スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興の狭間で~神戸・新長田まちづくりの教訓



NHKの特別番組「復興の狭間で~神戸・新長田まちづくりの教訓」を見ました。

正直、大ショックでした。
やっぱりな、という感じでした。

1995年の阪神・淡路大震災から10年目の2004年、仕事で神戸を訪れました。
三ノ宮などの繁華街は、震災があったことを一瞬忘れるくらい、復興していました。
でも、一歩裏通りにはいると、そこは表通りには見えない、復興の現状を垣間見せていました。
震災以来、放置されている土地が虫食い状に点在していたし。
中には、地表面に50cm近い段差が横切ったままになっている敷地もありました。
表向きは綺麗な立派なお店でも、横を覘くと実はプレハブの仮設店舗だったり。
複雑な思いでしたね。

市営地下鉄で長田にまで足を延ばすと、驚きました。
長田はかつて、ビニルシューズの一大産地だったはずでした。
その光景が大きく変わっています。
焼き尽くされた土地は整然と区画され、防災公園がきちんと配置されています。
都市不燃化のため、鉄筋コンクリートの集合住宅が次々と建てられています。
すべては都市計画の教科書通りです。
でも、まちづくりの主役であるはずの住民たちの姿が、見えません。
夕方の買い物時だというのに、人々はまばら。
街の活気が全然、感じられません。
まるで、ゴーストタウンのようでした。
一体、どうしてしまったのだろう。

あれから神戸を訪れたことはありません。
気にはなっていたのですが、今は知人もいないし、次第に意識の中で神戸という存在が遠のいていきました。

そんな時に見たのが、この特別番組です。

神戸市は、もともと震災前から、新長田を第二の新都心にするという都市計画案を検討していたという話。
新長田を第二の副都心にする、というのは、果たして住民の意思だったのでしょうか。
そして、震災の翌日には、再開発計画の立案のため、職員が図面をもって、被災地に出かけて行ったという話。
まだ町が燃えていて、人々が途方に暮れて道端に座り込んでいる時に、本当にそんなことをしてたのでしょうか。

さまざまな理由で再開発が遅れていた地域を、いわば震災を奇貨として、ブルドーザーで一気にならしてしまったような印象を受けます。
言葉はよくないけれど、体のいいスラムクリアランスにすぎなかったのではないのですか?
そんな疑念を思わず抱いてしまいかねません。

住民不在の復興計画は、結局こういうことになるのだということですね。
神戸株式会社が住民を置き去りにして暴走したツケは、結局、住民の皆さんが負わなければなりません。
おいしい思いをしたのは、政治家やデベロッパーやゼネコンだけ。
「ぼくたちは立派なハコを責任もって作ってあげるから、それを自由に使って、いい街をつくるのは、君たちの仕事だよ。
こんなに立派なハコを作ってあげたのに、上手に使いこなせないとは、君たちも知恵がないね~」
てなところでしょうか。
そして、こんなことになっても誰も責任を取らない、役所というシステム。

東北はこんな風になってはならないと思います。
日本はもう、土建国家じゃないのです。
肥大化したゼネコンを食わすために巨大なハコモノ事業を続けるのは、いい加減やめなければ。


オリンピックの東京開催が決まりました。
人々が浮かれ気分でいるうちに、住民不在の東京改造計画が秘かに進められることがないよう、切に望みます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。