スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海炭市叙景

top_main_convert_20120408101941.jpg

何かと忙しくてばたばたしてて、気が付けば3か月ぶりの更新になってしまった。
さて、この週末、久しぶりにツタヤに行き、最新作の棚を見ていたら、ふと目が留まった。

『海炭市叙景』

函館を舞台にした映画らしい。
聞いたとことのない、初めて見るタイトルだけど,何かピーンと来るものがあった。
函館には3回くらい、行ったことがある。
最初は学生時代、夜行の急行で青森まで来て、青函連絡船に乗った。
船の甲板から函館の市街が近づいてきて、一歩を下したときは、こみ上げるみたいな特別な感慨があった。
飛行機では絶対に味わえない感覚だと思う。
その日は一日、市内を歩いて回った。雪に包まれた古くて重厚な雰囲気の街並みが広がっていた。

函館というとどうしても観光地のイメージがあるが、実際に訪れてみると、北海道の玄関口としての歴史の深さを強く感じる。
札幌や旭川、帯広など他の都市のように、碁盤目状に整然と整備されているわけではなく、どちらかというと内地の延長でありながら、かつ津軽海峡という荒々しい海で隔てられている、複雑なアイデンティティみたいなものを感じたのであった。

この映画は、学生当時に見た小栗監督の「伽耶子のために」で映画デビューした南果歩が出ているのも気になった。

さて、映画はというと、バックミュージックもなく、ひたすらモノトーンの映像が淡々とつづられていく。
「観光地」函館を象徴するシーンは、夜景くらいで、ほとんど登場しない。登場する人物は皆、「観光地」函館とは無縁の人たちばかり。

図らずも、「伽耶子のために」と似た雰囲気の映画だった。

よくわからない映画だったけど、不思議と印象に残った。
翌朝になったら、いろいろなシーンがよみがえってきた。

造船所をリストラされた労働者と幼なじみの若妻。
立ち退きを拒み続ける老婆と孫の市役所職員。
プラネタリウムの管理人と、歓楽街で働く女房、そしてニヒルな息子。
浄水器の販売に手を出し失敗するガス会社の二代目社長。
夜のスナックで毎晩、酔っ払いと対峙し続ける夜の女たち
そして、谷地頭と湯の川温泉をつなぐ市電の運転手。

函館を訪れる観光客の多くは、五稜郭を見て、夜景を見て、朝市を見物して、赤レンガ倉庫で食事をして、土産物を買って帰っていく。でも、彼らが味わうエキゾティズムは、観光地「函館」の「作られた表面」でしかない。

昭和の映像を見ているような気がした。
今は平成、しかも今年でもう24年なのに。
別に昭和と平成で何が変わったわけでもない、のは確か。
年号に関係なく、時間は流れていくのだから。
そんなことはわかっちゃいるけれど、それでもなお、私たちは「昭和」に対する強い郷愁を抱き続けているのではないだろうか。
昭和は決して終わった時代ではなく、今でも人々の心に生き続けている。
「三丁目の夕日」のような映画が今でも人気を博すのも、その現れなのかもしれない。

それと、人々の心の中に宿る「場所性」のようなもの。

造船所をリストラされ、家で悶々としていた青年労働者は、大晦日の夜、家を抜け出し、子供のころに遊んでいた海辺で筏のおもちゃをいじっていた。
幼なじみの奥さんは、夫がいないのに気づき、海辺に向かう。夕闇の中、夫を見つけ、「やっぱりここにいたんだ」と言い、家に帰って年越しそばを食べようと促す。

立ち退きを拒み続ける老婆は、孫の市役所職員が来るたび、「オレはおまえが生まれる前からここに住んでいるんだ。もうじき死ぬから、死ぬのを待っていろ」と言って孫を困らせる。
ある日、可愛がっていた猫が消えてしまい、いつまでもその名を呼び続ける老婆。

畑違いの浄水器の販売をはじめ、まったくうまくいかず、奥さんに当たり散らす小さなプロパンガス会社の二代目社長。
彼なりに会社を伸ばそうとしているのに、父親からは叱責を受け、社内で孤立してしまう。

東京に出た人間にすれば、故郷はいつでも自分を受け入れてくれる母親のようなものとして心の中に生き続けているのかもしれない。
でも、「故郷」で暮らし続ける人間にとっては、そんなセンチメンタルなものじゃない。

けど、何があろうと、どんな目にあおうと、ここに住んで暮らしていくしかない。
離れることはできないのだ。。。
人と土地との、切っても切れない「業」のようなものを感じさせられた。
故郷とは、そういうものなのかもしれない。

エンディングのシーンでは、登場人物が市電の中で揺られている。
ガス屋の社長、プラネタリウムの管理人、造船労働者。。。
それぞれ、先の見えない人生を泳ぎ続ける彼らが、ひとつの市電という空間の中で共存している。
そう、あの市電こそ、故郷という器そのものなんだ。

そういう意味からすれば、人々の故郷を奪った原発事故がいかに大きいものであったか。
故郷を奪うということは、金銭賠償して移転すればいいんだろうという話とは次元が違うのである。
大震災をきっかけに、多くの人たちが、故郷に思いを巡らせたに違いない。
この映画は、そういう点でも貴重な何かを提示しているように思う。

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。