スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足尾銅山へ その1

P1010015_convert_20090711170013.jpg

本当に久しぶりの更新になります。
この間、どこにも行ってなかったというわけでもないのですが。。。
ということで、栃木県の足尾銅山に行ってきました。
かつてのJR足尾線は、国鉄のJR移行後、わたらせ渓谷鉄道となりました。
先日テレビを見ていたら、沿線の神戸駅が、おなじみ西村京太郎センセイ原作の鉄道ドラマの舞台になっていました。
足尾駅前にクルマを停め、構内に入ってみます。

P1010001_convert_20090711165527.jpg

P1010002_convert_20090711165559.jpg

足尾駅は、無人駅ではありませんが、こじんまりとしています。終点ではありません。
駅前には、小さい古びた商店が一軒あるだけです。
駅名表示を見ても、今はJRではないんだな、と気づかされます。
ひとつ先の間藤という駅が終点です。
有名なトロッコ列車は、大間々駅を出発し、足尾駅が終点となります。

P1010013_convert_20090711165748.jpg

気動車ではなく、ディーゼル機関車が牽引しているのですね。
関東では今や数少ない非電化区間です。

P1010008_convert_20090711165635.jpg

手前が普通の車両、奥がオープン(?)というのか、ウィンドレス仕様の車両です。

P1010010_convert_20090711165453.jpg

開放感は抜群ですが、雨が降ったら濡れるしかないのかな?
目指す精錬所は終着駅の間藤の先にあるため、列車から見ることはできません。
これはちょっと残念ですね。

P1010012_convert_20090711165707.jpg

構内には、国鉄時代の懐かしい気動車が設置されています。
わたしは「鉄」ではないので、型式などはわかりませんが、地方路線をよく走っていた車両であることくらいは見当が付きます。奥の車両は国鉄時代のツートンカラーに美しく再塗装されていました。
落ち着いたいい雰囲気の駅ですね。

P1010019_convert_20090711165831.jpg

駅舎の内部。観光客がたまに訪れる以外は閑散としています。

その2 に続く
スポンサーサイト

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。