スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三柱鳥居の話 その1-向島の三囲神社

向島の三囲神社
向島は、水戸街道(現在の国道6号線)と隅田川にはさまれたエリアです。今でこそ下町の中に埋没していますが、江戸時代には隅田川の向こう側に、田んぼの中に島のように見えたことが、向島という名の由来だそうです。料亭の街としてその名をとどろかせ、戦前からの古い住宅地の中に戦後に新築された豪華な高級料亭が点在し、偉い人を乗せた黒塗りのクルマが狭い道の奥に消えていく、ちょっとアンバランスな光景。隅田川の土手に沿って美しい桜並木が続き、川面に浮かぶ屋形船と相まって、江戸のちょっとした名所となっています。

mimeguri01.jpg

mimeguri02.jpg

さて、この向島に、「三囲神社」という、ちょっと聞きなれない名前の神社があります。隅田川七福神のひとつで、恵比寿神と大黒神を祭っており、浅草七福神とともに今も地元の人々の信仰が篤く、正月ともなれば、江戸の善男善女たちがパチパチと手を合わせて拝んでいきます。
創建は不祥ですが、文和年間(1353~1355)に、近江の三井寺の僧源慶により再建されました。ちなみに「三囲」(三圍)と書いて「みめぐり」と読むのには謂われがあって、社伝によれば、源慶によって再建された時、土中から神像が出土し、その神像のまわりを白狐が三回まわったところから名付けられたそうです。七福神というという現世御利益の神様を祭る社にしては、何か異質なものを感じるお社です。

不思議な三柱鳥居
この三囲神社には、不思議な「三柱鳥居」があります。

mimeguri03.jpg

境内を歩きながら、本殿の裏側にまわると、隠れるように佇んでいる姿を目にします。気づいた人は「え、これって何?」とじっと目を凝らしています。それもそのはずですね。鳥居はもともと聖と俗を仕切る門の役割を持ち、「2本の木の幹に注連縄を架ける」のが原初の形だったわけですから、そもそも三柱鳥居は本来の鳥居の機能を果たしようがありません。
鳥居というより、鳥居の形を借りたオブジェに見えますね。昔は木造だったのですが、18世紀に現在の石造(おそらく花崗岩?)に造り変えられたと聞きます。
木造ならともかく、三柱鳥居を石で作るのはおそろしく骨が折れることで、接合部のディテールはかなり複雑になり、木造と同じ貫構造でつくるとしたら大変な作業です。何か特別な意味や価値がなければ、わざわざ作るものではないのは明らかです。
では、誰がどのような思いや考えを込めたのでしょうか。。。
鳥居の前には、わざわざ柵が設けられ「この中に入らないでください」と注意書きが書かれています。そして、三柱鳥居の手前には、同じく三柱の東阿(手水舎)が立っています。何だか不思議な光景ですね。

mimeguri04.jpg

三囲神社と三井家
鳥居の脇には「三井邸より移す」というプレートが付けられており、この三柱鳥居が旧財閥の三井家から寄贈されたものであることが示されています。
mimeguri05.jpg


さらに、境内の奥(隅田川側の裏口近く)には、木壁に過剰な彫刻を施した「顕名霊社」という、これまた妙な名前のお宮さんがあって、鉄柵で囲われています。この顕名霊社は、三井家の開祖とされる三井高安を祭っているとされています。
mimeguri06.jpg

mimeguri07.jpg


なるほど。ここまで来ると、さすがに、この三囲神社が普通の神社とはちょっと違うことに気づきますね。
由緒書を見てみましょう。
三囲神社の恵比寿様と大黒様は、もとは越後屋呉服店に祭られていたものを移したもので、越後屋とは、かの三井家(三越)の前身です。
「三井総元方 三井銀行 三井物産株式會社 三井鉱山株式會社 株式會社三越 右総元方始め各株式會社交替に正五九の小祭を受け持ち昔の例の儘に祭祀を執り行ふ」
「…特に京都の巨商三井家江戸に進出するや三圍大神の信仰篤く當家の守護神と仰ぎ、享保元年三井高治三井高久三井高房相議りて神祇の司職吉田家に神位を乞請け捧げ奉り…」

そう、この三囲神社は三井家の氏神なのです。境内には三越の屋号も見られ、正月には三越の名を記した幟が立ちます。
mimeguri08.jpg

mimeguri09.jpg

三柱鳥居は、江戸に進出した越後屋(現在の三井家)にあったものを寄贈したもののようです。

三囲神社の「囲」は常用漢字で、かつては「三圍」と書いていました。この「韋」という字はもともと「動物の皮」という意味を持っていたそうです。白狐が三たび回ったという謂れから何となく納得できそうですが、「三囲」の「囲」から口(くにがまえ)をとると、三井神社になるわけで、偶然にしてはできすぎのような気もします。

さて、例のプレートにも「原形は京都太秦・木島神社にある」と書かれてあるとおり、三柱鳥居のご本家は、京都にあります。早速、見に行ってきました。

以下、「その2」に続く

スポンサーサイト

テーマ : 史跡巡り
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水戸街道水戸街道(みとかいどう)は、江戸時代の五街道に準ずる脇街道の一つ。江戸と水戸市|水戸をつなぐ街道で五街道と同様に道中奉行の管轄に置かれた。なお水戸側では江戸街道と呼ばれた現在では、国道6号の東京都墨田区向島 (東京都)|向島〜茨城県水戸市まで区間の愛称

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。