スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇の名前

thenameofrose01.jpg

冒頭、北イタリアの修道院が画面いっぱいに映し出されます。人里離れた中世の修道院には、陰鬱で、言いようのない淀んだ空気が漂っています。
ある日、二人の修道士がこの修道院を訪れます。かつて異端審問官だったウィリアムと、まだ少年のように若い弟子のアドソ。二人を招きいれた後、修道院の門が閉まり、閂がかけられた瞬間、外部との接触は閉ざされてしまいます。

thenameofrose03.jpg

二人は、この修道院がひた隠しにしている、ある若い修道士の謎の死を解明するためにやってきたのでした。修道士たちは、見るからに謎を秘めた、一癖も二癖もありそうな怪しげな人物ばかり。ストーリーの展開につれて、修道院が塔の奥に隠している膨大な書物に秘密が隠されていることが明らかにされていきますが、その秘密を守るために、次々と謎の怪死事件が続きます。
まるで西洋版「犬神家の一族」のようです。
実際、二本の足が樽の水面から突き出ている、なんてシーンもあったし。

thenameofrose02.jpg

塔の奥に隠された秘密の書庫を探索する二人。
ウンベルト・エーコというかなり変わった作家の原作を忠実に映画化したせいでしょうか、かなり怪奇的な歴史ミステリーになっていて、原作は読んでいませんが、小説で読んでも映画以上に楽しめそうな感じがします。映画を見る限り、ちょっと尻切れトンボの感は否めないので、映画を見てイマジネーションをふくらましてから、原作を読んでディテールをフォローするというのはありですね。

thenameofrose04.jpg

異端の疑いをかけられた修道士が、ローマから派遣された異端審問官(中央)の前でひざまづき、尋問を受けています。彼は有罪とされ、他の二人とともに火あぶりの刑に処されてしまいます。
異端審問や魔女狩りの嵐が吹き荒れた中世のカトリック世界の実像が、精密な歴史考証により、リアルに描かれています。カトリック信者の方が見ると、複雑な思いに駆られるかもしれません。

さて、北イタリアの修道院という設定ですが、冒頭からラストまで、陰鬱な雰囲気の修道院が舞台となっています。どうやら、撮影は実際の建物ではなく北イタリアの山中に作られた野外セットで行われていたようで、ちょっと残念。確かに、映画で見る建物はどことなく「絵画」のようで、現実感に乏しい感じです。
それと、フランス・イタリア・西ドイツ合作なのですが、なぜか英語で。。。これはちょっとなーと思いました。主演がショーン・コネリーだからかもしれないけれど、やはりイタリア語かフランス語のほうがムードが出てよかったかなと思います。
ただ、修道士の服装や髪型、修道院内部の礼拝堂や図書館、炊事室など、信仰から生活にわたるディテールが実に緻密に再現されているところは、さすがという感じでした。修道院が捨てる残飯をあさって生活している貧民の暮らしの描写も、中世という時代をリアルに描いていると思います。

thenameofrose05.jpg

内部の礼拝堂などは、イタリアではなく、ドイツのヘッセン州エルトヴィレ・アム・ラインにあるエーバーバッハ修道院を中世風に改造して撮影したそうです。

thenameofrose06.jpg

そして、秘密の文書が隠されていた塔。塔は外部の人間の侵入を防ぐように幾重にも迷路になっていました。まあ、そんなつくりの塔が実際にあるはずはないとは思いますが。。。


「ダヴィンチ・コード」なんかもそうでしたが、こういう歴史+宗教ネタを映画にすると、ある程度、歴史的な事実やら学説やらのエッセンスを映画の中に盛り込んでいかなくてはならないのですが、所詮、映画なんて娯楽なわけだし、多少、尻切れトンボになってしまうのはやむをえないのでしょう。この映画では、ふとしたきっかけで異端の疑いをかけられた瞬間に、理不尽な審問で火刑を宣告される運命が決まってしまうという異端審問の恐ろしさを、ミステリーという形を借りることであぶりだしたかったのかもしれませんが、頭でっかちの割に何となくおわってしまったような印象でした。


フランス・イタリア・西ドイツ合作映画。1986年製作
原作:ウンベルト・エーコ
出演:ショーン・コネリーほか
ジャン・ジャック・アノー監督作品
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。