スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興の狭間で~神戸・新長田まちづくりの教訓



NHKの特別番組「復興の狭間で~神戸・新長田まちづくりの教訓」を見ました。

正直、大ショックでした。
やっぱりな、という感じでした。

1995年の阪神・淡路大震災から10年目の2004年、仕事で神戸を訪れました。
三ノ宮などの繁華街は、震災があったことを一瞬忘れるくらい、復興していました。
でも、一歩裏通りにはいると、そこは表通りには見えない、復興の現状を垣間見せていました。
震災以来、放置されている土地が虫食い状に点在していたし。
中には、地表面に50cm近い段差が横切ったままになっている敷地もありました。
表向きは綺麗な立派なお店でも、横を覘くと実はプレハブの仮設店舗だったり。
複雑な思いでしたね。

市営地下鉄で長田にまで足を延ばすと、驚きました。
長田はかつて、ビニルシューズの一大産地だったはずでした。
その光景が大きく変わっています。
焼き尽くされた土地は整然と区画され、防災公園がきちんと配置されています。
都市不燃化のため、鉄筋コンクリートの集合住宅が次々と建てられています。
すべては都市計画の教科書通りです。
でも、まちづくりの主役であるはずの住民たちの姿が、見えません。
夕方の買い物時だというのに、人々はまばら。
街の活気が全然、感じられません。
まるで、ゴーストタウンのようでした。
一体、どうしてしまったのだろう。

あれから神戸を訪れたことはありません。
気にはなっていたのですが、今は知人もいないし、次第に意識の中で神戸という存在が遠のいていきました。

そんな時に見たのが、この特別番組です。

神戸市は、もともと震災前から、新長田を第二の新都心にするという都市計画案を検討していたという話。
新長田を第二の副都心にする、というのは、果たして住民の意思だったのでしょうか。
そして、震災の翌日には、再開発計画の立案のため、職員が図面をもって、被災地に出かけて行ったという話。
まだ町が燃えていて、人々が途方に暮れて道端に座り込んでいる時に、本当にそんなことをしてたのでしょうか。

さまざまな理由で再開発が遅れていた地域を、いわば震災を奇貨として、ブルドーザーで一気にならしてしまったような印象を受けます。
言葉はよくないけれど、体のいいスラムクリアランスにすぎなかったのではないのですか?
そんな疑念を思わず抱いてしまいかねません。

住民不在の復興計画は、結局こういうことになるのだということですね。
神戸株式会社が住民を置き去りにして暴走したツケは、結局、住民の皆さんが負わなければなりません。
おいしい思いをしたのは、政治家やデベロッパーやゼネコンだけ。
「ぼくたちは立派なハコを責任もって作ってあげるから、それを自由に使って、いい街をつくるのは、君たちの仕事だよ。
こんなに立派なハコを作ってあげたのに、上手に使いこなせないとは、君たちも知恵がないね~」
てなところでしょうか。
そして、こんなことになっても誰も責任を取らない、役所というシステム。

東北はこんな風になってはならないと思います。
日本はもう、土建国家じゃないのです。
肥大化したゼネコンを食わすために巨大なハコモノ事業を続けるのは、いい加減やめなければ。


オリンピックの東京開催が決まりました。
人々が浮かれ気分でいるうちに、住民不在の東京改造計画が秘かに進められることがないよう、切に望みます。
スポンサーサイト

熊谷市の竜巻被害の爪痕

kumagayasaijoh.jpg
写真:9月16日午後、朝日新聞・小川智氏撮影


日本各地で甚大な被害をもたらした台風18号。
京都の嵐山の浸水とか、信じられないような光景でした。
痛ましい花火大会の事故があったばかりの福知山も、追い打ちをかけるように、容赦ない洪水が町を襲いました。
そして、各地で発生した竜巻の被害。
私の住んでいる熊谷でも、かなりの被害が出ました。
被災から一週間たち、気になって現地の状況を確認してきました。

テレビ中継が入っていた、西城という集落です。
写真の住宅は被災当時の新聞写真ですが、今はもうがれきはほとんど片づけられ、被災した住宅の骨組みがあらわになっていました。特に、こちらの住宅の向かって右側の平屋部分、壁の内部がえぐられ、柱以外は何も残っていない状態でした。
驚いたのは、写真左手前の化粧ブロックです。かすかに映っているだけで、写真では状況がよくわからないのですが、上部の2段がひしゃげています。果たして、鉄筋で補強したブロック塀が突風でひしゃげるでしょうか。おそらく、何か固くて重いものがぶつかったのだろうと思いますが、地震以外でブロック塀がこんなになるなんて初めてでした。

集落のあちこちで、屋根の修理が行われていました。屋根や窓を覆うブルーシートがあちこちにみられます。
必要なら飛び込みでボランティアをしようと思っていましたが、がれきはかたづけられ、住民の皆さん、今は家の中の清掃をしているようでした。

