スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御茶ノ水から神保町をちい散歩

9250029_convert_20100926202228.jpg

明治大学の皆さんには見慣れた光景です。なんせ、学校の真ん前にあるのだから。
バブル華やかなりし1987年、かの磯崎新センセイの設計により姿を現したこの建物、一種のセンセーションでした。新建築など建築雑誌に豪華なカラーグラビアで出ていたのを覚えています。まだ明治大学の建物がボロっちかった頃、この建物のデザインは周囲で際立っていましたね。

9250023_convert_20100926202101.jpg

ウィリアム・メリル・ヴォーリズ設計による旧主婦の友社ビルを取り壊し、主婦の友社が「御茶ノ水スクエア」として再開発したもので、この建物は「A館」にあたります。このA館には、日本初の室内楽専用ホールとして、バッハの伝統を受け継いだ「カザルスホール」が作られました。「カザルス」の名は、20世紀を代表するチェロ奏者の1人であるパブロ・カザルスの名にちなんでいるとか。低層部でヴォーリズの名作の歴史的建築物の意匠を再現し、ラスタータイル張りの高層部との組合せというのは、当時のポストモダンとかいう時代のお決まりのパターンだったような。。。

9250027_convert_20100926202150.jpg

しかし、この建物は、日本大学に買い取られ、日本大学キャンパスの一環として「整備」が進められています。B館、C館はすでに取り壊され、カザルスホールも2010年3月31日限りで使用中止になりました。
今、この建物には「日本大学法科大学院」の看板が掲げられてます。

このカザルスホールには、ドイツ・ユルゲン・アーレントのバロック様式オルガンが設置されていて、「バッハ以来の伝統を、ここまで忠実に残すオルガンは世界的にも珍しい」というほど貴重なホールだそうです。それが、なぜ法科大学院の模擬法廷になるのでしょうか。さっぱり理解できません。声の通りがいいから法廷に向いているのでしょうか??? 2000年に主婦の友社から日本大学に売却されてから、解体されるのではないかという噂がずーっとあるみたいです。

カザルスホールのホームページには、下記のような日本大学のお知らせが出ていました。

日本大学カザルスホールの使用停止について (平成21年2月4日)
 本学は、このたび懸案事項でありましたお茶の水キャンパス再開発計画の策定に着手するに当たり、同キャンパスに所在する日本大学カザルスホールの貸し出しを含む使用を、平成22年3月31日をもちまして停止することといたしました。平成14年に本学が同ホールを教学上の施策として取得以来,学外の皆様にもコンサート専用ホールとしてご利用いただいてまいりました。同ホールへのご愛顧に対し、衷心より感謝申し上げます。また、同ホールの使用停止に伴い、平成22年4月以降のご利用をご検討いただいておりました皆様には、ご迷惑をおかけすることとなりますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


9250032_convert_20100926202302.jpg

参考記事:asahi.com
カザルスホール、来年3月に幕 室内楽の殿堂
http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY200902030389.html

 日本を代表する室内楽の殿堂、東京・お茶の水の日本大学カザルスホールが来年3月で閉館することが分かった。日大キャンパスの再開発計画に伴うもの。風情のある建物や文化財級のパイプオルガンがどうなるのかは未定だが、音楽ホールとしての歴史は事実上幕を閉じることになる。
 同ホールは87年、チェロの巨匠パブロ・カザルスの名を冠し、日本初の本格的な室内楽ホールとして主婦の友社によって建設された。当時は華やかな大ホールが注目を集めたバブル期だったが、511席という親密な空間と優れた音響で、ロストロポービチや内田光子ら内外の一流アーティストにも愛された。
 02年、経営難に陥った主婦の友社が日大に売却。大学の施設として使われる一方、一般向け貸しホールとしても運用されてきた。日大総務部によると、来年4月以降の公演申し込みは断るといい、「建物自体を残すかどうかは未定だが、敷地は大学の施設として使う予定」としている。
 同ホールは、ビオラの祭典「ヴィオラスペース」などユニークな自主公演を相次いで企画し、全国各地のホールのモデルケースとなってきた。アコーディオン奏者の御喜(みき)美江さんは「ホールというより『工房』という印象。ハードとソフトが一体となり、人の血の通った空間で演奏家を育ててきたホールは他にない」と、閉館を残念がる。
 同ホールの顔だったパイプオルガンの行く末を憂う声も少なくない。ドイツの名匠ユルゲン・アーレント作。開館10周年の97年に設置され、マリー・クレール・アランや鈴木雅明ら、世界的なオルガニストに演奏されてきた。
 廣野嗣雄・東京芸大名誉教授は「バッハ以来の伝統を、ここまで忠実に残すオルガンは世界的にも珍しい。移築も不可能ではないが、オルガンはホールと一体の楽器。日本の宝として鳴り響き続けてくれるのを祈りたい」と語っている。(吉田純子)


わたしはホールでの演奏を聴いたことは一度もなかったので、その素晴らしさはまったくもってわからないけれど、建物だけは残してほしいんだなあ。何に使ってもいいから、とりあえず残してくれ、日本大学さん!

9250034_convert_20100926201945.jpg

そんな複雑な思いで駿河台下に下り、すずらん通りの裏に回ると、ありました!
何の変哲もない街並みの中に突如、こんなものすごい建物が姿を現します。
建物というより、造形、アートそのものといった感じですね。
神保町シアターです。

9250042_convert_20100926202425.jpg

なぜこんなデザインでなければならなかったのか、施主がよほど酔狂だったか、はたまた設計者(日本を代表するN設計事務所)の冒険か、よくわからないけれど、見れば見るほど頭の中が混乱する建物です。

9250037_convert_20100926202337.jpg

こちらがエントランスですね。

9250044_convert_20100926202500.jpg

それにしても、ゼネコン(これまた日本を代表するK建設)の担当は大変だったろうなあ。
どんな図面だったのか、どうやって作ったのか、ぜひ話を聞かせてほしいものです。

9250050_convert_20100926202537.jpg

再開発でだいぶつぶされてしまいましたが、神保町の路地には、まだこんな20世紀の名残が。
「ミロンガ」と「ラドリオ」が路地の対面で向き合っています。
どちらも味のあるレトロなお店です。

9250054_convert_20100926202616.jpg

神保町シアターの印象が強烈だっただけに、なんかほっとする感じです。
気に入った古本を買って、こういう店でのんびり過ごすのって、和風の温泉宿で何もせずに過ごすのと同じぜいたくな気分になります。
それにしても、路地って、いいもんですね。

9250057_convert_20100926202712.jpg

9250058_convert_20100926202821.jpg

古書店街の一角に、ひっそりとたたずむ小さい眼鏡屋さんがあります。
古びたショーウィンドをよく見ると、そこにはジョン・レノンのプロマイドが。
ジョン・レノン愛用の眼鏡が展示されています。
神保町の小さい眼鏡屋さんとジョン・レノンにどういうつながりがあるか、興味のある方はお店に入って聞いてみてください。ただし、ご商売の邪魔にならないように。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。