スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議と印象に残る広告 その2

空と海の青のちがいで、僕は泣いたりする。

この広告、かなりインパクトがありましたね。
風景がネタ元の当ブログとしては、ほうっておけないテーマでもあるわけでして。

toshibaregzacm.jpg

この広告が車内を飾っていたのは、昨年の秋頃でしたが、この広告のおかげかどうかわかりませんが、東芝REGZAシリーズは非常に好調な売行だとか。

わたし的には、実際のところ、第一印象としては、かなり違和感がありました。「おいおい、やめてくれよ」みたいな。

 海の青と空の青はどう違うのだろうか。
 わたしたちは、その違いに感動して泣いたりするのか。
 この液晶テレビはそれを忠実に再現できるのか。
 どこで撮影したのか。
 なぜ福山雅治は黒いイヌを連れているのか。

などなど、たわいもない疑問が沸いてきたものです。

セリフがあまりにもキザっちいというか、これじゃ中高年のユーザーが買いづらくなっちゃわないか、とか心配したくなったくらい。
海や空の青は、確かに、美しい。感動するくらい美しい。
それは、海の美しさと空の美しさの相乗効果のなせる業でしょうね。
美しさに感動して、泣くかもしれない。
でも、青の違いそのものに泣くというわけではない。
つまり、このコピーは、かなり無理を承知で、こじつけを承知で、見る者に挑んでいる、そんな風にもとれるわけです。

わたしは広告の専門家でも何でもありませんが、一口に広告といっても、ふーんと一目見てすぐ忘れてしまえるものと、自分の中で受け止め、それに対して自分の態度を決めるよう仕向けられるものがあります。この手の広告は、典型的な後者のほうでして、好きか嫌いか、受け入れるか受け入れないかといった最低限の価値判断を、見る者に迫るような一面があるんですよね。

これとは対照的なのが、同じ海ということで、消費者金融のレイクの広告。

余裕のゆうちゃん

lakecm.jpg

この画像の右側には、グリーンカラーのレイクの実広告が入ってくるのですが、ここでは外してみました。
優ちゃんは華やかで絵になるというか、抜群のCM感度を持っていますね。
この広告でも、いつもの優ちゃんの笑顔がはじけています。人生を謳歌する余裕のゆうちゃん。これでは、「ご利用は計画的に」というサラ金のメッセージが霞んでしまうくらい。
テレビCMでは、女友達とドライブで海を見に来て、沖合いに鯨を見つけて感動する、という設定で、サラ金とはほとんど関係ないストーリーですが、1枚の広告としてみると、、背景の海といまいちミスマッチな構図なんです。
優ちゃんの笑顔がすべてという素人っぽさというか、海の上に優ちゃんの画像を置いてみたという印象がぬぐえないのですね。

 ゆうちゃんの背景が、なぜ海なのか。
 遊園地やディズニーではいけなかったのか。

海を背景に使った広告作品って、あまり多くないような気がします。不思議といえば不思議ですが、そういえば、富士山を背景にした広告も、何気にありそうでいて、あまり思いつかないです。
クリエーターさんは、「余裕」のイメージを「海」に託したのかもしれません。広告としての完成度はともかく、無意識のうちに、「安心して借りられる」みたいなイメージを発信させたかったのかな。。。

一枚の広告には、クライアントの想いとクリエーターの技巧が凝縮されています。よく練られた広告であればあるほど、それを読み解いていくのはけっこう楽しいものですね。
ま、屁理屈はともかくとして、広告は風景の一部なわけですから、ぜひ、美しく心地よい広告をつくってほしいなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。