スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田園に死す

denennishisu.jpg

「書を捨てよ、街に出よう」に続く、寺山修司の監督第二作。青森出身の寺山さんの自伝的な映画です。
ずいぶん昔の話で恐縮ですが、まだ学生の頃、池袋の場末の映画館(おそらく文芸座)で見て、ずいぶん衝撃を受けたものです。
TSUTAYAでDVDがあったので、思わず借りてしまいました。見るのは十数年ぶり、でしょうか。

人はみな、過去の自分を客観的に見ることができません。たいていは、多少美化するか、都合よく脚色するか、もしくは丸めてゴミ箱に放り込むか、あたりが関の山でしょう。
もし、20年前の「私」が突然、目の前に現れたら、どんな対話をするでしょうか。
美化したり誤魔化したり、記憶から無理やり消去したりしていた過去の自分。できればあまり思い出したくない自分。だけど、きちんと対峙しなければ現在の自分の問題が解決できないジレンマ。
映画では、下北半島の恐山を舞台に、中学生だった少年時代の私と、映画監督となった中年男の現在の私が交互に現れ、そして対話します。
寺山さんは映画の中で、20年後の私に「過去の記憶から解放されない限り、人間は自己からは開放されない」と言わせています。だけど、過去から解放されるなんてことは、たぶん永遠にあり得ない。。。
それが、この映画のテーマでしょうか。
いかにも寺山さんらしい自伝の描き方です。
一瞬、三島由紀夫の自伝的作品である「仮面の告白」を思い出したりしました。

そして、この映画の舞台となった霊場、恐山です。比叡山、高野山と並ぶ、日本三大霊山ですね。
わたしも数年前に訪れたことがあります。
マサカリの形をした下北半島の「柄」の部分を北上し、むつ市を過ぎて、恐山を目指します。次第に山道になるにつれて、恐山らしい雰囲気がじわりじわりと出てきます。

osoresan01.jpg

外輪山の峠を越えると、目の前に宇曾利湖が。周囲は荒涼としていて、人が住んでいる気配はなく、神秘的な雰囲気に包まれています。宇曾利湖に流れ込む川には硫黄混じりの黄色くにごった水が流れ、さあこれからいよいよ恐山という雰囲気を盛り上げてくれます。

osoresan02.jpg

そして、映画でも登場する赤い橋が見えてきます。この橋を渡ると、現世から隔離された「あの世」、恐山の霊場です。

osoresan03.jpg

osoresan04.jpg

観光シーズンの終わった11月はすでに閉鎖されていて、中には入れないのですが、覗いただけで、「地獄」の雰囲気はひしひしと伝わってきます。
そう、まさに、「田園に死す」の風景そのものでした。
これが、寺山さんの原風景だったのでしょうか。
だとしたら、ずいぶん強烈な原風景ですね。

少年と、父に早く死なれて少年だけが頼りという母親を中心に、空気女や一寸法師がいるどさ回りのサーカス団、少年と駆け落ちしようとして別の男と心中した地主の嫁、赤子を川に流したあと東京に出奔して出戻った謎の女などなど、人物構成のユニークさはまさに寺山ワールド全開。

20年後の私は、少年だった私に、母親を殺すよう命令します。
でも、少年はそのまま東京に行き、戻ってきませんでした。
20年後の私は、仕方なく、鎌をもって、実家を訪ねます。
そこには、当時と変わらない様子で母親が息子の帰りを待っていました。
二人は無言で食事を始めます。
そして、エンディング。
ひなびた古い農家の建物は、直後、新宿駅西口の雑踏に変わります。
街を忙しげに行きかう群衆の中で、黙々と食事を続ける二人。

20年前と現在、そして、恐山と新宿。
そこには、単なる物理量では量れない、時空を超えた何かが存在するのでしょう。


1974年作品
監督:寺山修司
出演:高野浩幸、八千草薫、菅貫太郎、原田芳雄ほか

スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。