スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政局は、もういい

まだ仕事中だけど、疲れたので、気分転換にブログの更新でもしよう。


多くの人々はこう思っているに違いない。
「小沢さんはもう引っ込んでほしい」

「マニフェストに謳った公約に違反する消費税増税は、国民との約束を裏切ることである」

小沢派の連中(人たち、なんて丁寧な言葉を使う必要は最早なかろう)は、バカの一つ覚えみたいに、消費増税=マニフェスト違反=国民への裏切り=絶対反対、とばかり言っている。
ある意味、小学生でもわかる理屈である。
こんな稚拙な、幼稚な理屈で国民が納得すると思っているのだろうか。

考えてみよう。
マニフェスト選挙なんて、実質、2009年の民主党圧勝の時から始まったようなものだ。
マニフェストに掲げた公約をそのまま実現した政権が過去にあるのなら別だが、マニフェスト政治は、成熟も何も、まだ始まったばかりなんである。
自民党だって、今までマニフェストを掲げて政権を運営したことがないわけだから、民主党のことをあれこれ言える資格はないわけで。
よって、これからの選挙を通して、政治家も国民も、マニフェスト政治を熟成させていこう、というのが本来だと思う。
しかも、今は参議院で与党が過半数割れという、ねじれ状態なのだ。
マニフェストをそのまま実現しろ、などと要求するほうが馬鹿げている。
なのに、ことさらに「マニフェスト違反」を口にするのは、結局、小沢派には、自らが依って立つ「論拠」がそれしかないためである。

マニフェストに掲げた公約は、なにも財政再建だけではない。
そんなにマニフェストにこだわるのなら、消費税はマニフェストに反して増税するのはやむなしとして譲歩しつつ、その他の公約を最大限実現できるよう、精一杯努力するのが政権与党の義務である。
それをせず、消費増税だけにこだわっているのは、結局、消費税を政局にしているだけのことだ。
結局、政局を作っては、日本という国を弄んでいるだけではないか。
とても、政権与党という責任ある立場にいる人間の行動とは思えない。

日本の国債発行残高がいったいいくらあると思っているのか。
少しでも返済していかなきゃ、ギリシャみたいになるのは目に見えている。
もしも国債が暴落して金利が上がれば、日本経済は実質、終わりである。

野田さんが野党時代に街頭演説でシロアリ退治を言ってたのは確かだけど、政権与党になったんだし、シロアリを退治すれば消費税増税は不要なんて、そんな話はないでしょう。

そもそも、GDPに占める公務員給与の総額は、日本はむしろ少ないほうである。
公務員の給料が高いのは確かにいまいましい限りだけど、それを民間並みに削ったところで増税不要なんてことにはならない。
ギリシャなんて、日本とは比べものにならないし。
埋蔵金だって、方々からかき集めたって、期待していたほど埋まっているわけではない。
野党時代はともかく、政権をとって初めて、国の本当の懐事情が見えてきた。
だからこそ、消費税増税に踏み切る方向に舵を切ったわけだし。
確かにマニフェスト違反かもしれないが、国の将来を考えたら、苦渋の決断をするしかなかった。

消費税増税で国民の生活が困窮することくらい、政治家だってわかっている。
誰だってみんな、増税しなくていいならしないほうがいいにきまってる。
だけど、今やらなければ、また先延ばしになる。
その間、増税しなかったからといってGDPが順調に伸びるわけじゃない。
むしろ、ますます税収は減るだろう。

決めるべき時に決めなければ、事態を悪化させるだけである。
目先の選挙を意識した人気取り政策をやってる場合じゃない。
こんな大事な時に、首相が政治生命を賭けた苦渋の決断の結果である消費税増税を、こともあろうに政局に利用しようなんて、とても同じ政党の人間のやる事とは思えない。
野田さんははらわたが煮えくりかえっていることだろう。

小沢さんが言っている「国民の暮らしが第一」なんて、嘘八百である。
国民を欺くための目くらましに利用しているだけだ。
空中分解寸前の民主党が何とか政権を維持できているのは、野田さんをはじめ、執行部の努力の賜物である。
この一年を振り返れば、野田さんがいかにまっとうな政治家であるか、わかるだろう。
すぐ感情的になってぶち切れる前任者、相手次第で言うことがころころ変わる前前任者と比べれば、一目瞭然である。

今まで新党を作っては壊すたびに政党交付金を蓄えてきた小沢氏。
今度は、民主党の金庫から、いったいいくら持ち出すつもりなのか。

野田さんは、輿石さんの反対を振り切ってでも、造反議員を除名処分した上で、やはり解散・総選挙を断行するべきではないかと思う。
既存政党が一番恐れているのは、実は維新の橋本さんであって、小沢さんではない。既存政党対維新の構図を想定して、既存政党は総選挙後に大連立を組む腹積もりとも言われているし。

小沢さんが離党したとして、その新党がどれくらいの規模になるかわからないけど、維新の橋本さんが小沢さんと組むことはまずありえないと思われる。
そうすると、先に民主党を離党した「新党きづな」あたりを取り込もうとしているのかもしれない。
でも、政策に柱が何もなさそうな小沢新党に、数の論理だけで同調するだろうか。
「新党きづな」は、政局頼みではなく、それなりに筋を通した人の集まりだから、小沢さんと組むくらいなら、民主党に復党させる選択肢だってある。

小沢さんは政界のキャスティングボートを握っていると自負しているようだが、それに乗る人は案外少ないと思う。腰巾着と親衛隊みたいな連中しか、ついて行かないだろう。

そうなったら、後は、岩手の小沢さんの選挙区に刺客を向ければいいではないか。
たとえば、一例ではあるが、現在、東京都の副知事をしている猪瀬直樹氏など、知識や経験はもとより、国民的な人気のある候補者を小沢さんの選挙区に立てる。
もちろん、小沢さんが新党を結成したら、の話であるが。
民主党執行部にしてみれば、これだけのことをされたのだから、刺客を立てるくらいの報復は当然だろう。
民主と自民の相乗り候補だっていい。
そうすれば、全国の関心が岩手に向けられる。
大震災の後、放射能を恐れてすごすごと逃げ出し、被災地にもろくに行かなかった小沢氏の人望は、選挙区ではさすがに低下しているに違いない。
震災復興を軸に、理詰めで政策論争を展開すれば、小沢氏は本当に落選する可能性だってあるかもしれない。

もし、もし本当に小沢氏が落選すれば、小沢新党は空中分解に陥るのは決定的だろう。
しかも、刑事被告人の身である。
グループに有力な後継者がいるわけでもない。

議員定数の削減という、「政治家自身が身を削る」ことができないのは、経験の乏しい政治家が数の論理で寄せ集められ、政局に利用されているためである。
そんな議員はいらないよ。
本当に国民のために汗をかく少数の政治家が、優秀な官僚組織を操縦し、国民の意思を見定めつつ、正しい方向に引っ張っていってほしい。
もし小沢新党が空中分解したら、その分、まるまる議員を削減すればいいじゃないか。

政局は、もういい。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。