スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ジャーミイ・トルコ文化センター

tokyomosque02.jpg

モスクといえば、イスラーム世界の象徴とも言うべき存在です。
以前のプログにも書いたのですが、日本という遠く離れた異文化の地に、イスラームはどのように根を下ろしているのか、そして何より、モスクのある風景は、ここ東洋の日本でどのようにわたしたちの目に映っているのか、何となく気になっていました。
昨日からの雨もあがったので、今日、日本では最も大きいイスラーム建築である、東京ジャーミイ・トルコ文化センターに行ってきました。とてもよかったですよ。

tokyomosque01.jpg

小田急線の代々木上原駅で下車し、井の頭通りを数分歩くと、高層マンションの間から、高い尖塔が見えてきます。実にどっしりとした構えです。自分が今、日本にいるのが一瞬疑わしくなるほど、本格的なつくりのモスクです。

tokyomosque03.jpg

周囲の現代建築とは明らかに異質な、大理石張りのアラブ建築。外壁に施された美しい装飾をはじめ、イスラームの世界がここにある、見る者にそう予感させる外観です。期待が高まってきます。

tokyomosque04.jpg

エントランスの左側にある装飾。白大理石の上に金属による紋様が施されています。

tokyomosque05.jpg

エントランスです。いつも開いていて、わたしのような部外者にも「welcome!」と誘っているようです。おそるおそる敷居をまたぎます。何だか身が引き締まるような気分。

この東京ジャーミイは、ロシア革命を逃れて日本にやってきたカザフ州トルコ系タタール人が1983年に木造のモスクをこの地に建設したのが最初で、その後、老朽化に伴い2000年に建て替えられました。建替えには12億円もの費用がかかり、トルコ国民やイスラーム団体からの寄付で賄われたそうです。
オスマントルコ様式の伝統を継承しながら、一方で現代建築としてのテイストも加味され、1階には結婚式、演劇、展示会、講演などにも対応できる多目的ホール、そして2階には礼拝堂があります。トルコ人建築家ムハッレム・ヒリミ・シェナルプさんの設計によるもので、施工は鹿島が担当しました。装飾関係はトルコ本国からやってきた職人さんたちが担当したようです。
日本人にトルコやイスラームの文化に対する理解を深めてほしいとの願いから、一般の方にも公開されていて、礼拝のとき以外は、自由に内部を見学することができます。
ただし、女性はスカーフ着用が必要です(貸してくれます)。
1階ロビーには、日本語のパンフレットやCD、雑誌などが置かれていて、何か質問したければofficeの方(トルコ人)に尋ねれば英語で答えてくれます。

それでは、いよいよクライマックス、2階の礼拝堂に上がってみましょう。

tokyomosque06.jpg

2階には、屋内からも屋外からも上がれます。上がると、そこはテラスのようになっていて、礼拝堂へのエントランスが扉を開いて待っています。

tokyomosque07.jpg

エントランスから見上げると、ドームの先端が見えています。これから、あのドームの中に入っていきます。靴を脱ぎ、静かに一礼して足を踏み入れると、そこに待っていた光景とは。。。

tokyomosque08.jpg

tokyomosque09.jpg

tokyomosque10.jpg

tokyomosque11.jpg

もう言葉もありませんでした。中央に吊り下げられたシャンデリア。そして、その上を仰げば、素晴らしい象嵌細工の施されたドーム天井が。。。イスラームのモスクに入ったのは初めてで、以前からの憧れであった、しかもこんな本格的なモスクに簡単に入れてしまっていいのか?と思ってしまいました。

ここにたくさんのイスラームの方たちが集まってコーランを唱和する光景を想像しただけで、何だかゾクッときましたね。仏教のお寺やキリスト教の教会とは明らかに違う世界が、そこには確かにありました。

tokyomosque12.jpg

礼拝堂を出て、建物の横に回ってみると、そこにはアラビア語で書かれたレリーフが刻み込まれていました。カリグラフィというらしいのですが、意味がまったくわからない分、とてもミステリアスに見えますね。日本語のパンフレットをいくつかもらってきたので、これから読んでみたいなと思います。

