スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根雨-後醍醐天皇が遷幸・還幸した足跡が残る出雲街道の宿

neu01.jpg

neu02.jpg

参勤交代の際に大名が泊まったとされる本陣跡が残されています。豪商、近藤家住宅を中心に、地味だが味わいのある家並みが続きます。木塀に沿って掘割が流れ、鯉が泳ぐ。湧水もあり、岐阜の郡上八幡に雰囲気が似ているかも。
近藤家は、たたら製鉄で富を築き上げたかつての大富豪で、明治21年(1888年)、伯耆町に製鉄工場を建設し、新しい蒸気機関を利用して当時の数倍の増産を計画したのですが、その後鉄が大暴落し、大正10年、閉鎖に追い込まれました。当時の赤煉瓦造りの煙突は、閉山後、「養老泉」の造り酒屋に引き取られたとか。現在の近藤家は、近藤林業有限会社の表札がかけられており、主屋に土蔵を配した格式ある商家のたたずまいを見せています。
neu03.jpg

neu04.jpg

赤味の石州瓦で葺かれた屋根、切妻平入り、格子窓、虫籠窓、白または黒漆喰で煙り出しのある家が続く街並み。地元の人たちの努力で美しく修景されています。
neu05.jpg

日野町公館。明治初年に建築された出店近藤で、近藤家のはす向かいに、つっかえ棒で支えられながら立っています。危なっかしいです。
neu06.jpg

根雨宿で唯一の洋風建築、山陰合同銀行根雨支店の建物。昭和初期の建築で、昭和16年、松江銀行と米子銀行が合併し、現在の名前になりました。手前には常夜灯が鎮座しています。
neu07.jpg

水琴窟。高さ約50cm、胴回り約110cmの特殊な水がめ。上部の受け皿に水を注ぐと、しばらくして水がめ内部の水面に水滴が落ちて「キン、キン」と、琴の弦をはじいたような澄んだ音色が出てきます。何ともいえない癒しの響き。。。サウンドスケープもレトロな街並みという舞台があってのものでしょう。いろいろな形や大きさの水がめをそろえれば、いろいろな響きが得られるかも。楽器に出来るかな?なわけないか。 

■鳥取県日野郡日野町根雨■
neu08.jpg

日野川沿いを走る国道181号線沿いにある、出雲街道の宿場町。後醍醐天皇が隠岐に配流の身となり、その後脱出したことは有名だが、根雨はそのときの遷幸・還幸ルートでもあった。鳥取から岡山にかけて、後醍醐天皇にまつわる逸話や史跡が多く残されている。根雨には金持(かもち)神社というユニークな名を持つお宮様があり、ここにも後醍醐天皇を守護するため、挙兵した金持景藤が必勝祈願をしたと伝えられている。その縁起のよい名前に引かれ、あやかりたい人たちが日本全国から参詣に訪れるとか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。