スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CMは時代を映す鏡…か?

CM総合研究所/CM DATABANKでは、毎月前期・後期の好感度CMのtop10を公表しています。
2009年3月前期銘柄別CM好感度top10を見てみたら、なんと、上位5位は携帯電話・通信・ゲーム機で占められていました。

softbankcm01.jpg

softbankcm02.jpg

携帯電話会社の強みは、なんといってもオンエア本数の多さでしょう。
1位のsoftbankは9本、3位のKDDI/auは18本、4位のNTT DOCOMOは11作品となっています。
他のジャンルと比べて、本数の多さは群を抜いています。
携帯電話会社同士で本数を競っているのでしょうか。
softbankのお父さん犬シリーズなど、一見意外性があるけど実はすごい単純なモチーフのほうが発展性があって、いろいろなバリエーションが可能になるのかもしれません。
次から次へと新作を供給して、飽きさせないようにするしかないのかもしれないけれど、それってけっこう、いや、かなり辛いのではないでしょうかね。
それに、いつまでも同じシリーズでは飽きられてしまうし、新シリーズにいつの時点でどう切り替えるか、タイミングが難しそう。

がんばってくださいませ。わたしは当分、携帯電話の買い替えはいたしませんが(笑)

ところで、気になるのが、クルマのCMがランキングにほとんど登場しないこと。
最近では、2009年2月後期のtop10で、ホンダのインサイトが10位ぎりぎりに滑り込んだだけ。
一体どういうことなんでしょう。
でもって、インサイトのCMってまだ見たことはないけれど、こんな感じです。

hondainsightcm02.jpg

hondainsightcm01.jpg

これがHondaのCMかよって気がしちゃうのは、わたしだけでしょうか。
HondaのCMサイトによれば、出演者はPEANUTS(スヌーピー、チャーリー・ブラウン、ウッドストック)、BGM曲は「世界の国からこんにちは」だそうで。
実車を見る限り、Hondaらしさというか、クルマ好きをひきつける魅力は凄いと思うんだけど、ハイブリッドゆえ、クルマそのものよりエコのアピールが先行している印象があります。

クルマなんて、もうどうでもよくなっちゃったのかもしれない。
たった20年間で、なんという価値観の大転換でしょうか。
あまりにも急激過ぎて、鈍感なわたしはとてもついていけない。

ところで、20年前のCM好感度top10って、どうだったのか、知りたいと思いませんか?
鮮明に覚えているのは、JALの「アイル」です。
覚えていますか?

バブルの真っ最中、華やかな時代の先端を行っている感のCMでした。
1991年、川村かおりがヨーロッパの街を歌いながら歩き抜けるシーンです。
ノリノリの音楽が、ジュリアナ(死語?)っぽい雰囲気。

jalill01.jpg

画質わるくてすみません。
YouTubeで見れますよ。

I'LL…私には輝かしい未来があると誰にでも思わせてしまう、素晴らしいネーミングでした。
こんな時代もあったんですなぁ。
当時のJAL本社が入居した天王洲の再開発複合施設には、「天王洲アイル」なる名前まで付けられたくらいです (島の意味のアイランドにもかけていたんだろうけど)。
その後、華やかさの中心は六本木や台場へと移り、今は天王洲ってどこだっけ?

今でも、JALのツアー商品の名前になっているけれど。。。

jalill02.jpg

アイル転じて、「I was ……」といったところでしょうか(爆)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。