スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川岳 (天神尾根) から法師温泉へ

11月21日、谷川岳に行ってきました。
連休前の平日とあって静かな登山を想像していたとおり、ほとんど人に会うことはなく、静寂に包まれて、冬の森林浴を満喫することができました。
まだ秋山が終わったばかりというのに、天神平付近で積雪が30cmを越えているとのことで、今回はロープウェイで天神平まで一気に上がり、天神尾根から山頂を目指します。ロープウェイを下りると、スキー場のオープンを23日に控え、リフトの準備作業をしていました。積雪はやはり30cmあります。どうやら2日前に一気に積もったようです。

tanigawanovember01.jpg

tanigawanovember02.jpg

フワフワの新雪ですが、一応、軽アイゼンをつけ、準備万端整えて歩き始めます。登山道はこんな感じで、夏山とは勝手が違い、歩きづらいです。しかも木道で、下の踏み板が隠れているため、ズボズボと板を踏み外してバランスを崩しながら歩きます。風はなく、暖かいくらいです。

tanigawanovember03.jpg

1時間ほど歩くと、熊穴沢避難小屋に到着。小屋の中は誰もいません。数分ほど休んで小屋を出ると、後から来た単独行の方と出会いました。どうやら先方も人がいるとは思っていなかったらしく、お互いにちょっとびっくりしながら挨拶を交わします。
これからは気持ちのよい尾根あるき。展望がよく、木々の間から谷川岳の姿がよく見えます。やがて露岩が出てきますが、凍結していなければ危険ではありません。

tanigawanovember04.jpg

第一見晴台あたりからのショット。すでに冬山です。これから冬の深まりにつれ、全山がぶ厚い白い衣で覆われてしまいます。
このあたりで、後から追いついてきた先ほどの方に、アイゼンを落としたらしいことを教えられました。ちょっとした鎖場で岩に引っかかったのでしょうか。教えていただき、ありがとうございました。

tanigawanovember05.jpg

吹きさらしの尾根では、雪は吹き飛ばされてしまいます。ちょっといやらしい雲が出てきたので、先を急ぐことにします。

tanigawanovember06.jpg

肩の小屋に到着。夏山より少し、時間がかかりました。先行していた方と一緒になり、食事をします。
そして山頂(トマの耳)に登り、冬の谷川岳の景観を楽しみました。マチガ沢から万太郎に連なる上越国境の山々です。さすがに風が強く、雪がチラチラ舞っています。10分ほど滞在し、下山を始めました。
肩の小屋の周辺には、動物の足跡がたくさん残っています。新雪で、動物たちがはしゃぎまわったのでしょうか。ウサギにしては大きいし、何だろうと思いました。滑落しそうな急斜面にも足跡が残っており、動物たちのたくましさを痛感します。

tanigawanovember07.jpg

一気に下山した後は、ロープウェイで土合まで下り、ふもとの温泉旅館に一泊しました。
水上駅前で撮った一枚です。まだ紅葉が残っていて、新雪との三段染めといった雰囲気です。今年は雪が早かったとのことで、ラッキーでした。

tanigawanovember08.jpg

翌日は、三国まで足を延ばし、法師温泉に行ってきました。宝川温泉などとともに、関東の秘湯として有名です。猿ヶ京温泉の先で三国街道(国道17号)から細い道に入り、道なりに走り続けると、法師温泉の建物が見えてきます。まだ雪は降ったばかりで、積もってはいませんが、真冬には3m近い豪雪に閉ざされてしまいます。
混浴の「法師の湯」に入ります。中は丸太で仕切ってあって、下には玉石が敷かれており、玉石の下からも湯が湧き出ています。熱くもなくぬるくもなく、ちょうどいい湯加減で、つい長湯してしまいます。混浴ですが女性陣はタオルで巻いていますから、特に気兼ねすることもなく(といっても女性陣がかなり神経を使っているのは当然ですが…)。混浴という習俗は世界的に見ても珍しいそうですが、かつての日本のあけっぴろげ的な雰囲気が今も山奥に残されているというのは、いいものですね。
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。