スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山道-芦田宿・望月宿

mochizuki01.jpg

塩名田宿から八幡宿を経て、望月宿へ。望月の名は、8月の満月の日、朝廷へ名馬を納めたことに由来するとか。手塩にかけて育てた美しい名馬が、月光に照らされながら、朝廷へと旅立っていくのを見て、馬主は誇らしさと寂しさが入り混じった気持ちだったことでしょう。写真の建物は「ますや洋品店」。昔の商家そのままのつくり。少しも手を加えていないところが嬉しいです。

mochizuki02.jpg

「山城屋旅館」。外観は昔のままだが、内部は今風に大幅にリニューアルされています。

mochizuki03.jpg

mochizuki04.jpg

木造3階建の威容を誇る井出野屋旅館。大正5年(1915)築。玄関を覗けば、そこには昔懐かしい手作りの波板ガラス。映し出された背景の波打ち具合が何ともレトロです。映画「犬神家の一族」のロケに使われたという話を聞いて驚きました。ロードショーの時はまだ子供だったし、怖かったなー。

mochizuki05.jpg

「旅籠大和屋」(真山家住宅)。江戸中期の遺構を残す問屋兼旅籠、幕末には庄屋でもありました。明和2年(1765)望月宿大火の直後に建てられた望月で最古の民家。国登録重要文化財。
mochizuki06.jpg

同じく真山家住宅。出桁の先端に彫られた飾りが実に印象的。この出桁という信州特有の構造は、こういう「矩計ショット」で撮ると特徴がよくわかりますね。積雪地における生活機能を重視した結果だと思いますが、結果的に建物に独特の立体感を与える形になっています。

mochizuki07.jpg

2階の窓下にさりげなく施された扇子のあしらい。建物にこんな装飾を施すとは、きっと絵心のある棟梁だったのでしょう、実に風流で趣がありますね。1階の通りに面して設けられた波板屋根の自転車置場がなければ、文化財級にも思えるのですが。。。

ashida01.jpg

ashida02.jpg

望月宿から茂田井の間宿を経て、芦田宿へ。芦田宿で最も大きい建物(と思われる)金丸土屋旅館。開口部のない平入の妻面を見るだけで、その規模がわかろうというものです。一体何間あるのか、数えたくなくなります。それもそのはず、8畳間が1階に9間、2階に4間、計13間もあるのだから驚き。妻面の「金丸」の屋号が目を引きます。
泊まった方の話によると、1階は8畳間が4室縦に連なっていて、襖だけで仕切られている、典型的な江戸時代旅籠のつくり。昔は相部屋が当たり前だったそうですから、プライバシーもへったくれもなかったわけですね。小さめの学校なら、修学旅行の一学年が泊まれそうだけど、夜通し枕投げ合ったりして大変なことになりそう。2階にある4室は、今やほとんど使うことはないそうです。

ashida03.jpg

玄関を見上げると「津ちや」という屋号が掲げられています。温泉地でも観光地でもない土地の木造旅館は、学校の部活動の合宿を誘致するか、長期滞在を余儀なくされる測量士や土木技術者などを泊めることになります。そう、歴史の風格の漂う金丸土屋旅館は、今はれっきとしたビジネス旅館なのですね。

ashida04.jpg

金丸土屋旅館の対面にある民家。「酢屋茂」という名で、味噌と醤油を売っています。

ashida05.jpg

ashida06.jpg

芦田宿の旧本陣、土屋家住宅。芦田宿設置とともに、土屋右京左衛門が明治維新まで代々勤めてきました。現在残っているのは寛政十二年に建て替えられた客殿のみ。公家や諸大名の宿泊・休憩などに使われ、諸大名の宿札が残されています。庭に入ることは出来ますが、建物の全容を見ることはなかなかできません。それでも、本陣の威厳と風格は、写真から十分に伝わるのでは。

スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中山道中山道(なかせんどう)は、江戸時代の五街道の一つで、本州中部の内陸側を経由する路線である。中仙道とも表記する。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。