スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご冥福をお祈りいたします

サッカー元日本代表の松田直樹選手が今日、亡くなられました。

松本山雅FCの練習中、ランニング後に「やばい」とつぶやいて倒れ、それっきり意識が戻ることはなかったそうです。

享年34歳。
あまりにも早すぎます。
あまりに突然すぎて、現実を受け入れられないというのが正直なところではないでしょうか。

ご遺族、横浜マリノスや松本山雅のチーム関係者・選手の皆さん、Jリーグで対戦した選手の皆さん、JリーグやJFLのサポーターはじめ、日本代表で応援していた皆さん、本当に信じられないという思いでいっぱいでしょう。

あのガッツあふれる豪快なスライディングタックル、ゴール前での勝負強さがもう見られないと思うと、一サッカーファンとしてとてつもない喪失感、虚脱感に襲われます。
心よりご冥福をお祈りいたします。

合掌




それにしても。

死って、こんなにもあっけないものなのか。。。
こんなのって、ありか。。。
せめて、家族やチームメイトに残す言葉くらい、伝えさせてあげてもよかったんじゃないか。。。
あまりにも残酷ではないか。。。

高校の時、野球部で熱血監督を務める若手の体育教師が言っていた。
「オレは学生の頃、海の家で監視のバイトをしていた。
ついさっきまで元気にはしゃいでいた海水浴客が、ちょっと姿が見えなくなったと思ったら、海の中に沈んでいて、すぐに浜に引き揚げたけど溺れ死んでいた。
そんなことが何度かあった。
いいか、人間なんて本当にあっけなく死んでしまうものなんだ。よく覚えておけ」


その時は、ふーんとしか思わなかった。
多少の年月を経てきた今は、それが痛いほどよくわかる。
山でも、ついさっきまで元気に稜線を歩いていた登山者が、浮石を踏み外した次の瞬間、何百メートルも下の奈落の底に一気に転落し、動かなくなってしまう。
自分自身、あやうく、落ちかけたことが何度かある。

でも、海にしろ山にしろ、「危ない」ということを意識して防御ができる。
何でもない時に急にやって来たら、防御のしようもない。

松田さん自身が一番、こんなことってあるかよと思っているに違いない。


人の「魂」は、どこに行くのだろう。
そんなことをふと、考える。

今も、何かを伝えたいと思っているに違いない。
何時間かかっても伝えきれない、いろいろなことを、ひたすら、伝えようとしているに違いない。
声で発することはもうできないけど、空の上から、目に見えない形で。
聞こえる人には聞こえる、のだろうと思う。そう信じたい。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。