スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近江八幡-近江商人屋敷とヴォーリズ建築が溶け合う琵琶湖の水郷

ohmi01.jpg

ohmi02.jpg

伝統的建造物群保存地区に指定されている新町の界隈。町屋は切妻桟瓦葺き平入の厨子2階建で、正面の構えは格子、出格子、虫籠窓からなり、貫を見せる白壁と板張り壁とのコントラストはとても美しいです。道路に面する庭の「見越しの松」が、いっそう風格を高めています。
豊臣秀吉の甥に当たる豊臣秀次が築いた八幡城下に発達した城下町ですが、碁盤目状の街並みは合戦に備えたものではなく、八幡堀による水運を利用した商業都市への発展を意図したものであったそうです。
ohmi04.jpg

ohmi03.jpg

ohmi05.jpg

0hmi06.jpg

堀割の両側に江戸時代そのままといってもいい街並みが続きます。かつては埋め立てられる寸前まで荒れていたのを、住民の力でよみがえらせたの。堀沿いの柳の並木に木造3階建の旅館が佇む光景は、まるで水墨画のようでもあります(下左)。
八幡堀は、豊臣秀次が八幡城を築城した際に造成したもので、西の湖を経て琵琶湖と結ぶ一大運河であり、西の湖の一帯は「安土八幡の水郷」として、今も琵琶湖八景のひとつに数えられています。大津、堅田と並んで琵琶湖三大港と呼ばれ、この八幡堀が近江における商業の繁栄の契機になったのですが、その秀次が、叔父の秀吉から謀反の疑いをかけられて自害させられたというのは、何ともやるせない話です。
ohmi07.jpg

ohmi08.jpg

ウィリアム・メレル・ヴォーリズはオランダ系アメリカ人で、1880年生まれ。プロテスタントの宣教師であり、コロラド大学を卒業後、海外での伝道を希望して、25歳のときに北米YMCAから日本に派遣され、八幡商業高校の英語講師になりました。ただ、伝道に熱心すぎたあまり2年後に教職を解雇されてしまい、その後は建築家に転進し、全国に1,600もの膨大な作品を残すに至ります。
東京・神保町の山の上ホテル、主婦の友社ビル、大阪・心斎橋の大丸百貨店、神戸女学院などのほか、多くの教会建築を手がけています。彼はヴォーリズ設計事務所で建築設計業に没頭する傍ら、近江兄弟社も設立し、伝道活動、医療・出版・教育などの社会活動に力を入れ、薬品メンソレータムの輸入なども手がけました。近江兄弟社の本社ビルには今もメンタームの商標が来訪者を迎え、通りを隔てた正面には子供から花束を受け取るヴォーリズの銅像が建っています。
ヴォーリズの価値観や哲学は、近江の地を開拓した古代の秦氏や、中世以後のの近江商人の考え方と、なぜか非常にシンクロするものがあるように感じられてなりません。彼が近江八幡の地を生涯離れなかったのも、深い理由があってのことだったに違いないと思います。ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が松江にいたのはわずか1年半であった(妻を娶って熊本に移ってしまった)こととは何とも対照的ではないでしょうか。  

池田町の洋風建築群と呼ばれる、れんが塀に囲まれた一画が残っています。アメリカ式住宅のモデルハウスとなった初期の作品で、コロニアル・スタイルと呼ばれ、大正2年頃に建てられました。
ohmi09.jpg

ウォーターハウス夫妻邸(近江兄弟社住宅)
0hmi10.jpg

奥に見えるマンサード形の住宅が、ヴォーリズのパートナーであり近江兄弟社の創設者であった吉田悦造氏の住宅。
0hmi11.jpg

ダブルハウスと呼ばれる二世帯住宅で、北側から撮ったもの。かつては隣接してヴォーリズ邸が建っていたはずだが、現存していないようです。

ヴォーリズは近江八幡を含む湖東地方に100を超える建築物を残しました。しかも、彼は学校で建築設計を学んだことはなく、すべて独学であったというから驚き。25歳で来日し、「見よう見まね」のお手本すら回りにないなかで、一体どうやって作り続けたのでしょうか。これらのうち現存するのは半分程度とされ、近江兄弟社学園、近江YMCA会館、八幡商業高校、ヴォーリズ記念病院(旧近江サナトリアム)など、枚挙に暇がないですが、惜しくも日没&デジカメのバッテリー切れ、あっけない幕引けとなりました。いつかリベンジすることを誓い、夕暮れの近江路に別れを告げました。

■滋賀県近江八幡市■
湖東地方の中心都市。国道8号線を六枚橋の交差点で左折し、東海道新幹線と東海道本線を越えて近江八幡駅の西口へ。歴史的な街並みは、駅からクルマで5分ほどのところで、小幡の歴史民俗資料館の近くには大きい市営駐車場がある(有料)。
伝統的建造物群保存地区や八幡堀の街並みは、歴史民俗資料館の近くにあり、まるで映画のセットのようで、実際、今でも時代劇の撮影によく使われている。観光資料館には、撮影でこの地に滞在した俳優の歴々のサインがずらりと並んでいた。
近江八幡は、建築家ヴォーリズが拠点を置いた地で、キリスト教の伝道、建築設計、医薬品の輸入、社会事業など、さまざまな事業に尽力したヴォーリズの業績をあちこちに見ることが出来る。特にヴォーリズの建築作品には秀逸なものが多く、伝統的な街並みと合わせてじっくり時間をかけて鑑賞したい。
スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。