スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王国凋落の風景

cryingboy.jpg

約1か月に及ぶワールドカップが、ドイツの優勝という形で終わった。
終わってしまうと、寂しいものである。
次回は4年後! いったい自分は何歳になっているのか?

でもって、今回のワールドカップで最も印象に残ったのは、かの王国の凋落であった。
スペインの早々の敗退にも少なからず驚かされたが、王国ブラジルがこれほどまで凋落しているとは。。。
全世界が、そのように思い、驚いているに違いない。

そして、気になるのがブラジル国民である。
彼らは一体どれほど悲嘆に暮れているのだろう。
想像もつかない。
忘れるどころか、時が経つにつれてボディブローのようにじわじわと響いてくる類いの、とても苦々しい思い出としていつまでも残るに違いない。

ドイツに1-7という、サッカーの試合では考えられないスコアでボコボコにされた後、悲嘆にくれるブラジルサポーターの写真がネットに掲載された。
私が印象に残ったのは、眼鏡をかけた、まだ小学生くらいの幼い少年が泣き崩れる写真だった。

彼はどんな気持ちでスタジアムにやってきたのだろう。
プラチナチケットは、父親が奔走し、給料をはたいて手に入れたのだろうか。
ブラジルは広い。遠くの街から泊りがけで、スタジアムにやってきたのかもしれない。
父親は、息子に、偉大なセレソンの生の姿を目に焼きつけてほしいと思っていたかもしれない。
少年も、自国開催のワールドカップが見れるなんて、これが最初で最後かもしれないと、子供心に思っていたかもしれない。

それが、こんなことになるとはね。

escortkids.jpg

そして、三位決定戦の対オランダ戦。
試合開始前のセレモニーで、エスコートキッズたちは、気持ちを込めて、ブラジル国歌を懸命に歌っていた。
自国開催のワールドカップの、しかもセレソンの試合に出れるというのは、子供たちにとっても大きな栄誉であることを、この子供たちはよくわかっていたに違いない。

しかし、ふたを開けてみれば、復帰したばかりの主将チアゴ・シウバが開始3分でPKを与える始末。結局、1点も取れずに0-3で散った。

オスカルや一部の選手を除き、選手たちは本気で戦っていないように感じられた。
かつてのドゥンガのような闘将は不在だった。

セレソンの栄誉は、何物にも代えられないはずである。

純粋な子供たちの夢を裏切った、セレソンの罪は深い。

ブラジルの中で、何かが壊れた。

そんな気がして仕方がない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。