スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋温泉-温泉も建築も言う事なし

shibu01.jpg

渋温泉はほとんどが伝統木造の旅館(中には鉄筋コンクリート造の新しい旅館もあるが)で、今では数少ない、昔ながらの温泉情緒を楽しめる温泉。中でも極め付きはここ「歴史の宿、金具屋」。最近はテレビや旅行雑誌などで紹介されまくっていて超人気の宿。何といっても、腕のいい宮大工たちが贅の限りを尽くしたに違いない、木造4階建「斉月楼」は、国登録有形文化財に指定されている。手前に記念写真用の「お立ち台」の端がわずかに映っている。みんなコンパクトなデジカメで撮っていたけれど、とても全景が入るはずもなく。。。

shibu02.jpg

渋温泉の対岸の高台から見下ろす。川沿いに立つ手前の木造3階建旅館(すでに廃業しているそうです。ご指摘いただきました)のすぐ後ろに、「金具屋」は山の斜面に沿って立っている。手前に見える緑色の屋根が木造4階建の「斉月楼」で、それ以外にも鉄筋コンクリート造の「神明の館」、木造の「潜龍館」「居人荘」の4つがあり、まるで迷路のようだとか。和の贅を尽くした内装、4本の源泉それぞれに趣の違う風呂など、この目で確かめたかったが、残念ながら、泊まったのは別の宿だった(少なくとも古さという点では金具屋にひけをとらないと思うけど)。

shibu03.jpg

渋温泉には、計9つの外湯があって、渋温泉の宿に泊まった客は、マスターキーのついた温泉手形を持って自由に入ることが出来る。1番目の「初湯」から始まって、最後がこの「大湯」。すべてが異なる源泉で、効能もそれぞれ違うが、共通点はめちゃくちゃ熱いこと。とにかく熱い。熱いほうが温泉らしくて好きだけど、それにしても熱い。途中、一緒になったおじさんは「ひととおり入ってきて、ここが最後だよ」とこともなげに言うので感心していたら、何のことはない、蛇口をめいっぱいひねって大量の水で薄め始めた。なんだ、インチキじゃないか。

shibu04.jpg

「大湯」の上には、足湯がオープンした。大湯の前には、高薬師様が鎮座している。外湯を回るたびに、入り口のところで手ぬぐいにスタンプを押し、9個スタンプを押し終わった手ぬぐいをもって高薬師にお参りすると、とってもいいことがあるそうな。

shibu05.jpg

shibu06.jpg

大湯に隣接している「湯本旅館」。ここもかなりの老舗。

shibu07.jpg

shibu08.jpg

真田家旧本陣の「つばたや」。玄関は信州特有の出桁形になっている。

他にも、伝統木造旅館が狭い路地の両側にびっしり建っていて、その多くは3階建である。これはもう、重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に指定されるべきではないかとまじめに思う。こんな渋温泉にも、かつて迷走した時代があったという。
「歴史の宿 金具屋」のホームページには宿の歴史が解説されていて、なかなか興味深い。それによると、昭和30~40年代の高度経済成長時代、旅館のビジネスモデルは大量に発生する社員旅行需要をいかにまかなうかに集約されていて、和風伝統旅館は敬遠される傾向にあった。そのため、当時の金具屋は『洋風』を志向した時期があったという(もっとも施設の一部であるが)。通りに面して鉄筋コンクリート造の洋館を増築し、玄関は完全なホテルそのもの。屋上に洋風の露天風呂を設け(これは和風に改造した今でも健在)、その隣にはピロティ形式で中2階のガラス張りのラウンジを作ったりしていた(現在は解体されている)。HPでは、その写真を見ることが出来る。今は懐かしい1960年代のモダニズム建築そのもの。信じられないような話である。その後、高度経済成長の終焉とともに和風温泉旅館が見直され、本来の和風旅館に戻ったのだとか。

そんなこんなも耳に入れた上で、改めて金具屋の玄関に立つと、また違った意味の感慨が沸いてくるのではないでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

臨仙閣について

管理人後記

2枚目の写真にある、廃業した旅館は、傍観者さんのご指摘の通り、「御宿臨仙閣」でした。
最近、ものの本を見ていたら、まだこの宿が営業していた頃の記事がありました。客室は天井が高く、しかも格天井でとても格式があり、客室の廊下は大名屋敷の路地のようなつくりになっていて、とても趣があります。客室の扉は重厚で、廊下の床には陶板が敷かれ、海鼠壁が施されています。室内廊下なのに、ですよ!
こんな素晴らしい貴重な宿が閉鎖されてしまったとは、残念ですね。金具屋さんの管理下に入ったとのことですが、いまは営業を再開しているのでしょうか? 気になります。

ありがとうございますぅ

傍観者さん、コメントありがとうございます。そうか、ここも金具屋さんが管理していたとは。。。金具屋って、本当に大きな旅館なんですね。
それにしても、昔からの温泉街に共通することですが、古い木造旅館の廃業が増えています。きちんと手を加えれば立派に営業できるのに、放置されたまま荒れていくのを見るのは辛いです。これから先、どうなっていくかちょっと心配ですけど、ノスタルジックな和風木造旅館で温泉に浸かってのんびりしたいというニーズだけは普遍(不変)だと思うので、これからもがんばってほしいなと思います。

渋温泉の対岸の高台から見下ろす。川沿いに立つ手前の木造3階建が「角屋」…これは角屋ではなく、廃業した「臨仙閣」ですよ。もとは金具屋の別館だったそうで、今も金具屋が管理しているそうです。
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。