スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れた核と暮らす日々

3.11以後,これだけ原子力の闇が明らかにされて,一部の原発ムラの連中を除けば,日本国民の大多数の皆さんは原子力発電に反対だろう(なはず),と何となく思っていました。

しかし,それが
意外にそうでもなさそうなんですね。
そんなことを感じたことは,ありませんか?

原発業界と何の関係もなく,特に原発業界から具体的な恩恵を受けているわけでもない,自分の身の回りの「ごく普通の人」が何気に原発に賛成だったりします。面と向かって議論するわけじゃないけど,ちょっとした会話の切れ端から,そういうものが見えてくると,親しい人でもぞっとしたものを感じることがある。
なぜ賛成なわけ? と面と向かって聞けるわけでもないし,聞かれたほうも特に具体的な理由を挙げることはできないでしょう,たぶん。

京都大学の小出先生が,3.11後の初期の頃,「これほどの事態になっているのに,原発反対に向けた行動を起こさない日本人には,本当にがっかりした」とおっしゃってました。

ちなみに、全国民にアンケートをとってみたら,どんな結果になるだろう。

何となく,だけど,
賛成半分反対半分
な気がします。
55年体制当時のように,全国民が「右」と「左」に分かれて対立しているみたいな。
イデオロギー、みたいなもんなんでしょうか。

ただ,当時も「右」の人が本心から「右」を支持していたわけじゃないでしょう。
自分の生活や立場から,何となく支持していた人も多かったのではないかと思います。

それと同じで,原発に賛成する人だって,別に,前向きに賛成しているわけではないのだろうと思います。
じゃあ,なぜ原発に賛成なのでしょうか?

原発に反対する理由(?)は、今更あげる必要ない自明のことだろうし(特に小さい子供さんを抱える方々),それに敢えて背を向けて賛成に回るほうが「より強い動機」を必要とするだろうと思うので,ディベートするような気分で,いっちょ「原発に賛成する理由」というのを敢えて考えてみたいと思うのです。

・原子力がなければ経済成長が損なわれる
・エネルギーの安定供給には原子力が必要
・地球温暖化に歯止めをかける

といった「正攻法?」的なもの,

・原子力からの撤退は国際政治における核のパワーゲームにおいて自殺を意味するものであり,特に●国という超軍事大国を隣に控えるわが国にとって,軍事にも転用可能な核を日本各地に配置しておくことは,国土防衛上,また国際戦略上,欠くべからざるものである
・原発を輸出することで相手国(たとえばベトナム)との経済・政治関係を強化できる

といった「外交的?」ものもあるでしょう。

一方で,

・電気を気兼ねなく使える生活がしたい
・オール電化住宅を建ててしまったから
・節電するのが面倒くさい
・電気料金が上がらないでほしい
・計画停電とかで電車の間引きとか便利な生活に影響が出るのがいやだ

といった「生活が第一?」的なものもあるかもしれません。

あるいは,

・あれこれ考えるのが面倒くさい
・長いものに巻かれているほうが楽でいい

といった「思考停止型?」もあるのかないのか。。。

他にも理由があるのかもしれないけど,私の貧弱な頭には思い浮かばないです。賛成の方がいたら,教えてください。


民主主義の世の中ですから,賛成しようが反対しようが自由なわけです。
賛成したい人は賛成すればいいし,反対したい人は反対すればいい.
それで,何が言いたいかというと,じゃあ,賛成する人の理由と,反対する人の理由を比べてみて,何か気づくことはないか?ということです。

何となく,ですけど,反対する人は「倫理的」な動機が強いのに対して,賛成する人は「実利的」な動機が強いように思います。さっき言った,「反対するより賛成するほうが,より強い動機を必要とする」ように思われる動機が,これほど実利的なものなのか? 少なくとも,原発反対に見られる倫理的な要素は,賛成派の動機の中には見られない,ように思います。違っていたら,ゴメンナサイ,ですが。


はたまた,アンケートしてみた結果,「賛成反対のどちらでもない」が過半数を超えてしまうかもしれません。
これはこれで,また日本人的というのか,事なかれ主義というのか,わからないけど。

賛成反対どちらかにしろ,と言われれば,少なくとも私自身としては,原発に反対するよりは賛成するほうが,ストレスがかかると思います(もちろん逆の人もおられると思いますが)。

原発に賛成するには何が必要か。

●想像力の封印(もし原発が爆発したら,とか,「ありもしないこと」は考えない)
●刹那主義(先のことはなるだけ考えない)
●市場原理の崇拝(物事は倫理ではなく市場の原理で決まる)
●社会的コストの容認(大多数の幸福のためにごく一部が不幸を甘受しなければならないのは仕方がない)

少なくともこの4つがないと,原発賛成に回ることは出来ないような気がします。

最近,池澤夏樹さんの「核と暮らす日々」を再読しました。
起きないと信じたいがいずれ起きるに違いない「カタストロフィ」が,こともあろうに日本で起きてしまった。
ありえない現実としてのカタストロフィと日常的に共存している,わがニッポン。

池澤さんには,続編として,「壊れた核と暮らす日々」を書いていただきたいんだけどなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。