スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五箇山-山あいの合掌造りの集落

gokayama01.jpg

gokayama02.jpg

gokayama03.jpg

gokayama04.jpg

gokayama05.jpg

gokayama06.jpg

ついに世界遺産に登録されてしまった、五箇山(相倉)の合掌造り集落。5年ぶりの再訪となりましたが、何も変わっていませんでした(観光客の数は倍増していましたが)。
白川郷と比べるとひとまわりダウンサイジングされていますが、60°の屋根勾配はほぼ同じ。正三角形を構成するこの角度が、雪を最も落としやすいそうです。相倉の合掌造りは20戸、多くは100~200年のものですが、古いものでは400年前に建てられたものもあるとか。400年前といえば、天下分け目の関が原の戦いが行われていた頃ですから、これはもう驚き。
gokayama07.jpg

斜面には石を積んで築いた棚田が広がり、その上には集落全体を見渡すことができるスポットがありました。合掌造りの背後に、遠く立山連峰まで望むことが出来る絶景。
合掌造りは、世界有数の豪雪地帯にあって、大家族が身を寄せ合って暮らすために必然的に生み出されたフォルムであって、凝った意匠などは何もありません。でも、それが自然と調和して美しい風景を生み出し、ユネスコのお歴々によって世界遺産として認めてもらえたことは、日本人として大いに誇らしく思ってよいのではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。