スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郡上八幡-美しい清流と郡上踊りの静かな城下町

gujoh01.jpg

郡上八幡には、美濃や高山のような文化財的な建築物や街並みよりも、街全体として古くからの姿をよくとどめていることが印象深いです。
写真は職人町で、その名の通り、職人たちが多く住んでいた一角。質素な生活をしていたと考えられますが、どの家も袖壁卯建を付けていて、綺麗にそろっています。軒先には、職人町と書かれたブリキのバケツがぶら下がっています。
古い家並みを前提として人々の生活があるのではなく、人々の生活の中に古い家並みが根付いています。ニワトリが先かタマゴが先かという話かもしれませんが、これは貴重なことで、それこそが街並み保存の原動力と言ってもいのではないでしょうか。通りの両側に、豊富な湧水が流れる音が心地よい。
gujoh02.jpg

柳町筋の街並み。こちらは武家屋敷があった地区で、職人町とは趣が違います。
gujoh03.jpg

gujoh04.jpg

水の街、郡上八幡。市内のいたるところで水が湧き、清流が流れ、このような親水スペースが設けられています。歩いていると、いつもどこかで水が流れる音が聞こえてきます。郡上八幡を舞台とした企業CMもしばしば見られますね。嫌なことや考えたくないことがある時、水の流れるのをぼーっと見ているだけで心が和み、すっきりすることがあります。水に流すとは、よく言ったもの。
清流に洗われる街、郡上八幡。

郡上八幡のシンボルとも言うべき、「宗祇水」。夏は冷たく、冬は温かい清水で、古来より人々に愛用されてきました。それにしても、何かいわくありそうな名前です。話は文明年間にさかのぼります。時の郡上城主の東常縁は、藤原定家を祖とする「二条派」の武家歌人として知られた存在でした。連歌の宗匠であった飯尾宗祇は、古今集の秘事を東常縁に伝授してもらうべく、山深い郡上を訪れます。その際、宗祇はこの清水のとりこになり、泉のほとりに庵を構えて住むようになったことから、やがて宗祇水と呼ばれるようになったとか。
gujoh05.jpg

宗祇水へと下りていく坂道(小駄良川の反対側から見たところ)。提灯がぶら下がっています。
gujoh06.jpg

小駄良川を背にして見たところ。宗祇水へは橋のたもとから階段でおります。
gujoh07.jpg

吉田川や小駄良川を中心に街が形成されている郡上八幡では、橋は景観形成上の重要なキーとなっています。平成11年に竣工した「新橋」は、東京の著名な景観デザイナーとのコラボレーションでデザインされました。落ち着いた佇まいが、背後に見える和洋折衷洋風建築(郡上八幡旧庁舎記念館)と実によく調和しています。真夏には、この橋の上から約30m下の吉田川に、子供たちがざぶんと飛び込むのですが、下を見るとかなり高く、相当な度胸が要求されそう。目をつむるしかないか。。。
gujoh08.jpg

街路灯には、お盆の8月13-16日の4日間、徹夜で踊り通すことで有名な「郡上踊り」がデザインされています。7年前、お盆にに訪れた際、その熱気に圧倒されました。見物人がどんどん踊りの輪に参加していく様は、ひとつの渦が町全体を包み込んでしまったように見えました。割と単純な踊りなので、初めてでもすぐ参加できます。また、お盆には、小駄良川の両側に蝋燭がずらりと灯され、幻想的な光景が広がります。
gujoh10.jpg

gujoh09.jpg

静かで落ち着いた佇まい。包まれるような雰囲気。

■岐阜県郡上市八幡町■
P10101911.jpg

市町村合併により、郡上郡八幡町から、郡上市八幡町になった。東海北陸自動車道が開通し、東名高速道路から一気に行けるようになったが、時間に余裕があれば、国道156号線で山あいをのんびり走るほうがよい。市内は道が狭く、生活道路であるため運転にも気を使う。クルマは駐車場に入れてレンタサイクルが便利。
郡上八幡は城下町。郡上八幡城は昭和8年に再建された木造城で、山内一豊と妻千代の銅像が立っている。観光地ではあるが、市内に大きなホテルや旅館はあまりなく(温泉が出ないためだろうか)、民宿が多い。いずれも和風で古びた感じの宿が多く、料金も格安で、料理も美味しい。お盆のシーズンには、踊り下駄を貸してもらえるが、全国各地から人が集まるので、宿の予約はお早めに。
スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。