スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路地の奥には出会いがある?

zeitaku01.jpg

どこにでもある下町の路地。
他の人はどうだか知りませんが、わたしは『路地』という空間に無性に惹かれます。たとえば、向島とか人形町。表通りは普通のビル街ですが、一歩路地に入ると、粋な料亭が点在し、まるで別の空間が広がっています。狭いゆえに、何かが凝縮しているような。
なにか見えない力に誘われ、何かが、そこにあるような気がして、ついつい入り込んでしまう。
といっても、得てして何もないことのほうがほとんどなのですが、たまにはこんなこともあったりする(わけないか。。。!)

見知らぬ、路地をうろついていると、奥にモダンな和風デザインの料亭風の店が。路地にはちょっとミスマッチな佇まいです。

zeitaku02.jpg

「本日休業中」なのに、ドアが開いて、「いらっしゃいませ」

zeitaku03.jpg

「あの、今日はお休みでは?」
「あなたがお休みなんです」
落ち着いたインテリアのしつらえ。お客は自分だけ。まさに自分のためだけにしつらえられた空間。そこに待っていたのは、美女と美味しいビール。今風に言えば、究極の「隠れ家」ですね。

zeitaku04.jpg

「ビールは、ふつうと贅沢、どちらになさいますか」
「じゃあ、贅沢を」
「みんなそうおっしゃるんだから。。。オトコの人は欲張りね」

サッポロビール「オフの贅沢」のCMで、今年の10月からオンエアされています。
客の男性は大森南朋さん、若女将は麻生久美子さん。
サッポロビールのウェブサイトには、撮影エピソードなどが書かれています。

大森さんがお店を発見する路地のシーンは月島で撮影したそうです。銀座からわずかの距離のところに、今でも残る昭和の面影。月島はこのシチュエーションにはピッタリかも。
一日一名様限定、彼女と二人きりでお酒を飲める上質の空間と時間。もちろん、現実にはありえないけど、普通のサラリーマンの漠とした願望をとらえた作品だと思います。

【撮影エピソード】
麦のうまみ”から生まれるおいしさによって、糖質オフでも気兼ねなく、贅沢な時間を楽しめる…という、この商品が持つ新しい価値をお伝えするため、「贅沢か、ふつうか」という“新しい選択基準”がテーマとなりました。出演者には共に実力派として評価の高い大森南朋さんと麻生久美子さんを起用。お二人の自然な演技のおかげで“心身ともに癒される上質で幸せな空間と時間”が見事に表現されています。
お店の中はいわゆる「料亭」とは違う、上質で心地のよい空間となるようにこだわり、壁も温かみのある土壁でセットを組んでいます。麻生さんのかわいらしい笑顔や大森さんのはにかんだ表情、お二人のすばらしい掛け合いもあって心身ともに癒される“贅沢な時間”を描くことが出来ました。

このCM、個人的には、素晴らしい出来栄えだと思います。マイCM大賞あげてもいいくらい。
路地という忘れられがちな日本の原風景を、美味しいビールにつなげた着想に乾杯です。

スポンサーサイト

テーマ : 本日のオススメ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。