スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トムラウシ遭難 驚きの真実。。。

gak2009091401_01.jpg

「岳人」と「ヤマケイ」の両誌で、トムラウシ遭難事故の詳細をレポートしています。
まず「岳人」を買って、読んでみました。
そして、やっぱりなー的な部分と、本当かい!的な部分が交互に重なり合って、何ともやりきれない気持ちになりました。

驚いたのは、ツアーの形式、そして、ガイドの役割の曖昧さです。

まずツアーの形態については、新聞やニュースではほとんど触れられていなかったので情報がなかったのですが、今回のレポートで初めて詳しいことがわかりました。

「トコロテン方式の押し出し型ツアー」

記者が、このツアーを評した言葉です。どういうことかというと。。。

今回の遭難事故の最大の疑問というか謎は、少し前の記事でも書いたことなのですが、?悪天候なのにどうして無理に出発したのか、?どうしてテントがなかったのか の2点です。

このツアーは15人+ガイド3人の総勢18人で、山中では狭い避難小屋に2泊する日程でした。
実は、同じアミューズトラベルの主催で、ほぼ同規模のツアーが前後して組まれていて、先行組が出発した後、後続組が一日遅れで、同じ避難小屋に泊まる予定になっていたらしいのです。
そして、先行組は、10人用テントやらコンロやら鍋やらといったビバーク道具をほとんどすべて、この後続組のために、避難小屋に置いて、悪天候の中を出発した、ということらしいのです。

一体どういうことでしょうか。

旅行会社にとって、北海道の山岳ツアーはドル箱なのだそうです。
一人15万円×15人のツアーが2セットあれば、それだけで500万円近い売り上げになります。
そして、無人の避難小屋は金もかからない。
客を集めて、15人1組に振り分け、トロコテン方式にトムラウシに送り込めば、それだけで旅行会社の懐にはキャッシュがどんどん入ってくるわけです。

本来、テントを持って山を歩く人たちが、やむをえない場合に使う避難小屋を、ツアー会社が営利目的で使用しているわけです。これは果たして許されることなのでしょうか。そして、一部に出ているように『遭難者が出たのだから、もっと避難小屋を整備すべきだ』ということになれば、さらに、この立派な避難小屋を目当てにしたツアー業者が後を絶たなくなってきますよね。

無理に出発した理由は、多少の悪天候でも出発しなければ、後続組が翌日にはやってきて、40名近い大所帯となってしまい、30名が定員の避難小屋に客を収容できなくなってしまうから。

テントやコンロを置いていったのは、先行組が無事に下山した後に、後続組にこれらの資材を受け渡していたのでは日程的に間に合わなくなってしまうから。先行組の人たちの安全よりも、複数のツアーを同時に管理するための効率を第一に考えてのことだったわけです。

それから、ガイドが3人もいながら、てんでバラバラで、最後には30代の一番若いガイドがへばって、60代70代の客たちに「しっかりしろ」とカツを入れられる始末。記事を読む限り、ガイドたちの行動は、危機管理もへったくれもないどころか、限りなく疑惑に満ちています。生き残った2人のガイドは、体調不良を理由に警察の現場検証にも参加しなかったそうです。この人たち、何か隠しているな、という直感がピーンときます。

悪天候の中を無理して出発するというのに、後続組のためにテントを小屋に置いて出発したガイドたち。自分たちの生命も危うくなるかもしれないリスクに気づいていなかったのでしょうか。
それくらいの予測能力があれば、こんな無茶を強いる旅行会社とやりあっていたはずでしょう。
山のプロであるガイドたちが、こんなド素人もいいところのツアー会社の言いなりになってしまうのが理解できません。

報告している記者もかなりあきれ果てている様子でした。
正直、こんなツアーで亡くなってしまった方たちは、浮かばれないでしょう。
これでは、死にに行ったようなもんです。
明らかに、天災ではなく、人災だと思います。

ヤマケイもこれから読もうと思っています。
詳しいことを知りたい方は、それから、これから山岳ツアーに参加しようと思っている方は、ぜひ読んでおくとよいのではないでしょうか。
このツアーは7月13〜17日の4泊5日の日程でした。

岳人の記事によれば、7月26、27、28、29日と4日続けて、アミューズトラベル社のツアーがヒサゴ沼避難小屋に泊まることになっていたのだそうです。
4つのツアーすべて15人の定員が埋まっていれば、この4つだけで1000万円近い売り上げになります。同社は、北海道方面のツアーだけで、7月だけで、莫大なキャッシュを手にするわけです。

それに引きかえ、このツアーの主だった原価を考えると、
○新千歳空港着発の往復航空券
○登山口から空港までのバス代
○1泊目と4泊目のホテル代
○3人のガイドと1人のガイド補助の賃金
くらいなもんですよね。

考えてみれば、ずいぶん割高だなあと思う。
遠い北海道だから高くて当然とか思ってしまうけれど、これだけ高いカネを支払って、食事は自前、避難小屋泊まりというのは、ツアーの内容としては、どうなのだろう。
どうしたって、『儲け過ぎじゃあないのかな?』と思ってしまいますよね。
その分、最低限、安全にだけは配慮すべきだったのに。

そして、例のビバーク道具の受け渡しの件。
1ツアーに1セットではなく、2ツアーに1セットのビバーク道具。
最終日に出発した後、それは後続のツアーに引き渡される。
10人用テント、コンロ、ガスカートリッジ、鍋など貴重な品々が、次にくるツアー客のために、引き渡されてしまいました。1人15万円も集めておいて、生存を左右する必須の用具も持たずに、悪天候の中、「死の行軍」をさせられたわけです。

そして、7月26-29日の4日間も、同じようなパターンを予定していたのでしょう。
効率第一で、用具もガイドも必要最低限だけ。
次々とトコロテン式に押し出すツアー形態であるからこそ、このマジックが通用する。
そして、ツアーが連続すればするほど、アミューズトラベルの経営者の懐は潤っていく。

こうなると、客は単なる金儲けの道具でしかないようです。

岳人の記事の中で、生還した60代の男性は、「需要があるのだから、ツアー登山はなくならなんよ」とおっしゃっています。

でも、なぜ需要があるのだろう?
それがよくわからない。

そのうちツアー登山に参加してみようかなという気持ちもありましたが、これで失せたかな。
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。