スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の嵐山

京都・嵐山の風景です。2年前の正月、撮影したものです。
雪景色を見たかったのですが、天気がよすぎて。。。

arashiyama03.jpg

嵐山の話をする前に、全然関係ない話をちょっと。

実は、この週末、ケガをしてしまいました。
わたしは週末、近くの自然公園で10kmばかりジョギングしていて、多少の自信はないわけではなかったのですが。。。普段はゆっくり走りますが、ちょっとダッシュをかけた瞬間、左ふくらはぎに「ブチッ」という痛みが走りました。
最初、誰かに蹴りでも入れられたかと。。。
でも、誰もいないし。
そうか、やっちゃったか。。。
数分間うずくまっていたのですが、誰も助けちゃくれないので(あたりまえやん)、ビッコをひいて家まで帰りました。そして、クルマで病院にいったら、先生いわく、

肉離れですね

「とりあえず全治一ヶ月くらいかな。これから足首のほうが張れてくるかもね。2週間はお風呂厳禁、ジョギング再開は様子を見ながら、早くても4週間後ね。無理すると再発するよ。じゃあ、そういうわけで、お大事ねー」

あーあ。
びっこをひくか、カニみたいにしないと歩けなくて、山用のストックを使っています。
肉離れなんて、アスリート限定かと思っていましたが、こんな週末ぐうたらジョガーでもなったりするのですね。体力、落ちているのかなー。
建国記念の日、近場の温泉に行くはずだったのに。
シングル足湯で我慢するしか、なさそうです。

というわけで、当分は写真を撮りに行くことも美術展を見に行くこともできません。
当ブログについても、過去ネタでしのぐしかないわけで。。。

arashiyama02.jpg

arashiyama01.jpg

そんなことで、ヒマネタ第一号として、京都の嵐山です。
2007年の正月、三が日を避けて、4~5日に京都観光にいってきた時の写真です。

京都の四条大宮から京福電鉄嵐山線で嵐山に向かいます。嵐山駅はなかなか綺麗にしつらえられていて、さすが嵐山という感じですね。駅前はお土産物屋が軒を連ね、華やかな雰囲気です。

arashiyama05.jpg

嵐山といえば、渡月橋ですね。
だけど、この写真、よく見ると「あれ?」と思いませんか。
よーく見てくださいね。

橋の中央部に、黄色い工事用の仮設パネルが付けられています。

arashiyama04.jpg

近づくと、こんな風になっています。
実は、2006年の大晦日くらいだったか、地元の若者が運転するスポーツカーが橋の上でスピンし、欄干を突き破って、川に落ちてしまったのでした。確かに、川原には欄干だった木材が散らばっています。
正月を控えているだけに、警察さんは慌ててクルマを引き上げたのでしょう。
全国放送のニュースで放映されたので、ご本人はとても恥ずかしかったでしょうね。ケガはなかったのかな。
それにしても、こんな文化財を壊しちゃったら、いったいいくらつくのか、想像もつきません。保険屋さんもビビったことでしょう。

以上、わたしのゲカと絡めて、渡月橋のケガのネタでした。何の落ちもなくて、すみませんね。

arashiyama06.jpg

arashiyama07.jpg

arashiyama08.jpg

嵐山の風景。観光客の多い渡月橋を離れると、嵐山の静かな風景が広がっています。
一度、雪化粧の嵐山を見てみたいですね。

最後にこんな一枚。

arashiyama09.jpg

京都駅ビル。いつ見ても、すごいですね。かれこれ15年はたっているわけですが、ある意味、新鮮さはまったく失われていませんね。世界金融恐慌が吹き荒れる今、こんな絢爛豪華な建築は当分、現れそうにありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tomatoさん、こんばんは。
桂川で泳げたなんて、すごいですね。
水面から渡月橋を見上げるというのも、面白いかも。

df504さん、お気遣いありがとうございます。
痛みはだいぶ治まって、階段の上り下りがしんどいくらいです。
駅のバリアフリーの有難みが少しわかりました(笑)

肉離れは実は初めてなのですが、一度やると癖になるのがいやですね。わたしは夏から秋にかけて、テントを背負って山歩きしていまして、今年こそは北アルプス完全縦走を果たそうなんて思っていただけに、ちょっと暗雲が漂ってきたかも。
まあ、気長に治すしか、なさそうです。

こんばんは。

痛みの方は多少治まってきたでしょうか。お気の毒です。
再び10km走れる日が早く来ることを祈っています。

コメントありがとうございました。また,よらせて頂きます。

No title

怪我たいへんでしたね。
ハムストリングの肉離れはよくあります。
しばらくはご不便でしょうが、ご自愛下さい・・・・

実は私の母が京都の出身で、
親戚の一人が嵐山の一歩手前の梅津というところにいます。
子供のころはこの桂川でよく泳ぎました。
懐かしいです・・・・
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。