スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カザルスホール閉館

世界に誇る建築家・磯崎新氏の代表作でもある、東京・御茶ノ水のカザルスホール。
このほど閉鎖されることが決まったと発表されました。

casalshall.jpg

1987年の竣工当時、わたしは社会人になりたての頃で、学生時代から神保町をホームタウンとしていたことや、内外のデザインの美しさなど、とても印象に残る建築でした。明治大学のレトロな校舎(現在は高層棟に建て替えられています)とともに、御茶ノ水のシンボルみたいな存在でした。

報道によれば。。。
当初は、主婦の友社が名チェリストのパブロ・カザルスさんの名前を付けてオープンしたのですが、同社が経営難となって、2002年に日本大学に売却され、「日本大学カザルスホール」と呼ばれていたんですね。知りませんでした。日本初の室内楽専用ホールとして、1997年にはドイツ製パイプオルガンも設置されました。現在は学内行事や貸ホールとしてコンサートに使われているのみで、キャンパス再開発計画を推進する日本大学は、この名建築を取り壊す方針、とのことです。

これはかなりショックですね。
本当に壊してしまうのでしょうか。
壊して、どんな建築を建てるのでしょうか。
カザルスホールよりも価値のある建築ができるのでしょうか。
そもそも音楽ホールとして使う意思があったからこそ購入したのではないでしょうか。
パイプオルガンはどうなるのでしょうか。。。

わたしは実は、このホールで演奏を聴いたことがなく、オルガンの音色を一度聴いておくべきだったと今更ながら後悔しています。

できることは、今度の週末に、写真を撮影しに行くこと、くらいでしょうか。
なれ親しんだ街から、またひとつ、記憶の残滓が消えていく。
ちょっと悲しい。
いや、すご~く悲しい。

日本大学さんには、是非、カザルスホールの存続を前提としたキャンパス再開発計画を推進していただきたい。磯崎新アトリエにマスタープランを任せれば、素晴らしい提案が出てくるに違いない、などと思うのですが、今となっては負け犬の遠吠えに近いのかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

inutaroさん、こんばんは。
コメントが逆になってしまいました。

> 今も地方で新しく建てられた名建築というのはあるのでしょうか。

むずかしいところですよね。
1950〜1960年代の建築は、けっこう面白いものがあると思いますが、建て替えられたりして現存しないものもあったり。で、新しく建て替えられた建築には、少なからず失望したりします。
鉄とガラスとコンクリートばっかりの新しい建築は、正直あまり興味ありません。
安藤忠雄さんとか、どうしてこんなにもてはやされるのか、理解できないです。

地方でも、バブル当時はハコものがたくさんできましたが、あまり期待できないですね。
やはり、旅館、教会、住宅、店舗など、施主の気持ちが反映された建物のほうが、見ていて楽しいというか。。。

新しいものにあまり興味がもてないので、どうしても、レトロなほうへと目が向いてしまいます。

Re: 伊勢の麻吉旅館は行かれましたか

伊勢の麻吉、いちおう知っています。
2つの棟を空中の渡り廊下でつないでいて、大きい板蔵があるそうですね。
といっても、ネタ本からの切り売りですが(笑)
「木造三階建の宿」という小学館の本です。
「サライ」で連載していたのを単行本に下みたい。貴重なネタ本ですね。
伊勢は20年前に行ったきりです。
また行きたいものですね。
でも、残されているのが1軒だけというのも、寂しいもんです。

伊勢の麻吉旅館は行かれましたか

伊勢神宮の比較的近所にある古市という集落。
かつてはお伊勢参りの後の精進落としの場所として、遊廓が軒を並べたといいます。
でも今は全部普通の住宅に建て替えられ往時をしのぶものはほとんど残されていません。
そういう中で1軒だけ「麻吉」という旅館が今も往時の姿そのままで営業を続けています。
ここは宿泊料金も手ごろで、たしか日曜日には宿泊者でなくても中を見学できたように記憶しています。
私が行ったのは平日で、少々おどろおどろしい雰囲気に圧倒され、外観をしばし眺めただけで退散しました。

いろいろな町に行かれているようですので、すでによくご存じかもしれませんが。

No title

地方の町に行って思いがけず名建築と出会う。
それはとても楽しいことですが、たいていそういうものは、過去、その町が今より華やかだったころにたてられたものであることが多いようです。
今も地方で新しく建てられた名建築というのはあるのでしょうか。
私はそのあたりについてあまり詳しくないのですが、そういうものはご存知でしょうか。

