スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神去なあなあ日常」的世界と、広島土砂災害

naanaacover.jpg

三浦しをんさんって、実に変わった作家だと思う。林業なんて、女性にしたらもっとも遠い職業のひとつのはずなのに、その世界にどっぷりと浸かり、林業で働く人たちの姿、日常の暮らし、心情、心の機微を、生き生きと描き出す。単に取材力に秀でているだけでなく、その世界に溶け込んで一員になり切らなければ、こういう小説は書けないのではないだろうか。それに、主人公の男の子は、成人前の19歳の男の子なのだから、どんだけ想像力に恵まれているのだろうか、と思う。

映画「WOOD JOB」の原作にもなった本書は、三重県の山奥の山林を舞台とし、山で暮らし、山の神さんに温かく見守られながら、山に生きる人々の生き生きとした姿を描いていく。

naanaa2.jpg

naanaa3.jpg

ヘッポコながら、多少は山に登る人間として、「山と暮らす」ことは、憧れでもある反面、怖れ多いことでもある。山で暮らそうと思えば、麓で田畑を耕すか、森に入って林業をするしかない。自然の中で暮らすとは、自然に包まれて暮らすこと。自然の摂理の中で、自分を自然に溶け込ませ、自然の一員として、自然を構成する循環やサイクルの一部になり切ることで、初めて生きていけることになるのだろう。

「山に入るもんは、山の神さんに土地を借りとるんやちゅうことを、忘れてはならんねぃな」

決して、自然を相手に戦いを挑んではいけない。決して、自然を軽視してはいけない。自然の教えに従うこと以外、自然の中で生きていくことはできない。

そんな当たり前のことを今更ながら教えてくれる。
しかし、都会人は、そんな当たり前のことを完全に忘れ去ってしまっているのではないだろうか。

話は変わって、広島市で起きた不幸な土砂災害。
いまだ行方不明の方が土砂の下に眠っておられる。
発生から一週間たつが、瓦礫や流木の量はまったく減っていない。まだ不安定な土砂が上部に残っており、少しの雨で再び土石流になる可能性がある。

なんていうことだ。

ニュース番組のヘリの映像や航空写真で見ると、いろいろなことがわかる。
本当に山の際の縁まで、宅地が広がっていることがわかる。
言葉を変えると、宅地が山を「侵食していた」とも言える。
山林と宅地が、1本の線で隣り合っている。
だが、この1本の線は、人間が人間の都合で、自然の言い分を無視して勝手に引いた、地図上の仮想でしかない。
こんな線は、自然界では何の意味も持たない。
ここから先は宅地だからと、土石流が止まってくれるか?
ひとたび発生したら、行き着くところまで行くしかない。
人間の力で止めることはできない。
あとは、逃げるしかない。

生粋の広島人の方たちは、県土の多くがマサ土で崩れやすいことは、常識として知っていたように思う。
関東人の私だって、それくらいは知っていたわけだし。
他県から知らずに移り住んだ方々が、今回犠牲になられたのかもしれない。
だとしたら、とても悲しく残念なことである。

この地形で、これだけ雨が降れば、何かが起きると考えなかったのだろうか。
土石流は、山の津波みたいなもの。
私たちはあまりに自然を軽く見ているのではないだろうか。

最後にもう一度。
「山に入るもんは、山の神さんに土地を借りとるんやちゅうことを、忘れてはならんねぃな」
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。