スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像ラジオ

radio-in-souzou.jpg

あの大震災から早いもので2年半弱が経とうとしている。
人々の記憶は移ろいやすい。
あれほどの衝撃をもって受け止められた大震災の記憶も、自分も含めて、否応なく、次第に脇へと追いやられようとしているのを感じる。
これではいけないと記憶をもう一度呼び覚まそうとする人。時の流れに身を任せるように自然に忘れていく人。
皆いろいろだろう。
じゃ、自分はどうなんだろう。
そんなとき、この本に出会うことになった。

津波で亡くなった方は、どんな思いを抱いてこの世から去って行ったのだろう。
言いたいこと、やり残したことがたくさんあるだろう。
とりわけ。大切な家族を残してきた方は、今すぐにでも、この世に戻ってきたいだろう。
でも、こちら側にいる者たちは、残念ながら、彼らの姿を見ることも、その思いを聞くこともできない。
これほど、お互いにもどかしいことはないだろう。
なんてことだ。
何とかならないのだろうか。

確かに、見ることも聞くことも話すこともできない。
でも、感じることはできるのではないか。
「見る」とか「聞く」とか「話す」は物理的に限定的だけど、「感じる」は無限の広がりを有してはいないだろうか。

だけど、どうすれば、彼らをより感じることができるだろう。
感じるためには、何か、よりどころのようなものがほしい。
もっと言えば、突破口というか、仕掛けのようなもの。


実は私と同い年である、いとうせいこうさんの作品「想像ラジオ」。
津波で流され、木の上に引っかかったままの主人公が、想像上のラジオのDJとして、自らの思いをしゃべり始める。同じように津波に流されて海に沈んだ人、同僚を探してさまよう人から便りが届く。亡くなった方と生き残った方が交錯しつつ、ラジオがさまざまな人たちの思いをつなげていく。

彼らの声を聴きたい、その思いに触れたいと願い、想像ラジオをチューニングすれば、彼らの声が聞こえてくる。
もちろん、誰にでも聞こえてくるわけではない。
実際に電波を流しているわけでもない。FMでもAMでもない(著者はIMだと言っているが)。
でも、然るべき資格を備えた者には、ちゃんと聞こえてくるのである。

震災による死者に思いを馳せる手段として、著者が考え出した想像ラジオ。
着想にはとても共感が持てる。
もちろん、読んでいて違和感を感じる部分もないわけじゃない。
それも、人それぞれ。
各自がこの本を読んで、自分なりの想像ラジオをチューニングし、話を聞こう、はがきを書いて投稿しよう、リクエストしよう、などと思うようになれば、著者の願いは半分達せられたと言えるのかもしれない。

それにしても。

死者が言葉を発することができない以上、言葉で死者を語るというのは、どこかに無理がある。
死者は言葉を超越した、というより、言葉のない世界にいってしまわれたわけだから。
本来は、死者がDJで語りかけるというのは、生きている者の意識の延長で死者をとらえているのだろう。
もちろん、そんなこと、著者は百も承知なわけで。
書いている最中、さまざまな疑問にぶつかって、立ち往生したことも二度三度ではなかったと思う。
ある意味、誰もがしり込みしていたテーマではないか。
勇気をもって挑戦し、まとまった作品に仕上げた著者を尊敬するし、すごいと思う。
あれこれケチをつける評論家など、スルーすればよいだろう。


誰だって、死にたくはないと思う。
立派に死んでいく人なんて、いないだろう。
誰だって、この世に大いなる未練をたらたら残しながら、仕方なく旅立っていく。
まして、大津波で一瞬にして生を奪われてしまった方たちは、何をかいわんやである。
こんなのってありかよ、オレが何したっていうんだよ、冗談じゃねーよってのが本音だろう。
死者の側にも、生者の側にも、言いたいことは山のようにある。
それが、一瞬にしてすべてが閉ざされてしまう。
それが、死というもの。
結局、受け入れるしかない。

読み終わった感想はいろいろあるが、長くなるのでこのへんで。

ひとつ、この想像ラジオの放送は、いつまで続くのだろう。
それが気になった。
リスナーや投稿者がいる限り、続けてほしいと思うのは、私だけではないだろう。
でも、木の上に一人残され、寒さに震えている彼にそれを求めるのは、酷というものだろう。
であれば、彼に代わって、こちら側から想像ラジオを放送するしかない。

リスナーや投稿者がいる限り、想像ラジオは続いていく。
いや、続けなくちゃいけない。
いつまでも。
どんなに時が経とうと、想像ラジオがある限り、記憶が風化することはない。
そうあってほしい。

自戒も含めて、そう思う。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

TYさん、コメントありがとうございます。
時間がたってしまい、ごめんなさい。
「仏向町団地」の記事にレスしておきましたので、ご覧ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。