No title

inutaroさん、こんばんは。
東海館の記事、見に行ってきました。
やはり、すごいです。
これは見に行くしか、ありません。

廃業になったのは残念ですが、逆に解せば、高い金を払って泊まらなくても内部を探検したり撮影したりできるわけで、そういう意味ではよかったかな、などと考えています。

山陰の三朝温泉にある超有名旅館「大橋」を訪れたとき、中を見たい、写真を撮りたい欲望に駆られましたが、一泊数万円の旅館に泊まれるはずもなく、外観だけ撮ってスゴスゴと。。。いつかリベンジしたいです。。って、一体いつになることやら。

No title

こんにちは。昨日夜、伊東から戻ってきました。
東海館は私の予定にも入っていました。
簡単にレポートしています。
よろしければお立ちよりください。
http://inutaro.blog55.fc2.com/blog-entry-263.html

Re: No title

inutaroさん、こんばんは。

MOA美術館ですか、いいですね。竹中工務店にいた柳沢さんという先生がデザインしたのですが、外装とかとても綺麗です。
最近できたPOLA美術館も、いいですね。こちらはガラス張りで、NOAとは違う雰囲気があって気に入っています。

それから、伊東には、「東海館」という木造のすごい旅館がありますね。
つい最近、廃業したようなうわさも聞きましたが。
わたしはまだ見に行ってませんが、寄られてはいかがでしょう。
有名(なはず)なので、すぐ見つかるのではないでしょうか。

修善寺のほうに行けば、「新井旅館」(だったかな。。)、こちらは現役バリバリのはずです。

肉離れの件、だいぶ張れも痛みもひいてきて、大丈夫そうです。
お気遣いいただき、ありがとうございました。
それでは。

No title

肉離れですか、本日の記事拝見しました。
行動的な方だと拝察しますので、さぞかしお辛いでしょうね。

そういうときにこんなことを書くのは非常識かもしれませんが、
私は火曜日伊東で仕事。
その日は朝早いので、月曜から静岡県に入って、
まずは熱海のMOAで今の時季しかみられない光琳の紅梅白梅図屏風を観賞し、後、伊東の町をぶらぶらしようと思っています。

お大事に。
早くよくなるといいですね。

No title

inutaroさん、こんばんは。
別バージョンのブログも素敵ですね。
まだ全部は拝見してませんが、足跡残してきました。
これからも大いに参考にさせてくださいね。

ちょっとケガしてしまったもので、しばらくは街並みウォーキングは謹慎です。こういう機会に、過去ネタをもう一度、振り返ってみるのもいいかな、と。
あちこち旅したときに現地でもらったパンフレットなどを保管していまして、たまに引っ張り出してみると、いろいろな再発見があったりします。そんなことをまたブログに書いてみようかな。

No title

またまたお邪魔してしまいました。
そしたら早速私のコメントにお返事が。
どうもありがとうございます。
さて、たくさんの記事の中でも、各地の町並みのシリーズを興味深く拝見しております。
これは自分勝手な思い込みですが、興味対象は私と似たものを感じつつも、
視点やブログへの紹介の仕方がまるっきり違うようで、すごく新鮮さを感じています。

よろしければ私のブログの別バージョンもご覧いただければ幸いです。

http://squareworld.seesaa.net/article/111938096.html
http://kenchikuondo.seesaa.net/article/108661733.html

(あくまでも、よろしければ、ということで。コメントやトラックバック目的ではありません。無視していただいて結構です)

No title

inutaroさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

「地名の語感」って、とてもいい響きですね。
名もない街並みを訪れるって、わたしもよくあります。
地図(ナビではなく)を見て、何となくピンときたところに行ってみる。
すると、写真としては残らなくても、何かしら、印象に残るんですよね。
自分がこの地に来たということに、何かの「縁」みたいなものを感じたり、とか。。。

はじめまして

私のブログにコメントをいただきありがとうございました。
コメントのURLからお訪ねしました。
素敵なブログですね。写真が美しいし文章も丁寧だし、流し読みですが、一気にいろんなページを繰って行きました。
私もヒマを見つけては各地の町並みをたどっています。私の場合は名も無い町並み。地名の語感だけを頼りに。
またお邪魔いたします。
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。