スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八女福島-武士と職人と商人が交差した往還

yame01.jpg

博多から九州自動車道で熊本方面に20分ほど走り、久留米ICの次で高速を下りると、そこは福岡県八女市。鉄道駅から遠いこともあって開発の手から逃れたのでしょうか、伝統的でノスタルジーあふれる八女福島の街並みが旅人を迎えてくれます。故郷に帰ってくるって、こういう気分なのかもしれません(故郷のない私には理解できませんが)。

yame02.jpg

yame03.jpg

yame04.jpg

全国一の生産量を誇るという八女提灯。街並みを歩くと、美しい提灯が飾られたショーウィンドをいくつも目にします。薄紙の手すき和紙を使って内部を透かし、花鳥や山水などを描いた「涼み提灯」は、実に優雅で繊細、思わずじっと見入ってしまいます。八女には紙漉きの伝統工芸もあるのですね。大正時代以降は八女提灯独特の盆提灯が主流となり、現在では祭礼用や広告用の提灯なども生産されているとか。

yame05.jpg

こちらは仏壇屋さん。江戸末期から明治、大正期には、和紙、櫨蝋、提灯、仏壇、石工品、茶、林業などの産業で栄えました。旧往還道沿いには、これらの商人や職人の町屋がずらりと並んでいたのでしょう、その名残を十分に味わうことができます。

yame06.jpg

旧市街(?)への入口にあたるところに、おそらくご当地では唯一の洋風建築が建っています。今はリニューアルされて喫茶店になっています。この洋風建築の左右に伝統的な建物が立ち並ぶ旧往還が走っていて、すぐ隣には「堺屋」があります。
「堺屋」の屋号で酒造業を営んでいた、明治41年築の旧木下家住宅で、現在は一般公開されています。屋久杉の一枚板で作られた欄間や、紫檀の床框などは、見とれてしまうほど。文芸評論家の山本健吉さんの遺品を集めた夢中落花文庫もあります。

yame07.jpg

yame08.jpg

yame17.jpg

八女の街並みは、白壁妻入の民家が通りに面してぎっしりと立ち並んでいて、九州北部は同じような形の街並みが多いようです。同じく重伝建に指定されている兵庫県の篠山と似たイメージですね。基本は妻入ですが、角地に立つ建物は入母屋の変形で、変化に富んだつくりになっています。

yame09.jpg

1階部分をメーソンリー風にした和洋折衷の商店。このあたりではあまり見かけない材料のようですが、どこから調達したのでしょうか。

yame13.jpg

木造3階建の町屋もいくつか見受けられました。こちらも提灯屋さんです。

yame12.jpg

こちらは珍しい切妻の3階建。下妻かまぼこ店の店舗兼工場。かなり大きな建物です。

yame14.jpg

小さな造り酒屋。このあたりは、城下町の名残である枡形を見ることができます。

yame15.jpg

妻面全体を赤れんがの防火壁で覆った町屋。過去に何度も火災被害をこうむってきた証左です。

yame16.jpg

旧市街と新市街を隔てる通り沿いで見かけた謎の建物。かなり大きいですが、今は使われていないようです。かつて旅館か何かだったのでしょうか。

yame11.jpg

yame10.jpg

最後に、「喜多屋」。
いわゆる「造り酒屋建築」は全国の古い町並みを歩くと大抵お目にかかりますが、これほどまでに端正で美しく保存されている建物は、そうはないと思います。八女を訪れたら、必見です。

スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。