スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五個荘-古代からの掘割に鯉が泳ぐ近江商人の郷

gokanoshoh01.jpg

gokanoshoh02.jpg

湖東地方で、近江八幡とともに、伝統的建造物群保存地区に指定されている五個荘の金堂地区の街並み。足を踏み入れた瞬間、静謐さに包まれた和の世界が眼前に広がります。最近は隠れた観光名所として訪れる人も増えているようですが、できればこのまま静かな佇まいのままでいてほしいと願うばかり。
gokanoshoh03.jpg

gokanoshoh04.jpg

古く奈良時代にまでさかのぼる農村集落ですが、中世以後、近江商人たちの台頭とともに空間の農工分離が進み、近江商人の数奇屋建築が農村と共存しつつ建てられてきたという経緯があり、京都のような町屋の街並みとは異なる気配があります。藤井彦四郎邸、中江準五郎邸、外村宇兵衛邸など、池や築山を配した大きい日本庭園を持つ、当時をしのばせる商人屋敷が、旅人を受け入れてくれる(はずでしたが、私は日没時間切れタイムアウト。残念)。
gokanoshoh05.jpg

gokanoshoh06.jpg

金堂の町割りは、条里制地割を基礎として、集落の中心に陣屋(現存せず)、その三方に寺院(弘誓寺、勝徳寺、安福寺)が配置され、周辺に農家が集まり、東側には大城神社が鎮座し、その外側に条里制水田の景観が広がっています。現在も集落内は当時の地割を残しており、軽自動車の通行がやっとの路地が入り組んでいます。もともと水はけの悪い地域で、農作に困難が多かったことから、お上も農民の商業への進出を容認していたということも、近江商人活躍の一因だったそうです。明治13年には、全戸数の3分の1にあたる67軒が、呉服などの商いに従事し、うち13軒は県外に出店を持っていたというから驚き。
gokanoshoh07.jpg

gokanoshoh08.jpg

gokanoshoh09.jpg

町内には路地に沿って掘割がめぐらされ、瓦屋根や板塀の連なりが水面でゆらゆら揺れています。弘誓寺の前の掘割には、色鮮やかな鯉が悠然と泳いでいました。塀の柱材と貫に塗られた紅色と不思議に調和して見えます。
gokanoshoh10.jpg

周囲に連なる家並みは、船板張り(写真)のテクスチャーが実に味わい深いです。

■滋賀県東近江市五個荘金堂町■
gokanoshoh11.jpg

行政上は東近江市であるが、交通上は彦根と近江八幡の間に位置している。鉄道では、近江鉄道本線の五個荘駅下車。国道8号線の五個荘南の交差点を曲がり、道なりに5分ほど走ると、やがて観光案内所が見えてくる。クルマを停めて歩き始めると、金堂の街並みはすぐそこ。中央にそびえて見える伽藍は弘誓寺で、金堂の街並みのほぼ中央部である。
スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。