スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門出の季節

ここ最近、いろいろな出来事があって、更新できませんでした。
ペコリ。
やはり心に余裕がないと、ブログは続けられないですね。
今日は二週間ぶりです。相変わらず、変わり映えのしない記事ですが。。。

ayu_200902_800x600.jpg

最近のJRの車内、panasonicの広告が目立ちます。
おなじみ、浜崎あゆみさんのデジカメ「LUMIX」の広告です。
相変わらずの美しさですね。
こちら、panasonicのサイトで壁紙としてダウンロードができます。

さて、今日の車内で、わたしがぼーっと広告を見ていたら、横に立っていた若いカップルが、こんな話をしていました。
「それにしても、Ayu、綺麗だね」
「一分の隙もないというか、あまりにも完璧すぎると思わない?」
「ぜったい、画像処理しているよね」
「してるに決まってんじゃん」
「画像処理どころか、画像そのものを作っちゃったのかも」
「要は写真じゃなくて、CGで人工的に作った画像ってこと?」
「それくらいのことは、今の技術ならできるかもね」

なるほど。
確かにそうかもしれません。
アイメイク、眉、口元、指先、ディテールを見れば見るほど、あまりにも完璧すぎる。
本当に写真なのか、疑わしくなってきます。
この完璧な美しさと、デジカメの売上がどう論理的につながるのか、よくわからないけれど、浜崎あゆみ=panasonic=LUMIXという路線はすでに完全に出来上がっているわけで、より完璧な美の画像を提供するたびに、見る者の意識に刷り込まれていく、というような構図になっているのかも。

したがって、今後もLUMIXのCMに出続ける限り、ayuはあらゆる手段を駆使して、より美しくあり続けなければならなくなっちゃったわけですね。

だけど、人工的な美は、ともすると人間くささが欠けてしまう。
多少しわがあったって、ほくろがあったって、いいじゃん。
誰もが、完璧な美に惹かれるというわけでもないでしょう。
1995年くらいからの小室ブームによって、安室とか、どことなくサイボーグっぽい美が賛美されるようになった感じがします。裁判の結果によっては、小室さん、数年間はくさい飯を食うことになるかもしれないけど、ayuは当分健在そうです。

panasonicmovie.jpg

「ママは、あなたのおっかけです」
同じpanasonicでも、わたしは、こちらのほうがいいですね。
門出の季節、若い両親の気持ちを素直に代弁しています。
動画では、トコトコと走り出した娘が幼稚園の先生にあいさつしたりして。
文句なしに、高感度CMですね。
でも、パパはどこに行っちゃったのかな?
ちょっと心配。
ママは子供ばかりに首っ丈、パパは給料運搬人?
たまにはパパのことも追っかけてあげてほしい(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。