さすがに、被災した皆様が片づけをされている横で、写真を撮るなんてことはできません。写真を撮るのを許可いただくにも気が引けるし、集落の中をそっと歩いただけで出てきました。

思ったのは、被害がとても狭い範囲で起きているということです。
幅100メートルもないのではないでしょうか。
甚大な被害を受けた住宅のお隣が、まったくなんともなかったり。

どこで起きるか、これはもうまったく運と偶然でしかないですね。
地震のように万遍なく発生するものではなく、あくまで局所的に、限定的に発生するんだな。
そのことを実感しました。
ゆえに、被災された方の「被災感情」は半端ないと思います。
なぜ、うちが?という思いは消えないはずです。
不公平感がありすぎです。

今後、地球温暖化の影響で、竜巻はどこで起きてもおかしくない、とも言われています。
今まで、建築の設計で、竜巻なんて考えたこともなかったわけです。
それを、これからはきちんと考慮しろ、と言われても無茶というものです。保険でカバーするしか、ないのかな。

ただ、建築的に多少の対処はしなきゃいけないように思います。

まず、雨戸です。
最近は、サッシの防水性が格段に良くなったので、雨戸は防犯が第一目的となり、2階には付けないことが多いけれど、やはり2階にも雨戸は必要ですね。
雨戸がないと、窓から入った突風が屋根を中から吹き飛ばしてしまいます。ガラスが粉々に割れて大怪我をしますし。

それと、屋根材の固定の方法を考えなければ。
特に屋根瓦は重いので、飛ばされてしまうと周囲に与える被害がより大きくなります。
瓦の形状や固定方法を見直し、飛ばされにくくする工夫をしなければいけませんね。

あとは、軒の問題。
もともと日本家屋は軒が深いのが伝統だけれど、最近の今風住宅は軒を浅くする傾向がありますね。
昔はいまほど竜巻がなかったのだろうけれど、竜巻対策を考えたら、むしろ軒は浅いほうがいいのかもしれません。今風住宅は、その意味で、理にかなっているのかもしれません。あまり突起や凹凸をつけないほうが竜巻対策にはよいということなのでしょうか。
それじゃあ、デザインが四角い箱になってしまいますが。

これから、いろいろな研究や実験が行われるのでしょう。
これはまったくの素人考えですが、構造的にねじれやすい建物は竜巻にも弱い気がします。

それから、コンクリートの基礎と土台の固定が十分でないと、家ごと飛ばされてしまいます。
この集落でも、写真には映っていませんが、基礎だけを残して家ごとなくなってしまった住宅がありました。テレビインタビューによると、リフォームを終わり、これから住むところだったそうです。
新居に住めなかったのはとても残念ですが、お怪我がなかったのが何よりです。

わずか数秒の間にこれだけの被害を引き起こす竜巻。
その恐ろしさの一端がわかったような気がしました。

テーマ : 台風
ジャンル : ニュース

2020年東京オリンピック開催決定

olympicstadium.jpg


2020年の東京オリンピック開催が決定しました。
朝からテレビはオリンピック一色。
関係者各位は本当にうれしいことでしょう。
決定した瞬間、プレゼンしたフェンシングの太田さんは大粒の涙を流してたし。
思うに、想像を絶する大役だったと思います。
選手としてプレーする数倍のプレッシャーだったのではないでしょうか。


ただ、今回の東京オリンピック招致、国民の支持率はあまり高くありませんでしたね。
それはなぜか、をもう一度考えなきゃいけないと思います。
かくいう私も不支持の一人でした。だから、素直にうれしい気持ちにはならないんですね。

結局、マドリードとイスタンブールが勝手にこけて、消去法で安全パイの東京になったイメージです。
ジャーナリストの大宅さんは、イスタンブールは初のイスラム圏開催で東西の架け橋という言葉にも説得力があるし、今回は譲ってあげてもいいのでは?とおっしゃってました。
なるほど、そうかもしれませんね。
ただ、今のイスラム圏は、シリア情勢、エジプトの内政混乱とか、不安定要因が多すぎます。
オリンピックがもしテロの温床になったら、と考えると、主催者側としては厳しいでしょう。

マドリードと東京の争いかと思ってましたが、マドリードが先に負けたのは予想外でした。
マドリードが負けた理由、正直よくわかりません。
失業率が高い、国家財政が危機に瀕しているというのは、大なり小なり日本もそうなわけだし。
本命のマドリードを先に落としておき、イスタンブールとの決選投票に持ち込めば絶対勝てる、なんて戦略を持っていたのかな。
ただ、名古屋、大阪、東京と何度も誘致に失敗していたし、莫大な誘致資金をパーにしていたので、今度負けたら後がないという気持ちでも必死になられたのでしょう。
パリやローマだって、2024年の開催をもくろんでいるから、距離が近いマドリードやイスタンブールを蹴落とし、東京に入れたのかもしれない。
そんな思惑を秘めて必死にロビー活動するのって、なんだか国際政治の裏舞台で暗躍するスパイみたいで、あまりいいものではないなあ。

