スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若狭鯖街道 熊川宿

P1010130convert_20090809131725.jpg

熊川宿は、小浜からクルマで15分ほどのところにあり、かつて若狭鯖街道の宿としてにぎわっていたところです。京都から若狭に出る道はいくつもあったようですが、中でも、小浜からこの熊川宿を経由して滋賀県の朽木を通り、京都の出町柳に至る「若狭街道」が最も使われていたそうです。

P1010126convert_20090809131615.jpg

「若狭から運ばれた鯖が京の都に着く頃には、ちょうどよい塩加減になった」そうですが、夏場は大変だったのでは? なにしろこの猛暑ですから、鯖がいつまでもつのか、気が気ではなかったと思うのですが。。。

P1010134convert_20090809131801.jpg

P1010140convert_20090809131903.jpg

掘割のせせらぎが、猛暑を「気分的に」和らげています。風鈴と同じで、心理的な効果というのは大きいですね。伝統民家の深い軒は、夏の暑い日ざしや雪国の雪を考え、実によく工夫されていることを改めて感じます。

P1010138convert_20090809131833.jpg

ご当地名物、鯖寿司がおいしそうでしたが、食べている時間がなく、残念。

P1010120convert_20090809131449.jpg

P1010141convert_20090809132013.jpg

平入と妻入が並存する街並み。

P1010128convert_20090809131650.jpg

川に面した、ひときわ大きい町屋。伊藤忠商事ニ代目社長となった伊藤竹之助翁の生家とかで、熊川を代表する町家のひとつで、主屋、土蔵、庭が、平成7年1月に、町指定の文化財に指定されています。

さすがにこれだけ暑いと、旧街道をじっくり散策しようと考える人は少なく、タオルを頭からかぶって歩いている人もいました。道の駅には資料館がありましたが、せっかくみなさんが「涼みに」来るので、展示内容がもう少し充実しているといいなと思いました。

→ 最後に『温泉街』その他です

スポンサーサイト

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。