スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋(有松)-旧東海道の豪商の屋敷

arimatsu011.jpg

arimatsu021.jpg

名古屋から名鉄本線豊橋行で20分ほど、有松駅で下車してすぐ、旧東海道は駅の東西方向に広がっています。まずは左に曲がり、街並み探索開始です。
この大邸宅は服部家住宅。竹田家とともに、有松絞りの中心的な商家です。徳川家康が江戸幕府を開いてまもない頃、尾張藩が藩の特産品として保護することで、有松絞りの歴史は始まりました。絞りの手拭や浴衣は、旅の土産として重宝され、街道一の名産品となって、有松絞りとしてやがて全国に名をとどろかせることになったとか。地味だけど渋く、いかにも江戸らしい、粋でいなせという風情。

arimatsu031.jpg

arimatsu041.jpg

服部家住宅は、とにかく豪壮。母屋の両端は、直線的な棟卯建と曲線を描く優雅な袖卯建とのコンビネーションが実に美しいです。卯建をここまで装飾として完成させた民家は、日本広しといえど、そうはお目にかかれないのではないでしょうか。1階の千本格子、2階は黒塗りの虫籠窓と、バリエーションに富んでいます。
江戸末期から明治初期にかれて建てられ、かつての絞り問屋としての面影をもっとも良く残しているといわれています。母屋のほかに客室1棟、井戸屋形1棟、土蔵・絞り蔵・藍蔵6棟、門並門長屋2棟からなり、現在も「井桁屋」の屋号を持つ現役の商家です。

arimatsu051.jpg

arimatsu061.jpg

今度は有松駅から右側へ歩を進めましょう。まず目に飛び込んでくるのが、竹田家住宅。卯建はありませんが、その豪壮さは服部家とひけをとりません。以前は平屋でしたが、明治から大正にかけて大改造して2階建にしたそうです。かつては土蔵が6つも並ぶ豪商でしたが、今残るのは2つだけ。現在も「笹加」の屋号で商いを続けています。内部の書院、茶室は大変優れたものと聞くが、公開されていないのが何とも残念。

arimatsu071.jpg

岡家住宅。典型的な塗篭造の建物。間口が長い分だけ、1階の千本格子と2階の虫籠窓のコントラストが強調され、服部家や竹田家とはひとあじちがった雰囲気があります。

arimatsu081.jpg

有松宿の街並み。旧東海道で、ここまで町並みが保存されているのは、有松を置いて他にないかもしれませんね。

arimatsu091.jpg

arimatsu101.jpg

玄関に据えられた行灯や屋根に鎮座する飾り瓦など、歩けば歩くだけ発見があります。
ちなみに、有松絞りは、①図案を決めて、型紙で型を彫る ②型紙を布の上に置き、刷毛で青花模様を刷り込む ③くくり(4~5人の家庭に次々と廻されて加工される) ④専業の染屋が染色を行う ⑤糸留めしていた糸を抜く ⑥仕上げ という工程を経る。絞り技法の種類にも、杢目縫い絞り、唐松縫い絞り、折り縫い絞り、手蜘蛛縫い絞り、機械蜘蛛絞り、巻き上げ絞り、横三浦絞り、人目鹿の子絞り、突き出し鹿の子絞り、蜘蛛入り柳絞り、みどり絞り、日の出絞りなど実に多種多様で、とても覚えられないです。
詳細は、有松・鳴海絞会館HPにて。


スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東海道東海道(とうかいどう、うみつみち)五畿七道の一つで、本州太平洋側の中部を指す行政区分。五畿七道の東海道を通る幹線道路。#律令制|律令時代に整備されたもの。#江戸時代に整備されたもの。五街道の一つ。----.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotat

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。