2020年、日本はどうなっているのでしょう。
そして、東京オリンピックは、東京や日本をどのように変えるのでしょうか。

ゼネコンは降ってわいた特需に狂喜乱舞しているに違いありません。
あと、ホテル業界ですね。
A○Aホテルとか、新しいホテルを都心にどんどん作りまくってますが、この動きにも拍車がかかるでしょう。
ミニバブルで地上げが始まり、都心がやたらとホテルだらけになるかもしれません。
電力が必要だから早く原発を稼働させろ、という方向にもなるかもしれない。

しかし、です。
これからは、インフラの老朽化の問題、限界集落の問題など、日本の高度成長がもたらした負の遺産に地道に取り組まなければいけない時期です。
あたらしくものをつくるより、今まで作ってきたものをメンテナンスしながら生き延びていく時代。
再び、かつてのいけいけの時代に戻れるわけがありません。
予算が東京に優先的に振り向けられていく。
日本がますます二極化していく。
東京が一人勝ちするだけで、地方はますます地盤沈下していくのではないでしょうか。
特に被災地の人々は、複雑な思いで今朝のニュースを聞いたのではないでしょうか。

冬季オリンピックを誘致した長野だって、景気が良かったのは開催するまでだけで、終わった後は深刻な景気低迷に陥ったし、新幹線ができたのはいいけど在来線は第三セクターになって大幅に縮小されたり。

東京にはぜひ、省エネ型のコンパクトなオリンピックを徹底的に推進してほしいと思います。
そういう流れを作ってほしい。
オリンピックというものの原点に回帰し、エンタテイメントなど余計な要素は持ち込まないでほしい。

それと、日本選手に過度のプレッシャーを与えないこと。
開催国なんだから何が何でも金メダルをとれとか、正直バカげてます。
かつての君原さんの例もあります。
オリンピックによる国威発揚なんて時代はとうの昔に終わっているわけだから、国民としても、そういう目線で選手を見るのはやめなければ。

最後に、私が東京開催不支持の理由は、やはり地震です。
こりから東海・東南海・南海地震が来るかもしれない。
富士山が噴火するかもしれない。
大津波が都心を襲うかもしれない。
それはもはや現実のリスクとなっているわけです。
各国要人も集まるオリンピックで大災害が起きれば、世界を大混乱に巻き込んでしまいます。
もはや日本だけの問題ではなくなります。
あまりにリスクが高すぎませんか?

riskofttokyo.jpg

2009年にドイツ・ミュンヘンの再保険会社が発表した自然災害リスクインデックスでは、東京は710ポイントで断トツの一位でした。二位のサンフランシスコは167点ですから、いかに飛び抜けて大きいかがわかります。しかも、これ東日本大震災前のデータですからね。どういう計算結果かわからないけど、強烈なインパクトがあります。東京の自然災害リスク、ググればさまざまなデータが出てきます。

外国メディアからは、福島第一原発の汚染水の問題が出てましたけど、それは確かに底なしの問題ではあるけれど、すでに発生している事象であるから、ある意味、対策目標が明確になっているわけです。要するに、放射能の拡散を防ぐ、その一点にすべてを集中すればよい。それに、安部ちゃんが世界に向けて「Under Control」と断言しているわけだし。

本当のリスクは、予測不能な、あるいは予測を超えた、まさに想定外の目に見えないリスクなわけです。
すなわち、これから来るであろう大地震。

政府の中央防災会議が甚大な被害想定を出しているわけだし。
外国メディアが見ていないだけかもしれないけど、この被害想定を見たら、日本でオリンピックなんてクレージーだと誰もが思うはずです。
東日本大震災で明らかなように、ハードの被害に加えて、ソフトの被害も恐ろしく甚大だし、こちらはハードのように数字では見積もることができません。

一方でこれだけの被害想定を出していながら、他方でオリンピックを誘致するという政府の感覚が、私のような凡人にはまるで理解できません。
オリンピックに莫大な予算をつぎ込むくらいなら、国土の防災にもっと手厚い予算を振り向けるべきではないでしょうか。

今はインターネットもあるし、大型テレビもあるし、家でも臨場感が味わえるから、地元の日本人だって、混雑の中わざわざ会場まで見に行かないかもしれません。
何兆円だのと皮算用してほくそえんでいる人たちがいますが、あまり過剰な経済効果を見込まないほうがよいとは思います。

大型案件で景気を浮揚しようというのは、過去の時代の話。
これからは、いけいけではなく、持続可能な地道な投資で、安定的な経済成長を積み重ねていかなきゃいけないはずなのに。
むしろ、オリンピック後を今から真剣に考えなければならないのではないでしょうか。
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。