スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待乳山聖天から隅田川へ

隅田川花火大会を見に行ってきました。
もちろん、殺人的なラッシュは覚悟の上です。
お昼頃に到着し、近くを散策することにしました。しかし、それにしても暑い。。。

P1010002_convert_20090727210452.jpg

東京メトロ浅草駅を出ると、何ともレトロな地下街が。
浅草は日本で最初に地下鉄が誕生したところですから、無理もないですね。

P1010001_convert_20090727210633.jpg

団塊世代のお父さん方は、昔懐かしさのあまり涙がこぼれてしまうのでは?(笑) 失礼、団塊以上かな。ポスター自体は戦前のもののコピーかもしれませんね。戦後にしても古すぎるもん。

P1010003_convert_20090727210540.jpg

昭和の雰囲気プンプン、ほとんど別世界です。
こんな空間が今の東京にまだ残っていたとは。
でも、不思議と落ち着く。
「日本の原風景」は、都会のど真ん中にも見つけられるんですね。

P1010011_convert_20090727210809.jpg

そして、浅草七福神のひとつ、待乳山聖天へと向かいます。
浅草駅前から巡回バスの「北めぐりん」に乗り、3つ目の停留所で下りると、すぐ目の前です。
待乳山聖天は十一面観音菩薩を本地仏とする聖天様(大聖歓喜天)で、聖天様を供養する「浴油祈祷」で有名です。地元の信心深い方々が一心に祈祷しておられました。

P1010009_convert_20090727210850.jpg

江戸時代以来という築地塀。
待乳山は山というだけあって、5~6m程度の「標高」があります。昔、盛土したらしく、自然の丘ではないようです。

P1010016_convert_20090727210939.jpg

待乳山聖天のシンボルである「大根と巾着」。 大根は良縁成就と夫婦和合、巾着は商売繁盛を表し、境内のあちこちに大根と巾着のシンボルが見られます。

P1010012_convert_20090727211051.jpg

夫婦和合を象徴する2本の二股大根。何ともユーモラス。じっと見ていると恥ずかしくなってきますね。本堂には誰でも上がれることができて、ご本尊の前には本当に大根が20本くらい、奉納してありました。

P1010013_convert_20090727211127.jpg

こちらは巾着ですね。夫婦和合と商売繁盛がセットというのが、何とも現実的というか、いかにも江戸らしいというか。。。大きな宗派でないこともあってか、地元の人たちの信仰と密着した「等身大の」宗教という印象です。

P1010020_convert_20090727211400.jpg

それにしても暑いです。風があるのがまだ救いです。
さて、そろそろ花火大会の会場に向かわなくては。
まだ3時前ですが、すでに会場周辺は人で埋め尽くされています。どうやら一等地はとっくに占拠されているらしく、すでにあちこちで宴会が始まり、べろんべろんで寝込んじゃった人もいます。
日が暮れて本番になったらむっくり起き上がるのかな。
さて、言問橋を渡り、歩いて歩いて、首都高速向島出口のあたりまで来ました。とりあえずこのへんでスペースを確保するしかありません。しかし、周囲はこんな有様です。

20090725-00000044-jijp-soci-view-000.jpg
隅田川の花火 7月25日21時24分配信 時事通信
東京、夏の風物詩「隅田川花火大会」が25日夜開催され、約2万発の花火が打ち上げられた。隅田川周辺の会場には約94万8000人(主催者発表)の見物客が集まり、真夏の夜空を彩る大輪に歓声を上げた

うわさに聞いていた通り、山手線並みの混雑でデジカメを出すこともままならず。仕方なく、新聞社さんの写真を拝借させていただきました。ゴメンナサイ。

帰りも大変で、京成線の押上駅まで歩いたものの、駅は人であふれかえっています。結局、タクシーに乗ってしまいました。タクシーの運転手さんに絶景穴場ポイントを教えていただいたので、来年はリベンジができそうです。

地元の方たちは、いろいろ穴場をご存知のようで、多少距離が離れてもアパートの隙間で見晴らしがいい場所とか、探せばいろいろありそうです。やはり、ちっとは落ち着ける場所でゆっくり鑑賞したいものですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。