スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜大桟橋国際客船ターミナル

写真を整理していたら、横浜大桟橋国際客船ターミナルの写真が出てきました。3年前の撮影です。もう何度か行っているのですが、行くたびに強い印象を受けます。

oosanbashi01.jpg

東急渋谷線と相互乗り入れしている、みなとみらい線のみなとみらい駅で下り、山下公園までテクテク散歩します。本当は馬車道駅や日本大通駅のほうが近く、みなとみらい駅からはけっこう距離がありますが、港の風景を楽しめるし、近くは近代建築の宝庫で、いろいろな発見があって、遠足気分で楽しいです。寄り道ばかりで、なかなか目的地に到着しません。

oosanbashi02.jpg

横浜港は現在は美しく修景が整備されていますが、こんな『過去の遺産』もところどころに残されています。明治維新の頃から外国との貿易や交流の玄関口となり、戦後は米軍に長いこと接収されていた横浜港。そんな歴史の生き証人みたいな感じがして、シャッターを向けました。

oosanbashi03.jpg

さて、大桟橋です。広角で無理に全景を写すと、こんな風になってしまいます。島みたいに見えちゃうんですね。やはり、ランドマークタワーなど高層ビルの上から、空撮のイメージで撮らないと、全景はうまく撮れないようです。

oosanbashi04.jpg

ターミナルへの入口です。鯨が大きな口をあけているようなイメージです。

oosanbashi05.jpg

デッキに上がります。デッキはすべて、南米産のイペという木材が使用されていて、耐久性に優れているそうです。竣工当初はもう少し茶色っぽかった記憶がありますが、だいぶエイジングが進み、灰色がかっています。
カメラを持った女の子が一人佇んで、じっと遠くを見つめています。この奇妙キテレツな構造物と対峙して、一体何を想っているのでしょう。

oosanbashi06.jpg

三次元に波打った形状で、まさに山あり谷あり。迷路を歩いているような感じです。水平面が知覚できないので、ちょっと走ったりすると、バランスを崩したりします。平衡感覚がビミョーに狂ってくるのかもしれません。一瞬、荒川修作さんの「養老反命反天地」などの作品を思い出したりします。

oosanbashi07.jpg

芝生では、家族連れがのどかにくつろいでいます。和やかですね。
さて、内部に足を踏み入れてみましょう。

oosanbashi08.jpg

とにかく、普通に水平・垂直という要素がほとんどありません。床も壁も手すりも、みな波打っています。そもそも、床と壁の区別がつかないのです。

oosanbashi09.jpg

大ホールの天井です。ちょっと暗くなってしまいました。
無柱のただっ広い空間で、天井が凝っています。

oosanbashi10.jpg

こんな感じで、とにかく複雑な納まりです。メーカーさんも職人さんも現場監督さんも、とにかく大変だったことでしょう。

この構造物は、1990年代の後半に国際コンペを行い、日本人の偉いセンセイ方をおさえて、スペインの若手建築家(当時30歳そこそこでした)が優勝して、設計を手がけました。当時、その斬新なというか、奇抜なデザインを見た人は、一体どうやって作るのだろうと疑問に思ったはずですが、日本の構造デザイナーなどとコラボレーションし、ゼネコンも技術の粋を結集して、原案に忠実につくりあげてしまいました。すごいことですね。普通にやってできる構造物ではありません。
最新のコンピュータ技術と泥臭い職人技を総合したという点では、ランドマークタワーなんぞより、よっぽどすごいのでは?と思ってしまいます。

今後何十年にわたり、横浜のシンボルとして、いつまでもここに佇んでいてほしい。世界に誇れる文化遺産(あ、まだ遺産じゃあないけど)ですから、もし戦争になっても爆撃しないで欲しい(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: どーもです!

なべちゃんさん、こんばんは。
わたしも20代の頃、脱サラして大工になりたいなんて、真剣に考えてた時期がありましたね。
今思えば、アホでしたが。
てか、できるわけないって。
今はつぶれた草思社から出ていた、宮大工の棟梁のビデオ付きの本とか、読んだりしましたね。懐かしいなあ。
前にテレビで見たことがあるのですが、3年くらいかけて、たった一人で1軒のお屋敷を作ることにこだわっている大工さんを紹介していましたけど、木材の切り出しから全部自分でやらないときがすまないって人で、こういう大工さんって、どうやって食うかは別として、個人的にはとてもひかれるものがありますね。

どーもです!

はじめまして!

ちょっと興味を持ち拝見させていただきました♪

ヨロシクです(^^)v
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。