7時だから、約7時間を過ごすことになるわけだし。

やっぱり階段では寝れないね。

そうこうするうち、徹夜状態のまま、4時を過ぎ、シャッターが開いた。
駐車場の便所で顔を洗い、外に出た。
まだ雨が降っていた。

新橋駅は、まだ薄闇の中にあった。
駅前は死んだように人通りもなく、昼間の喧騒がうそのよう。
これから会社が開くまで、まだ3時間ある。
長いなあ。

昨晩、見かけたウッチーが気になったので、彼がいた場所に行ってみた。
そしたら、まだ、彼はそこにいた。
昨晩いたところから5mくらい離れた通路で、完全に仰向けになって爆睡状態だった。

あーあ。しょうがないなあ。

服は吐しゃ物と泥で汚れたまんま。
鞄は、数メートル離れた場所で転がっていた。
チャックは開けられていたし、財布は残ってないだろうな。

そのうち、駅のシャッターが開いた。
もうすぐ始発電車の時間だ。
すると、一体どこから湧いてきたのか、始発に乗る人たちが三々五々、駅に集まってきた。
徹夜で飲んだらしいサラリーマン、これから帰宅する水商売の女の人、築地に仕入れに行く板さん風、いろんな人がいる。

シャッターを開けた駅職員は、寝ているウッチーに気付いたが、ちらっと見ただけで、そのまま放置していた。
駅をぱらぱら行きかう人も、みな一様に、彼に視線を向ける。
中には、立ち止まって、覗き込むように、じーっとみている人もいる。
けど、誰も介抱しない。

ま、そんなもんだよね。
酒飲むのも自己責任なわけだし。

ウッチー、いつまで寝ているんだ、早く起きろと言いつつ、私もまた、彼らと同じく、素通りして去って行ったのだ。

その後、駅周辺を彷徨しながら、何とか7時になった。
会社に入り、引出しから財布を手にしたときは、なんだかほっとした気分だった。

すぐコンビニに行って着替えを買い、洗面所で頭を洗い、ひげをそり、男性用エイトフォーを吹きかけ、始業時間には何食わぬ顔で机に座っていたのであった。

翌日は、徹夜したとは思えないほど、仕事ははかどった。
しかし、土曜日から体調を崩し、風邪をひいて寝込んでしまったのであった。



新橋はサラリーマンの聖地と言われる。

でも、この日の晩に限っては、サラリーマンの墓場という言葉がぴったりだった。

それと、浮浪者の方たちの逞しい生命力にも、改めて気づかされたのであった。

テーマ : その他
ジャンル : その他

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。