最後に、ちょっとだけ番外編を。

tokyomosque13.jpg

こちらは男性用トイレです (こんな写真を出してしまっていいの?と心配しつつ)
いわゆる男性用の小便器、はありません。
左側に見えるのは、手洗いスペースで、右側の個室で用を足すようになっています。「立小便禁止」と書かれているところを見ると、こちらを小用と勘違いしてしまう人がいるのかもしれません。実は、わたしも一瞬、そう思ってしまったくらいです。座れるようになっているのは、ここに腰掛けて足を清めるためと想像します。こんなところにも、文化や慣習の違いを見ることが出来るのですね。
スポンサーサイト

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ラーダ・ドゥーナさん、こんばんは。

イランに住んでおられたって、貴重な体験ですね。
観光旅行で気軽に入れる国じゃないですし。
何かあるたび、外務省から渡航禁止勧告とか、出ますよね。

なるほど、同じイスラームでも地域によってもモスクのデザインや趣が違うのですね。たしかに、グラビア写真で見るアラブ世界のモスクに比べて、東京ジャーミイは上品というか控えめというか、抑えが効いている印象でした。「日本的」を意識したのでしょうか。

トルコの人たちはとても親日派だと聞きますね。
日本に最も近いイスラーム、なのかも。。。






No title

たかあchinさん、こんばんは。

東京の真ん中に、こんなにオリエンタルでエキゾチックな建築があるというのが、ちょっと信じられないですよね。仕事で東京に毎日通っていますが、知らないこと、新しい発見がまだまだありそうです。
これだから、街の探検はやめられないわけですね。
これからもよろしくです。

No title

こんにちは

以前、三鷹にある「中東文化交流センター」(だったっけ?)に行った事がありますが、東京にこんな本格的なモスクがあるのですね。

私は以前、イランに住んでいましたが、イランのモスクはもっと色彩があり、トルコのモスクはシックだな〜と思いました。

なかなかトルコまで行けないので、このモスクに行ってみたいです。

No title

日本でこんなに近くに異文化を感じられる建物があるんですね〜。
いろいろ見させて頂きました〜!
残しておきたいという古き良き日本の風景もいいですよね〜♪
参考にさせて頂きます!

No title

柳さん、こんばんは。
おほめいただいて、なんだか恐縮しちゃいます。
確かにあちこち行っている方かもしれないけれど、いわゆる街並み系が専門の方たちは情報量も行動範囲も半端じゃない方がいっぱいいて、とても太刀打ちできません。それに、出張やらで地方に行った時に週末を組み合わせてちょいと行ってきただけのところもあり、じっくり腰をすえて見てくることはなかなかできないです。

でも、通りすがりに写真を撮ってきただけでも、その写真を後からじっくり見てみると、いろいろなことに気づくことがあります。ブログを書くのは、そういう意味で、とても味わい深いというか、帰ってきた後に旅に浸かれる楽しさがありますよね。

No title

tomatoさん、こんばんは。
そうか、善福寺がホームタウンなのですね。
このモスクとは井の頭通りでつながっているわけですね。

東京のど真ん中に、こういう異文化のモスクが立っているというのは、なんだか不思議なことですけど、実際に見に行くとそんなに違和感は感じなくて、こういうのもアリだよね、と素直に思えてしまいます。何でもアリの東京だから、かもしれないけど。

ぜひ、見に行かれるとよいと思います。蛇足ですが、階段の手前にあるお手洗いも見てきてください(笑)

No title

こんばんは。ご訪問ありがとうございました。
素敵なブログですね。
fabio777さんというフィルターを通した写真には、日本の伝統的な風景も新鮮に感じました。
いろいろなところを歩いておられて羨ましい。
またお邪魔させていただきますね。

No title

美しいですねえ。
東京にこんな場所があるとは知りませんでした。
東京生まれのくせに知らないことが多いなあ・・・・

ブルーモスクに代表されるように、
モスクの白地に青色は本当に綺麗ですね。
これら幾何学模様の効果もあるのでしょう。
イスラム文化というのはこんなにの美しいものであること、
改めて実感させられました・・・・

ここは井の頭通り沿いにあるのですね。
今度行ってみよう。
私のふるさとはこの井の頭通りをずっと西北に行ったところ、
吉祥寺、善福寺界隈です・・・・
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。