スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三方五湖の秘湯、虹岳島 (こがしま)

福井県の三方五湖に行ってきました。
関東の人間にはあまりなじみがないかもしれませんが、東尋坊なら誰でも知っているでしょう。
東尋坊から少し南に下ったところにあり、とても風光明媚なところです。

P1010097convert_20090809111707.jpg

三方五湖は、久々子(くぐし)湖、水月湖、日向湖、菅湖、美方湖の5つの湖からなっています。海水とつながっている汽水湖もあれば、完全な淡水湖もあり、生息する魚も違います。レインボーラインという道路が通っていて、展望台からはこのような絶景を拝むことができます。関東ではお目にかかれない光景で、思わずウットリします。
こんなに美しいところでも国立公園ではない(若狭湾国定公園)のがちょっと不思議です。

さて、絶景を堪能した後は、レインボーラインを通って湖のほとりへと下りていきます。のどかな里山の風景が連なる田園地帯を通ると、次第に道は細くなり、やがて湖のほとりへ。

P1010079convert_20090809111523.jpg

虹岳島温泉は、ここから少しだけ奥まったところにあります。こがしま、と読むのですが、いかにも秘湯のイメージですね。

P1010076convert_20090809111447.jpg

P1010089convert_20090809111634.jpg

古い民家を移築したお宿です。

P1010071convert_20090809111409.jpg

おっと、「日本秘湯を守る会」だったのですね。知らなかった! 日本秘湯を守る会は、会員のお宿に泊まるとスタンプを押してくれて、10個たまったら1回ご招待(だったっけ?)。残念、今回はスタンプを持参していませんでした。

P1010057convert_20090809111252.jpg

ロビーに通された瞬間、うおっと声を出してしまいました。湖畔に面して、窓ガラス一面に静かな湖が広がっています。湖に突き出すように建っているので、視界をさえぎるものは何もなく、対岸にも建物はほとんどなく、本当に落ち着けますね。
プレジャーボートのカップルが湖上を走行していました。

P1010087convert_20090809111557.jpg

温泉に浸かり、部屋での食事を終えると、夕闇が迫ってきました。
本当に静かです。
包み込まれるような感じで、ずっとこのままいたいなという気分になりました。

P1010064convert_20090809111333.jpg

宿の壁に、巨大なカブトムシを発見!
手が届かず、残念でした。童心に返って、持って帰りたかった。

P1010100convert_20090809111747.jpg

虹岳島荘は、何軒かの民家を移築しており、遠くから見ると、湖畔に並んでいるように見えます。レインボーラインの展望台から、偶然、虹岳島荘を発見できたのですが、しょぼいデジカメのズームではこれが精一杯です。宿から湖の反対側に歩く遊歩道もあるようですが、めちゃくちゃ暑かったので断念し、代わりに宿のホームページから写真を1点、お借りしました。

zenkei4_convert_20090809124030.jpg

5軒の民家を移築して、屋内廊下でつないだつくりになっています。
温泉はラドン温泉(鉱泉)で、湯温が低いため加温しているようです。
このあたりで温泉が出るのはここだけで、本式の温泉としては、東尋坊に近い芦原温泉まで出なくてはなりません。でも、この絶景と美味しい海の幸があれば、そんな贅沢は無用です。

P1010107convert_20090809111822.jpg

P1010106convert_20090809131227.jpg


三方五湖には、このように、湖畔に「舟屋」を見ることができます。雰囲気がありますね。実際にボートなどの格納庫として使用されています。

→ 次は『若狭鯖街道 熊川宿』です
スポンサーサイト

テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。