スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海の軍港 舞鶴の赤れんが倉庫群

IMG_0706convert_20090810204806.jpg

舞鶴に行ってきました。
日本海に面した、かつての軍港です。
学生時代から、舞鶴には一度行ってみたいという、憧れのようなものがありました。
戦後の引揚げなど激動の歴史の舞台だったこともあるけれど、いろいろな映画に登場するし、まあ多分にミーハー気分だったのだろうとは思いますが。

IMG_0707convert_20090810205015.jpg

目指す赤れんが倉庫は、東舞鶴と西舞鶴をつなぐ、国道沿いに立ち並んでいます。赤れんがといえば、横浜港の赤れんが倉庫が有名ですが、あまりに観光地化されています。その点、舞鶴の赤れんが倉庫は、「ひっそり感」があって、観光客がツアーバスで大挙して押しかけるような雰囲気ではありません。

IMG_0719convert_20090810205651.jpg

IMG_0720convert_20090810210127.jpg

IMG_0714convert_20090810205919.jpg

なんだか日本にいる気がしなくなってきます。ヨーロッパの歴史のある都市に踏み込んだみたいな気分です。扉を開けて外国人の軍人が出てきそう。映画のロケによく使われるのもうなづけます。

IMG_0709convert_20090810205223.jpg

舞鶴の赤れんが倉庫群は、明治34年(1901)の旧海軍舞鶴鎮守府の開庁に伴い、海軍が建設したものが中心で、中でも「赤れんが博物館」の建物は、明治36年(1903)に「旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫」として建設されたものだそうです。

IMG_0733convert_20090810210537.jpg

IMG_0726convert_20090810210315.jpg

ところで、ちょっとマニアックになるけれど、舞鶴の赤れんが倉庫群は、

○リベット接合法と圧延鋼材を用いた本格的な鉄骨構造建築物としては、わが国に現存する最古のもののひとつであること。
○鉄骨にCarnegie(カーネギー)社の銘があり、鋼材の製造会社が特定できること。
○フランス積れんが建築物の数少ない例であること。
○れんが壁が耐力壁(bearing wall)ではなく、非耐力壁(カーテンウォールとして使用されていること。

などなど、とにかく、明治時代の旧海軍の遺構としてとても貴重で、まちがいなく、世界的に見ても20世紀初頭における最先端の技術水準を示しているのだそうです。

ふむふむ。
確かに、開口部などのディテールなど、とても凝っています。れんがを組積造として構造体に使っていたら、こういうデザインの工夫は難しかったかも。

IMG_0739convert_20090810210726.jpg

湾内には、小さいけれど軍用船がちらほら。
舞鶴が今も軍港であることを感じさせられます。
とはいっても、どことなくのどかで、漁港がそのまま軍港になったようなイメージでしょうか。
核を搭載した米海軍の空母が出入りする横須賀や佐世保に比べれば、可愛いものですね。

それにしても、軍艦ってどうして、みなグレーばかりなのだろう。
なんだか夏休み子ども教室みたいな質問ですね(笑)。
どなたか教えてください。

ところで、舞鶴の市街は、西舞鶴と東舞鶴に分かれ、クルマで10分くらいの距離があります。でもって、宿のおかみさんに聞いたのですが、役所も警察署も高校も病院もJRの駅もすべて、西と東それぞれにあるという、かつてのベルリンみたい(なわけないか。。。)なところです。日本全国見渡しても、こういう都市はきわめて珍しいのではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。