スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わず心を奪われるブルーモスクの風景

bluemosque.jpg

バブル経済以後、日本に流入するアラブ人が急増したことはまだ記憶に新しいですね。コーランの教えに従い、メッカの方向を向いて一日に5回の礼拝を欠かさない信心深い彼らの祈りの場として、都会の真ん中、あるいは片隅にイスラム教の寺院を見かけることがよくあります。街を歩いたり電車に乗ったりしていて、へえ、こんなところにモスクが出来たんだ、と。日本のゴミゴミした街並みにイスラームのモスクはいかにも不釣合いで、違和感が否めないなあというのが実感。なぜ、唐突に、ここにあるんだ、という感覚ですね。どうも、日本や中国といった、漢字文化圏の景観に、モスクはいまいちフィットしないような気がするのは、わたしの思い過ごしでしょうか。

考えてみれば、キリスト教と比べてみると、日本に入ってきてからの歴史の浅さは歴然。かつ、彼らは自分たちの祈りの場を求めているのであって、マゼランのように布教のために来日し多くのキリスト教徒を増やしたのとはわけがちがいます。やはり、モスクという建築はアラビアの風土と調和して初めて、その美しさを発揮できるのではないでしょうか。

bluemosque02.jpg

さて、前置きが長くなりましたが、写真はイスタンブールの有名なモスク、ブルーモスクです。あまりの美しさに言葉が出ません。以前から、誰もいない静粛なモスクの中で、一人祈ってみたいという願望がありました。日本のモスクは知り合いでもいない限りちょっと入りづらいし、イスタンブールのモスクは完全に観光地化して、一人で祈るというのはまあ無理でしょう。なぜ、そんな願望があるかというと、モスクという建築には、人という存在を包み込む胎内空間のようなイメージがあるから。人を包み込むのが風景であるとするなら、こういう空間は人間にとって小宇宙であると同時に、風景の原点みたいな感じがします。

キリスト教の教会のように十字架を仕立てた祭壇があるわけでもなく、仏教寺院のように阿弥陀如来やら千手観音やらが鎮座しているわけでもなく、何もないガランとした空間。その壁という壁、床という床には、細かいモザイクタイル画の細工が精巧に、完璧に施されています。一部の隙もない完全な空間、それこそ、ちょっと大げさかもしれないけれど、まさに神と一体になれる空間、なのでしょうね。

おそらく、このブルーモスクの中に一人でいられたとしたら、たぶん一日いても飽きないのではないかと思います。ただそこにいるだけで不思議と心が落ち着き、雑念が消えて無心になれるような気がするし、無心になれることで、逆に次から次へといろいろな想念が湧き出てくるのではないでしょうか。

bluemosque03.jpg

柱と梁と壁という空間を仕切る既成の秩序が存在しないのも、胎内空間というイメージの演出に一役買っています。そして、何といっても、その空間装置として、壁や床の、気が遠くなるくらいに精巧なタイルが大きな役割を果たしているのは間違いありません。もしモザイクタイル細工がなかったとしたら、ただの石積みだったとしたら、空間の質は全然違ったものになってしまいます。人間という存在を包み込む胎壁として、完璧なまでの美しさを備えていなければならなかったのかもしれません。

いつか、現物を見に行きたいです。ただし、ツアーじゃなく。。。

【解説】
6本のミナレット(尖塔)を持つオスマン建築で、7年の歳月をかけて1616年に竣工した。モスクは中心のメインドームと4つの半円ドームで構成され、メインドームの高さは約43m、直径約23.5mで、直径5mもある円柱4本で支えられている。これまた超有名なイスラム寺院、アヤ・ソフィアの向かいに立つというから、なんとも壮観である。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イスタンブールに行きたいね

世は100年に一度とかいう世界金融恐慌の真っ只中、この先どうなるか、まさにお先まっくら状態。そんなときは、唐突ですが、いっそ、イスタンブールに行ってみようじゃないか、と思うのです。世界史の荒波の中で揺れ動きながら、キリスト教やイスラム教など異文化を融合してきた独特の世界が、そこにはあるはずです。近代資本主義の発展なんて、せいぜい150年くらいのもん。今日明日食うメシのことより、もっと長いスパンで世界を感じたいとき、イスタンブールのモスクはきっと啓示を与えてくれるに違いないと勝手に思っているだけなのですが。。。
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。